宇宙

火星探査車「オポチュニティ」、嵐により発電が困難に…2004年から稼働!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 NASAの火星探査車「オポチュニティ」が、現在嵐によって発電が困難になっていることが伝えられています。このまま嵐が続けば、地球との通信が困難になる可能性もあります。
 
 オポチュニティは搭載されたソーラーパネルにて発電し、バッテリーに充電しつつ稼働します。同探査車は2007年にも大規模な嵐に遭遇していますが、6月3日から始まった今回の嵐はそれよりもずっと強烈で、昼間を夜のように暗くしています。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
 
c02bbcca03b023582521b00bc1620dff
https://sorae.info/030201/2018_06_13_opo.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528869533/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

謎の天体が太陽系を通過中、天文学者が観測した初の「恒星間の物体」!

1: みつを ★
 《 世界中の天文学者が、太陽系を横切る素早くて小さな物体の動きを追っている。米航空宇宙局(NASA)は、この物体がすい星か小惑星かも不明としながらも、太陽系の天体の動きとは異なるため、太陽系外から飛来した可能性があるとの見方を示している。 …

ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が、地球から20万メートルを通過…小惑星センター!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]
 《 ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が火曜日、地球付近を通過した。地球との衝突の危機はなかった。スミソニアン天体物理観測所(SAO)が運営している小惑星センターが伝えた。  「2010WC9」と命名されたその小惑…

地球に迫りくる隕石を核ミサイルで破壊する…ロシアが大真面目に実験!

1: ニライカナイφ ★
 《 核ミサイルで地球を隕石から守ると。地球に迫りくる隕石を核ミサイルで破壊する…そんなストーリーは映画やマンガだけだと思っていませんか?  ところが、それを大真面目に実験している国があります。ロシアです。ロシアでは小型隕石を模し…

人工衛星から球を発射…2020年に広島の空で世界初となる人工の流れ星による天体ショーを開催する計画!

1: 孤高の旅人 ★
 《 人工衛星には、直径1センチほどの球が400個詰まっていて、球が発射された後、落下していく途中で燃えて流れ星のように見えます。開発した会社は、来年までに人工衛星2機を上空400キロに打ち上げ、2020年に広島の空で世界初となる人工の流れ星による…

月面に「L」の文字があるのを確認…「X」「V」の文字と縦一列に!

1: 記憶たどり。 ★
 《 太陽光の当たり具合によって月面に特定のアルファベットの文字が現れる現象で、天文愛好家グループ「えひめ星空キャラバン隊」のメンバーらが3月24日、従来知られている「X」や「V」と共に「L」が並んでいるのを写真で捉えた。    (略) クレ…




まつ毛育毛剤通販