社会

海外「日本が叩かれる理由が分からない」 日本代表の消極的な戦いぶりに海外から様々な声

投稿日:

サッカーワールドカップ・ロシア大会のグループH第3節で、
日本はポーランドに0-1で敗れたものの、
フェアプレーポイントの差でセネガルを上回り、
2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めました。

しかし、警告数の差で2位通過の可能性が出た時点から攻撃に出ることはせず、
陣地でボールを回し続ける日本代表の試合運びにスタジアムではブーイングが起き、
試合後も国内外から賛否両論様々な声があがっています。

決勝トーナメント進出を決めた日本代表の戦い方を外国人をどう見たのか。
FIFA公式フェイスブックページや海外大手スポーツサイトには、
世界中から多くの反応が寄せられていましたので、その一部をご覧ください。

123580.jpg

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

海外「中韓は日本に嫉妬してるだけ!」 桜の起源を主張する中国と韓国に海外から様々な声

3月15日の高知を皮切りに、日本各地で桜の開花が進んでいますが、今年は平年に比べて1週間ほど早く開花した地域が多いそうです。名古屋、京都、大阪など6地点で観測史上最も早く満開となり、東京でも過去3番目の早さで桜が満開になりました。北日本の開花は、平年並かやや早いと見られています。近年は桜のシーズンに合わせて日本を訪問する外国人も増加していますが、同時期に増え始めたのが、桜の起源を主張する韓国や中国からの

新元号に使ってほしい漢字、1位は「安」 平成生まれにアンケート調査

1: (^ェ^) ★ 2019/01/02(水) 14:02:55.90 ID:CAP_USER9
https://anonymous-post.mobi/archives/2407 天皇陛下の代替わりに伴い、5月に新たな元号の使用が始まる。大きな時代の節目を迎える2019年のスタートに合わせ、上毛新聞は平成生まれの群馬県民1…

フジMrサンデー「被害男性が立ち向かって容疑者を刺激し最悪の結果に」新幹線殺傷事件で警察の2つの見方を報じたところ批判される

続きを読む

人手不足とかいう地獄「おなかの中で亡くなった胎児を処置せず出勤」

読売新聞より

「夜遊び天国」消滅へ!? タイのウエイトレス「不適切な服装でアルコール飲料の宣伝」をし、逮捕 

「夜遊び天国」消滅へ!? タイのウエイトレス「不適切な服装でアルコール飲料の宣伝」をし、逮捕 の画像1
今回逮捕された3人のうち2人。

 日本人だけではなく、世界各地からの旅行客にも人気の国・タイ。“ほほえみの国”として知られ、何事にもおおらかな気質の人たちが多いことも、その人気の理由であるが、最近のタイは意外に厳格な社会になっているようだ。

 先月末、タイの首都バンコクから北に約100km行ったサラブリ県のバーに勤めるウエイトレス3人が警察に逮捕された。その理由は「不適切な服装で、アルコール飲料の宣伝をした」という、なんとも信じられないようなものだった。イギリスのタブロイド紙「デイリー・メール」(8月2日付)が伝えた。

 問題の動画を見てみると、白黒のメイド服風のセクシーなコスチュームを着た彼女たちは、店内からネット上でライブ中継を行っていたようだ。胸元からこぼれんばかりの巨乳を露出して、カメラに向かって「サワッディー・カー」(こんにちは)と言いながら、笑顔を振りまいている。

 記事によると、「7月23日の夜9時まで、タイのビール『レオ』を“1本買えば1本無料”のサービスをするから来てね~」というものだったという。はたから見たらなんということのない動画だが、それを見た警察が現場に赴き、彼女たち3人を逮捕、警察署へ連行したというのだ。

 夜の繁華街に行けば、ビキニ姿や半裸の女性が踊っていて、“お持ち帰り”もできるゴーゴーバーがあるタイ。たかがセクシーなメイド服でバーの宣伝をしたくらいのことで逮捕されるとは、いったい何が悪かったのか?

 実はタイでは、アルコールに関する規制が10年ほど前から強まっており、2008年には「アルコール規制法」が施行され、アルコール飲料の広告や宣伝に対して、厳しい規制がかけられているのだ。違反者には禁錮1年以下、または最高50万バーツ(約166万円)の罰金が科されることになっている。さらに同法では、販売促進のための割引も禁止している。今回の3人の女性たちの行為は、その両方に抵触しているというわけだ。 

 この規制に関して、タイ事情に詳しい現地在住の日本人経営者はこう語る。

「施行された当初はどうなることかと思われていましたが、実際のところは、ほとんど規制は行われず、以前と変わりありませんでした。ところが、14年にタイの軍部がクーデターにより政権を握って以来、さまざまな規制が強化されていきました。翌15年には、日本料理店のメニューにビールが入ったジョッキの写真が入っていたことから、法律違反だとして店が軍事政権側に訴えられ、裁判所から46万バーツ(約153万円)もの罰金支払いを命じられたことも。これにより、飲食店業界に大きな衝撃が走りました」

 軍事政権下で広がる、歓楽街での取り締まり強化。これまでアジアの夜遊び天国として名をはせてきたタイも、変わってしまうのだろうか……。





まつ毛育毛剤通販