知る

知ってた?アメリカのエレベーターの「閉」ボタンは押してもほとんど機能しない。その理由とは?

投稿日:

iStock-821413880_e

 エレベーターに乗った時、他に乗ってくる人がいなければ、「閉」ボタンを押して早くドアを閉めようとしたことはないだろうか?

 急いでいるいないにかかわらず、乗ってくる人がいないことが確認できたらつい押してしまいがちな「閉」ボタンだが、アメリカのエレベーターの"閉"ボタンのほとんどは、実際には機能していないという。

 「閉」ボタンはあるものの、押してもすぐに閉まるわけではなのだ。
 ではなぜこんなことになったのだろう?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

心霊体験は実在する。ただしその要因はほとんどが睡眠麻痺と頭内爆発音症候群に起因すると心理学者

 幽霊を信じている人なら、夜中に死んだ家族が枕元に立ったり、特に何かが動いた形跡はないのに大きな音が聞こえたりといった話を聞いてもすんなり受け入れることだろう。

 信じていない人であっても不可解な体験をすることがある。気のせいで済ますにはあまりにもリアル…

プーチン名言、いただきました。雨に打たれてずぶ濡れぬれになったプーチンに「なぜ傘をささないの?」その回答は?

 そろそろプーチン情報が欲しいころだろう。カラパイアでは政治うんぬんを抜きにして、哺乳類サル目ヒト科としてのプーチンを追い続けている。いわば生態観察だ。なぜなら私が抱かれたいからだ。

 今年一発目のプーチン大統領情報は、モスクワ州立大学でソ連の宇宙功績を…

持病を持った猫たちの為の特別な保護施設(カナダ)

 
 カナダのブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドにはRAPSという行き場のない猫や猫後天性免疫不全症候群(猫エイズ)患者の為の特別な保護施設がある。

 緑豊かで光あふれるその場所には、現在約500匹以上の猫が穏やかに暮らしているそうだ。

ロボットが人間に近づく過程で起きる「不気味の谷」現象。いったいなぜ起きるのか?子供たちも起きるのか?

 不気味の谷現象という言葉を聞いたことがあるだろう。ロボットを人間に近づけていくと親近感は増していくのだが、ある時点で突然強い嫌悪感に変わるというものだ。そして不気味の谷を越え、見分けがつかないくらい人間とそっくりになると親近感は一気に上がる。

 ではな…

自称タイムトラベラーたちのとんでもない10の主張

 ドラえもんと共に引き出しの中に入ってタイムトラベルができたらどんなに楽しいかしら。と思ったことのある人も多いだろう。

 あらゆる矛盾点にはとりあえず目をつぶって、過去や未来を間近で見たり、都合よく過去のその時に戻って、間違いを正したり、愛する人や果ては…





まつ毛育毛剤通販