知る

遺伝子組み換えしたオスと交尾させて子孫を殺す。ビル・ゲイツが蚊の開発に4億3600万円相当の資金を提供

投稿日:

iStock-985051718_e

 蚊に媒介されるマラリアの撲滅は難事業である。テクノロジー界の巨人ビル・ゲイツが今、挑んでいるのはそれだ。

 彼が設立した慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」は一世代以内にマラリアを根絶するため、遺伝子を組み替えたオスの蚊の開発を支援するという。

 御存じのとおり、血を吸うのはメスの蚊だけである。

 現在開発中のオスの蚊は、メスと交尾することで、生まれてくる蚊は成虫になる前に皆死んでしまうのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

これは楽しい!短編小説がチケットのように出てくる無料自動販売機が街のいたるところに設置されたフランスの都市

 フランスの南東部に位置するグルノーブル市の中心街では、近年、オレンジと黒のツートンカラーのとある機械が見られるようになった。

 置かれている場所は、駅、自治体の建物、地域の美術館などだ。現在のところ、街の中心部の、約18平方kmの範囲に14台が設置されている…

新たに発見されたジュラ紀のシーモンスター「アルミニサウルス」と首長竜との関連が判明

image credit:Joschua Knuppe/Uppsala University
  目と鼻の先にありながらなかなか発掘されなかった新種は案外多い。

 1億9,000万年前のジュラ紀の海にひしめいていたと思われる海の怪獣アルミニサウルス・シュベルティ(Arminisaurus schuberti)もその1つだ。

 哀…

地球外生命発見の鍵を握っているかも。南極の空気を食べて生きる奇妙な新種のバクテリア(オーストラリア研究)

 南極で新種のバクテリアが発見された。それは空気に含まれる化学物質のみを食べて生きるという。まるで霞を食べて生きているといわれている仙人のような存在であり、この世で最もストイックな生き物だ。

 この発見は、地球外惑星に存在する生命についての考え方を変える…

これはホラーです。いたずら好きの夫が妻に手の込んだドッキリを敢行。駐車しようとバックモニターを見るとそこに映っていたものは・・・

 アメリカ・アラバマ州に住むボビー・ウェッソンさんは人を驚かせるサプライズやいたずらが大好きで、その餌食となるのはいつも妻だ。

 最近も自身の妻にドッキリを仕掛けたらしい。

 それはあまりにも手が込んでいた。妻・レイエナさんの車に搭載されているモニターに…

ギリシャにある猫島。白と青の美しいコントラストの中で優雅に暮らす、サントリーニ島の猫たち

 猫が添い寝してくれるホテルがあるというギリシャ。そのギリシャには住民たちに愛でられながら野良猫たちがまったりとくつろぐ猫たちの楽園、サントリーニ島があるという。

 白と青に統一された異国情緒あふれる街並みを背景に、思い思いにのびのび過ごす猫たち。

 そ…



まつ毛育毛剤通販