宇宙

火星探査車「オポチュニティ」、嵐により発電が困難に…2004年から稼働!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 NASAの火星探査車「オポチュニティ」が、現在嵐によって発電が困難になっていることが伝えられています。このまま嵐が続けば、地球との通信が困難になる可能性もあります。
 
 オポチュニティは搭載されたソーラーパネルにて発電し、バッテリーに充電しつつ稼働します。同探査車は2007年にも大規模な嵐に遭遇していますが、6月3日から始まった今回の嵐はそれよりもずっと強烈で、昼間を夜のように暗くしています。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。
 
c02bbcca03b023582521b00bc1620dff
https://sorae.info/030201/2018_06_13_opo.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528869533/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

NASAの新型宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ」、開発が大幅に遅れて、コストも天文学的に…ハッブルの後継機!

1: しじみ ★
 《 米国航空宇宙局(NASA)は2018年6月28日、新型の宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」について、開発の遅れを理由に、打ち上げを2021年3月まで延期すると発表した。  ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、NASAを中心に世界が共同で開発してい…

「イプシロンロケット4号機」を来年1月に打ち上げへ、7機の人工衛星を搭載予定…JAXA!

1: しじみ ★
 《 「イプシロンロケット4号機」を2019年1月17日に打ち上げると文部科学省が明かしたことを、NHKニュースなど各種報道が伝えています。射場は鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所です。  イプシロンロケットは3段式の固体ロケットです。第1段は「H-IIA…

サッカー場ぐらいの巨大小惑星が地球に最接近…発見されたのは、わすが21時間前!

1: ニライカナイφ ★
 《 今月15日、サッカーフィールドくらい巨大な小惑星が地球に最接近していたことをご存知だろうか?知らなくて当然。この天体が発見されたのは、接近時刻のわずか21時間前だったのだから…。  先週14日、米アリゾナ大学の月惑星研究所(LPL)の…

地球から61億キロ、「カイパーベルト」と呼ばれる場所の天体二つの画像を公開…NASA

1: 岩海苔ジョニー ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機ニューホライズンズが昨年12月に撮影した、「カイパーベルト」と呼ばれる場所の天体二つの画像を公開した。  地球から探査機までの距離は約61億2000万キロ・メートルで、地球―太陽間の約4…

海自出身の金井宇宙飛行士が「ソユーズ」で無事に帰還… 「白いご飯とみそ汁を食べたい」!

1: みつを ★
 《 日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんは、およそ半年間にわたる国際宇宙ステーションでの滞在を終え、日本時間の3日午後9時40分ごろロシアの宇宙船「ソユーズ」で中央アジアのカザフスタンの平原に着陸し、無事、地球に帰還しました。  (略) そして…





まつ毛育毛剤通販