海外ニュース

タイで洞窟に13人が閉じ込められてる事件怖すぎワロタwwwwwwwwwwwww

投稿日:

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/29(金) 09:38:43.613 ID:F04tbwlf0
こわひ
no title
続きを読む

続きを読む

-海外ニュース

執筆者:


関連記事

アイドルやモデルも毒牙に!? 「セックスで運気注入!」していた香港の“エロ黒魔術師”を逮捕

<p> 香港の空港で今月10日、凌という27歳の男が逮捕された。その容疑は、30歳の女性を騙して金銭を受け取り、性行為に及んだというものだった。</p>

<p> カンボジアで黒魔術を会得したと自称する凌は、香港の下町・旺角(モンコック)のオフィスビル内に小さな寺院を開設。恋愛黒魔術により異性を射止めたり、愛情運を高めるとして、中国、香港、マカオのみならず、東南アジア各国で魔術師として活動していたという。</p>

この1週間でテキサス州、インド、アフリカで深刻な洪水が起きていた

8月25日に超大型のハリケーン・ハービーがアメリカ・テキサス州に上陸し、ヒューストン市の幅広い地域が水没したニュースは、日本でも大きく報道されています。

なんと水害があったのはヒューストンだけでなく、この1週間で、ムンバイ(インド)やニジェール(アフリカ)で…

エジプト「ナイル川には寄生虫がいるから飲まないで、私はエビアンを飲んでるわ」で有罪6ヶ月

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/03/01(木) 06:59:15.26 ID:PhTyUD9S0● BE:842343564-2BP(2000)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000140-jij-m_est 【カイロAFP=時事】エジプトの裁判所は27日、ナイル川の水には寄生虫がいるから飲まない…

6歳で12億円を稼いだ男の子、7歳になった2018年は年収25億円で世界一稼ぐYoutuberに

2018年に世界で最も稼いだYouTuberは、小学一年生のライアン君(7歳)であると米経済誌のForbesが発表しています。

6歳だった去年の時点で、年収1100万ドル(約12億円)を稼ぎ、世界8位のYouTuberとして注目を集めました。

そして7歳になった2018年の年収は2200万ドル(約…

安楽死を願う親も……巨大腫瘍に苦しむ中国の子どもたち「頼みの綱は募金」

安楽死を願う親も……巨大腫瘍に苦しむ中国の子どもたち「頼みの綱は募金」の画像1
左目に網膜芽細胞腫を患った今回の男児(東網)

 環境汚染や環境ホルモンの影響か、中国では体の一部に巨大腫瘍を発症する患者が増えている。

 小さな子どもたちも例外ではない。「鄭州晩報」(8月5日付)は、左目に網膜芽細胞腫を患うも治療が受けられず、苦しみながら暮らす5歳の男児について報じている。河南省平頂山市魯山県に住むこの男児は、巨大化した左目の腫瘍がすでに顔半分を覆い尽くし、視力も失ってしまっている。男児の母親は同紙の取材に対し、「本当はこの子に手術を受けさせてあげたいのに費用が足りず、投薬治療がやっとです。薬を買うためにこれまで20万元(約320万円)借金し、自宅で看護しながら生活しています」と、涙ながらに語る。男児の腫瘍からは常に体液が流れ出しており、誰の目にも危険な容体であることはわかる。

 この報道がきっかけで、地元政府もようやく重い腰を上げ、男児の救済に向け動きだした。また、多くのネットユーザーから寄付したいという申し出も寄せられ、状況は好転し始めている。

 しかし、これは氷山の一角。中国ではこのような巨大腫瘍を患いながら、高額な治療費を支払えず、苦しみ続ける児童が多くいるのだ。

 大手ポータルサイト「網易」は先日、顔の右半分を腫瘍に侵され、道行く人から怪物とののしられる3歳の女児について報じている。女児は痛みのため、食生活もままならない状態だというが、両親は治療費が払えず、いまだ詳しい検査さえ行えていない。こちらは現在も、各メディアが治療費の寄付を呼びかけている。

shuyo002.jpg
顔面を巨大な腫瘍に侵された3歳の女児(新浪新聞)

 さらには、腫瘍で苦しむ幼いわが子を治療できないのなら、苦しみから解放させるため、安楽死させようと追いつめられる親も少なくない。「新浪新聞」によると2014年、陝西省に住む4歳の女児は眼球に網膜芽細胞腫を患い、両親が各地の病院を訪れて治療を懇願した。だが、高額な手術代が支払えないため、すべての病院に拒否されてしまったという。その後は、鎮痛剤しか与えることができず、痛みのあまり毎日泣いているわが子を見て、安楽死させようと決意した。ただし、中国では法律で禁止されているため、これに応じる病院はなかったが、報道に接したネットユーザーなどから寄付が届き、ようやく治療が開始されたという。

 政府が医療格差を放置する中、中国ではSNSを通じた募金文化が難病に悩む貧困層の子どもたちの頼みの綱となっている。しかし一方では、子どもの難病をかたる詐欺も横行している。ネット上の善意の芽が、こうした悪意によって摘み取られないように願いたい。
(文=青山大樹)





まつ毛育毛剤通販