知る

見知らぬ犬の無償の愛が奇跡を生む。怪我を負い、川に流されそうになったハイカーを2度救ったアラスカン・ハスキー

投稿日:

0_e1

 6月中旬、アラスカ州アンカレジ郊外にあるイーグルリバー沿いのクロウパス・トレイルをハイキング中、1人の女性が滑落した。

 岩に衝突し、そのまま雪の上を滑り落ちた彼女はしばらくショック状態で動けなかったが、そこに突然1匹の白い犬が現れる。

 どこからともなく現れたその犬は、のちに7歳のアラスカン・ハスキーのナヌークであることが判明する。

 ナヌークは彼女を元のルートまで案内してくれただけでなく、彼女に寄り添い、次の日も行動を共にすることに。

 だがこの日、更なる悲劇が女性を襲う。足を滑らせ川に流されそうになるのだ。ナヌークは深く冷たいその川に我が身を投げうってこの女性をもう一度助けた。
 
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

皆既日食は自然界に影響を及ぼしていた。植物から動物まで不可解な行動が確認された4つの例

 閉じた花から、浜辺に打ち寄せられた無数のサケまで、アメリカを横断した8月21日の皆既日食では、自然界でも不気味な現象が観測された。

 皆既日食が動植物に与える影響を観察する滅多にないチャンス到来に、いくつかの実験プロジェクトが実施された。

 こうした観測…

トルコの大学で宇宙人との遭遇に備える講義が開設される

 おそらくいるんだけれどもいまだ遭遇を果たしていない宇宙人(異星人)。物理学者スティーヴン・ホーキング氏やフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏、ロシアの起業家ユーリ・ミルナー氏が巨額の資金を投じ宇宙人捜しをはじめたのは昨年のことだが、未知との遭遇はも…

スティーブン・ホーキング博士の最後の論文が発表される。「宇宙の永遠の膨張と安定」

image credit:Andre Pattenden
 3月に亡くなったスティーブン・ホーキング博士の最後の仕事が発表された。

 『Journal of High Energy Physics』に掲載されたのは「A Smooth Exit from Eternal Inflation?(永遠の膨張からの滑らかな出口?)」という論文だ。昨年オンライ…

これは意外。実際のナルシストは自分の顔を見るのが嫌いであることが判明(オーストリア研究)

 新たな研究から、ナルシスト傾向が強い人は、自分の顔を見ると喜びよりも苦痛の感情に苛まれるということがわかった。

 これは、ソーシャルメディア時代にナルシシズムがどう作用しているのかを理解する上での助けになるかもしれない。

ギガントピテクス・マンモス・タスマニアタイガーなど、近年解き明かされた7つの歴史的ミステリー

image credit:Gigantopithecus – Wikipedia
 不思議・謎・ミステリー。これらの言葉を聞いただけでワクワクするし、それらがこっちにおいでと手招きをする。

 「解けるものなら解いてごらん?」と挑戦状をたたきつけられているようで、「よ~し我こそがその謎を解き明かし…




まつ毛育毛剤通販