スマホ

Androidにメモリ関連の脆弱性「RAMpage」、パスワードなど重要情報が流出の恐れ

投稿日:

Androidを搭載したスマートフォンやタブレットに、悪質なアプリを使ってデバイスに不正アクセスできてしまう脆弱性「RAMpage」が見つかったとして、国際研究チームが論文を発表した。

悪用されれば、端末に保存されたパスワードなどのセンシティブな情報が流出する恐れがあると警告している。

研究チームは今回の脆弱性を「RAMpage」(CVE-2018-9442)と命名し、概略を解説したWebサイトを開設した。それによると、RAMpageは2012年以降に出荷された全てのAndroid端末が影響を受ける。一方、Apple製品やPCに対しては、この攻撃は通用しない。

アプリは通常、他のアプリのデータを読み込むことはできない。しかしRAMpageの脆弱性を突く悪質なプログラムを利用すれば、管理者権限を取得して、端末に保存された情報を入手できてしまう恐れがあるという。パスワード管理ツールやブラウザに保存されたパスワードのほか、ユーザーの写真やメール、仕事関連の重大な文書なども盗まれる恐れがあるとしている。

攻撃を受けたとしても、ログファイルに痕跡は残らず、ユーザーは気付かない可能性が大きい。研究チームは、自分の端末にこの脆弱性が存在するかどうかをユーザーがチェックできるアプリを開発し、ソースコードも公開した。影響を受けるデバイスの数など、詳細の把握に利用する意向だ。
続きはソース元で
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1806/29/news078.html

https://rampageattack.com


続きを読む

続きを読む

-スマホ

執筆者:


関連記事

米スマホ市場、iPhoneとGalaxyがシェア同率で横並びに

Kantar Wordpanelの新しいデータによると、アメリカのスマートフォン市場におけるiOSとSamsungのシェアは、6-8月三ヶ月のiOSの成長によって今や横並びになったという。
同社の分析によると、iOSは前年比で3.7%伸び、35%のマーケットシェアを達成したが、Samsungの成長はわず…

「1円スマホ」駆け込み販売、 4月以降のセット割引禁止前に

4月以降のセット割引禁止前に家電量販店を中心にスマートフォンの大幅な値引き販売が復活しているという。
4月以降に通信と端末の「セット割引」が法律で禁止される見込みとなり、端末価格が上がる前の駆け込み販売だ。政府は過剰な端末値引きをなくして通信料金を引き下げ…

今秋に発売される液晶モデルのiPhoneはLG製の新技術液晶パネルを搭載か

2018年秋に発売される、6.1インチ液晶モデルのiPhoneにはLG製のディスプレイが搭載される可能性があるという。
2018年秋に発売されるiPhoneは、有機EL(OLED)2モデルと液晶1モデルになると予測されています。 このうち、低価格帯を担うと考えられる液晶モデルに、LG Displ…

Apple下請け、iPhone Xの組み立てで高校生に長時間労働

米アップルの新型スマートフォン「iPhone X(テン)」の生産遅れを取り戻そうとするアジアの主力受託先が、組み立て工場で働く高校生に違法な時間外労働をさせていたことが判明した。
6人の高校生がフィナンシャル・タイムズ(FT)に対し、中国の河南省鄭州市に…

Huawei、ベンチマークテストのときだけ性能を爆上げする裏モードを使っていることが判明

Huaweiが、ベンチマークアプリを検出すると一般モードとは別の「裏モード」を起動してスコアを爆増させていたことが、AnandTechの指摘でわかった。
AnandTechのアンドリュー・フルムアヌ氏とイアン・クトレス氏は、Huaweiのハイエンドスマートフォン「Honor Play」でベンチ…





まつ毛育毛剤通販