海外ニュース

「寛容の国」オランダでもブルカ着用が禁止に…脱イスラム化に対する海外の反応

投稿日:

オランダでも公共で顔を隠すヴェール類の着用を禁止
ブルカ禁止法案がオランダ上院で可決され、公共の場でイスラム女性が顔を隠すブルカなどの着用が禁止となりました。

イスラム過激派によるテロが相次ぐヨーロッパ諸国では治安上の理由から、すでにフランス、ベルギー、デンマークなどの国ではブルカ着用を規制していました。

「自由と寛容」の精神を特徴とするオランダも続くことになり、国内外で話題となっています。

続きを読む

続きを読む

-海外ニュース

執筆者:


関連記事

古代遺跡から寄り添う男女の人骨が発見される…インドのハラッパー遺跡

モヘンジョダロと並び称されるインダス文明の都市遺跡ハラッパーで、仲良く寄り添った男女の人骨が見つかりました。

同遺跡で2人が並んで埋葬されている発見例は初めてのことで、当時の文化を知る上で貴重な発見だとのことです。

オランダの69歳男性「年齢を20歳若く変更したい」と提訴…理由は「出会い系でモテたい」

オランダの男性エミール・ラーテルバント“Emile Ratelband”さん(69歳)が、裁判所に前代未聞の訴えを起こしました。

彼の要望は生年月日を1949年3月11日から1969年3月11日に、つまり20歳若く変更すること。

「フリーマーケットで600円で購入したツボを歯ブラシ入れにしていた…」→念のため鑑定したら紀元前1900年に作られたものだった

イギリス中部のダービーに住むカール・マーティンさんは、フリーマーケットで売られていたツボを気に入り4ポンド(約600円)で購入。

5年ほど歯ブラシ入れとして使っていたのですが、念のため鑑定してみたところ4000年前の遺物であることが判明しました。

中国結婚式の“下劣化”が止まらない!? ブライドメイド女性への「スパンキング」を楽しむ男性参列者たち

<p> 高級ホテルでの披露宴や海外での教会ウェディングなど、中国の結婚式は年々派手になる傾向にあるといわれているが、田舎では逆に低俗化する傾向にあるようだ。</p>

<p> 新郎の男性の友人たちが、新郎新婦の寝室に押しかけて花嫁のカラダを触りまくったり、新郎の父親が花嫁にディープキスをしてご祝儀をせしめたりなど、結婚式という祝いの席を台無しにするような醜態があちこちで繰り広げられている(<a href=”http://www.cyz…

ハワイで「医師による自殺幇助案」が可決…海外の反応いろいろ

アメリカ・ハワイ州の下院委員会が、末期患者が自らの意思で医師の幇助によって自殺することを認める下院法案を可決しました。

尊厳死や安楽死は簡単に答えを出せるテーマではないですが、一歩踏み込んだと言えるこの法案。

海外掲示板では、さまざまな意見が交わされてい…





まつ毛育毛剤通販