知る

ある意味不死者。常時テロメラーゼを作り出すことで老化せずに大きくなるロブスター(※ただし永遠の死からは逃れられない)

投稿日:

lobster-2358898_640_e

 ロブスターはある意味不死者だ。

 捕食されることなく、変な病気にならなければ140年生きることも可能なのだ。人間のように老衰で亡くなることはないのである。ただし全ての生物がそうであるように、永遠の死から逃れることはできないようだが.....
 
 食べるとおいしいロブスターだが、ボイルしたものに溶かしバターとニンニクチップとか最高にうまいのだが、彼らは常時、テロメラーゼを作り出す。そのため老化で衰えることもなく、それどころかどんどんと大きくなるというのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ドーナツは食べたい。でもピエロは怖い…ピエロがドーナツを配達する本当に怖いドーナツショップ(アメリカ)

 世界中でピエロ恐怖症になる人を続出させた、1990年公開のホラー映画「IT(イット)」。

 殺人ピエロのペニーワイズが見る者を恐怖のどん底に突き落としたわけだが、そのリメイク版が誕生。

 アメリカなどではすでに公開がスタートしており、再び注目を集めているんだ。…

アメリカの警察官が自らの体にボディカメラを装着するという試み。暴走が減り検挙率が上がるという調査結果。

 最近日本でも自動車事故のトラブルに備え、車載カメラをつける人が増加中だが、アメリカの一部の地域では、警官が取り締まりの際にカメラを装着する試みが始まっている。

 銃の所持が許されているアメリカの場合、警察官が銃犯罪に巻き込まれる場合も多い。ボディカメラ…

選挙の脆弱性を探り出すため。ハッカーたちが投票機へのハッキングに挑戦するデフコン大会(アメリカ)

image credit:twitter Victor Gevers
 7月28日、米ラスベガスのシーザーズパレスで開催された世界最大のハッキングイベント「デフコン(DEFCON)」で、世界中から集結した大勢のハッカーたちが、アメリカで実際に使用されている投票機にハッキングを仕掛けることを許された…

いつの時代も「まだまだ世界は捨てたもんじゃない」心温まる歴史上の8つの出来事。

 連日ニュースを賑わすのは、戦争や犯罪、差別や虐待など心悲しくなるものばかりだ。

 悲惨なニュースは大きく取り上げられるが為に、とても目立つし記憶に鮮明に残るが、その裏では人知れず、大きなものから小さなものまで、心温まる行為が誰かによって繰り返し行われて…

幽霊?お探しします。プロのゴーストハンターが現代的に幽霊を探すための基本ステップ

 そもそも幽霊っているの?って話になるよね。まあそれはそれとしてだ。海外にはゴーストハンターなる職業が存在することは確かだ。怪奇現象、超常現象に悩まされる顧客から依頼を受けて彼らはその調査に乗り出すわけだ。

 その操作方法も近代的となり、精巧な機器を使い…





まつ毛育毛剤通販