科学

民間企業が開発したロケット打ち上げ失敗、発射直後に落下し炎上…ホリエモンロケット!

投稿日:

1: みつを ★
     《    北海道のベンチャー企業が開発した全長10メートルのロケットが30日午前5時30分ごろに、北海道の大樹町から宇宙空間を目指し、打ち上げられましたが、直後に落下して炎上しました。現在、会社が原因を調べています。

     北海道のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が開発した全長10メートルのロケットは、30日午前5時半ごろ、北海道の大樹町にある海岸近くの発射場から太平洋に向かって打ち上げられましたが、直後に落下して炎上しました。      》     

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

44564
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180630/k10011502051000.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530305522/ 
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=stMxJALbSYU
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

まるでマンモス!超巨大な2速歩行ロボット「Prosthesis」…重量3.6トン以上ありながらも時速32キロで歩行

1: しじみ ★
 《 バク宙するロボットが登場したり、全長8.5メートルの超巨大な2速歩行ロボットも開発……さらには新型AIBOが発売されたりと、話題には事欠かないロボット業界。そんななか、米国の電子機器メーカーが、重量3.6トン以上ありながらも時速32キロで歩けるロボ…

中国の「人工太陽」、温度1億度に到達 人類の新たなクリーンエネルギーの開発に成功

1:名無しさん@涙目です。:2018/11/16(金) 10:07:20.96 ID:kADlbQpz0 BE:601381941-PLT(13121)

中国の「人工太陽」 温度1億度での初の運用実現 中国科学院プラズマ研究所が11月13日に発表した情報によると、中国の大型科学装置「人工太陽」が 10メガワ…

日本領海の海底に大量に眠る「燃える氷」メタンハイドレートは新時代のエネルギーとなるか?

1: みつを ★
 《 エネルギーの大半を輸入に頼る日本だが、世界のエネルギー産業の形を変えうる新技術の開発を世界に先駆けて進めている。しかも、この技術で使われる資源は日本の領海の海底に大量に眠っている。  「燃える氷」と呼ばれるメタンハイドレートは、水とメ…

実用化されれば破壊的なインパクトを持つ量子コンピュータ、1年で技術が急速に進展!

1: 野良ハムスター ★
 《 実用化されれば破壊的なインパクトを持つことで注目を集めている量子コンピュータ。この1年で、量子コンピュータの技術が急速に進展した。 もし現在の技術トレンドが順調に続くならば実用的な量子コンピュータは2035年頃に登場すると期待できる…

傷口を縫い合わせるのはもう古い、手早く装着できる次世代の絆創膏「microMend」!

1: しじみ ★
 《 手術後などのタイミングで傷口をふさぐ際には、縫合や医療用ステープラーといった手法が使われますが、同じような作用ながら絆創膏のように簡単につけられ、メリットも多い革新的な器具が開発されました。microMendと呼ばれるこの器具は、 すでに臨床研…





まつ毛育毛剤通販