宇宙

火星探査車「オポチュニティ」、嵐により発電が困難に…2004年から稼働!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 NASAの火星探査車「オポチュニティ」が、現在嵐によって発電が困難になっていることが伝えられています。このまま嵐が続けば、地球との通信が困難になる可能性もあります。
 
 オポチュニティは搭載されたソーラーパネルにて発電し、バッテリーに充電しつつ稼働します。同探査車は2007年にも大規模な嵐に遭遇していますが、6月3日から始まった今回の嵐はそれよりもずっと強烈で、昼間を夜のように暗くしています。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
 
c02bbcca03b023582521b00bc1620dff
https://sorae.info/030201/2018_06_13_opo.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528869533/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

月面探査コンテストに参加している日本チーム「HAKUTO」が期限内の月面探査できず…インドチームの資金難でロケット打ち上げ困難に!

1: ばーど ★
 《 民間初の月面探査コンテストに参加している日本チームの「HAKUTO(ハクト)」が、3月末の期限内に月面探査できない見通しとなったことが11日、関係者への取材で分かった。 探査車の月への輸送を依頼したインドチームの資金難でロケット打ち上…

宇宙の終わりを迎えるのは少なくとも1400億年先…東大・国立天文台チームが分析結果を発表!

1: すらいむ ★
 《 宇宙がこのまま膨張し続けたとしても、物質を構成する原子がばらばらになって世界が終わりを迎えるのは、少なくとも1400億年先だとする分析結果を、東京大と国立天文台の研究チームが26日発表した。  》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧く…

金星探査機「あかつき」により初めて観測された巨大弓状構造が、金星に毎日起こる不思議な現象であることを発見!

1: しじみ ★
 《 金星軌道への投入成功直後の2015年12月、金星探査機「あかつき」は中間赤外カメラ(LIR)および紫外イメージャ(UVI)の観測により、南北方向に約10,000 kmにおよぶ巨大な弓状模様が、秒速100mの風に流されることなく高度70kmの雲頂上に現れていることを発見…

全長9.5メートルの世界最小級ロケット「SS-520」が来月3日に打ち上げ決定…昨年不具合で延期!

1: (?∀?(⊃*⊂) ★
 《 年末の打ち上げが不具合で延期された世界最小クラスのロケット「SS-520」が、来月3日に打ち上げられることが決まりました。  全長9・5メートルの世界最小クラスのロケット「SS-520」5号機は、先月28日に肝付町の内之浦宇宙…

「だれかが地球の巨大な栓を抜いたよう」…宇宙から見た台風24号の画像!

1: WATeR ★
 《 今年5個目の「猛烈な台風」が、台湾北部や沖縄方面に向かって進んでいる。国際宇宙ステーション(ISS)の飛行士が、その画像をツイッターに投稿した。  ISSに滞在している欧州宇宙機関(ESA)のアレクサンダー・ゲルスト飛行士は、画像に添…





まつ毛育毛剤通販