科学

米粒よりも小さい世界最小のコンピュータが製造される…幅はわずか0.3ミリ!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 米ミシガン大学の学者たちが、米粒よりも小さいコンピュータを製造した。同コンピュータの幅はわずか0.3ミリ。これまで世界最小とされていたIBMが製造したコンピュータの大きさは1ミリ。

 新コンピュータは今のところ電源が切れた際にプログラムやデータを保存することができないが、開発者たちはこの問題は解決されるとの確信を示している。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

cad6929e-s 
https://sptnkne.ws/hTm4
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530105567/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

日立の人型ロボット「EMIEW3」が外国人観光客相手に観光案内…間の言葉を理解して対話!

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [JP]
 《 日立製作所は11日、横浜ランドマークタワー(横浜市西区)で導入された人型ロボット「エミュー3」を同施設内で披露した。観光客に向けて、展望フロアから見える景色を紹介したり、チケットの買い方を案内したりする。  》 ここま…

海中で酸素のない「デッドゾーン」が1950年と比べて4倍に広がって生態系に影響を与えていると科学者が警告!

1: 泥ン ★
 《 海水の中に含まれる酸素が少なくなることで生き物が住めなくなる「デッドゾーン」が全世界的に増えており、今後の地球の生態系に大きな影を落とす可能性があることが研究によって明らかになっています。  この研究を行ったのはアメリカのスミソニアン環境…

ロボットが人を見て学ぶ日は近い?動画を1度見るだけで作業を再現する学習法!

1: プティフランスパン ★
 《 行う作業を1度見ただけで覚えちゃう…そんな学習方法をロボットにも可能にする手法が研究された。どんな動作でも可能なわけではないが、「MAML」と言う名の手法を用いるとロボットに1度動画を見せるだけで、動画とは少々違う環境でも再現で…

減速比100:1でも逆駆動可能なギヤ開発、動力伝達効率が飛躍的に向上…横浜国立大学などが開発!

1: 次郎丸 ★
 《 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と横浜国立大学は、減速機の構成要素を最適化することで動力伝達効率を飛躍的に高め、従来不可能であった100:1を超える高い減速比の減速機でも、逆駆動が可能となるギヤを世界で初めて開発した。  近年…

二酸化炭素を鉱石に吸着させるテクノロジーを研究者らが発表!

1: ガーディス ★
 《 もしも、大気中のCO2(二酸化炭素)を無限に吸着できるテクノロジーが開発されたならば、温室効果ガスの排出量を削減し、気候変動を防止できるだろう。  (略) 今回の研究結果はボストンで開催された「ゴルトシュミット・カンファレンス」でカ…





まつ毛育毛剤通販