文化・知識

サンフランシスコでは年収1200万円でも低所得とみなされる、その理由は…

投稿日:

サンフランシスコの所得00
日本で年収1000万円は給与所得者の4%しかおらず、憧れの希望年収として扱われますが、ところ変われば事情も異なります。

格差が増大する一方のアメリカでは、国民の40%が5万円の貯金すらない(※)と報告されている一方で、なんとサンフランシスコでは年収1200万円でも「低所得」だとみなされています。(※参照

続きを読む

続きを読む

-文化・知識

執筆者:


関連記事

「引っ越し先の家から出てきたもので…最も変なものは何?」現金から思い出の品まで体験談いろいろ

古い家が多い欧米では、購入した物件に以前のオーナーが残した所持品が残っている場合があります。

「引っ越し先の家から出てきたもので、最も変なものは何でしたか?」
この質問に対する、海外掲示板の回答をご紹介します。

「他人の家にいるときに起きた…最も怖かった体験を教えてください」心がざわつくエピソードいろいろ

他人の家は勝手がわからないので、それだけにハプニングが起きても対処しにくいものです。

「他人の家で起こった最も怖いことはどんなことですか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

「誰もが一度は経験しておくべき、人生を変えるほどの体験はありますか?」回答いろいろ

他人がオススメする体験が、必ずしも自分にとってプラスになるとは限りませんが、その中でも万人受けしそうなものがあります。

「誰もが一度は経験しておくべき、人生を変えるほどの体験はありますか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

うっかり他国に持ち込む&持ち出すと没収される品いろいろ

これらの腕時計はスイスに持ち込むと没収・破壊されてしまうもの。

その理由は「偽のスイス製」であるため。個人所有であっても、2008年以降は特許権保護法の新修正条項によって、偽造品は没収されるとのこと。

その他、諸外国の持ち込み・持ち出ししてはいけない品をご…

「コンタクトレンズの製造国を確認したら…右目と左目で違う!」→それにはある理由があった

コンタクトレンズを購入したアメリカ人がパッケージを眺めていたところ、ちょっと不思議な表示になっていたそうです。

右目と左目で製造国が違ったのです。





まつ毛育毛剤通販