アート・デザイン

ルネサンス期の絵画『大使たち』は見方を変えると…ギョッとするものが現れる

投稿日:

ハンス・ホルバインの絵画00
こちらはルネサンス期のドイツの画家ハンス・ホルバインが1533年に描いた作品『大使たち』。

2人の大使が並び立つこの作品には、あるトリック技法の代表例として知られています。

いったい何が隠されているのかわかるでしょうか。

続きを読む

続きを読む

-アート・デザイン

執筆者:


関連記事

絵画教室でコンセントを使おうとした女性「ダマされた!?」驚いた理由

絵画教室で、壁の差込口にコンセントを差そうとする女性。

ところがこの直後、彼女は驚くことになります。

積み木みたいなシンガポールの集合住宅…価格はいくら?

変わったデザインの建物が多いシンガポールでも、とりわけ奇抜と言われるのが、ザ・インターレース“The Interlace”と呼ばれる集合住宅。

積み木を積み上げたようなデザインが、海外サイトで注目を集めていました。

巨大なドラゴンが街中に出現…フランスのカレー

街中に突如として出現したのは…ど、ドラゴン!?
フランスのカレーに出現した、巨大なドラゴンを御覧ください。

「キッチンの食器用スポンジが…ベッドになっていた!」かわいいと評判を呼ぶ

海外の夫が、自宅のキッチンのシンクにふと目を向けると……。

なんと食器を洗うスポンジがベッドになっていたそうです。

どういうことなのか、写真をご覧ください。

30年間誰ひとり中身を見たことのない「ゴースト・クロック」…布の下は大きな古時計ではなかった!

こちらはアメリカ・ワシントンDCのスミソニアン美術館に展示されている「ゴースト・クロック」─ウェンデル・キャッスル作。

1985年に製作されてから30年間、誰も布の下を見たことがないのだとか。

訪れた海外の人物が、「きっと布の下には『おじいさんの古時計』みたい…





まつ毛育毛剤通販