米空軍

失踪していた米空軍大尉を35年ぶりに発見、偽名で生活…ソ連へ亡命との憶測も!

投稿日:

1: みつを ★
    《    米空軍は12日までに、1983年に行方不明となったウィリアム・ハワード・ヒューズ・ジュニア大尉が米カリフォルニア州で偽名で生活していたことが分かったと明らかにした。

    同大尉は1983年7月、欧州での任務を終えて帰国した後、行方が分からなくなっていた。最後に目撃されたのはニューメキシコ州で19の異なった支店で銀行口座から2万8500ドルを引き出していた。     》    

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

171213-Z-CO490-837-1024x682
https://www.cnn.co.jp/m/usa/35120709.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528804849/
続きを読む

続きを読む

-米空軍

執筆者:


関連記事

米空軍「グローバルストライク司令部」でM240機関銃1丁と擲弾32発が紛失…FBIらと調査!

1: みつを ★
 《 核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)と戦略爆撃機を一元管理する米空軍「グローバルストライク司令部」の基地で機関銃と1箱分の擲弾(てきだん)が紛失し、同司令部傘下にある計8基地で兵器類の確認作業などが一斉に実施されていることが20…

戦闘機から発射できる極超音速ミサイルを開発へ…米空軍がロッキード社と契約(約1070億円)!

1: みつを ★
 《 米国防総省は18日、防衛・航空大手ロッキード・マーチンが今後、空軍との約10億ドル(約1070億円)の契約に基づき、戦闘機から発射できる極超音速ミサイルを設計・開発すると発表した。  極超音速ミサイルは音速の何倍もの速度で飛翔し、ミサイル防…

米国の国家空中作戦センター「E-4Bナイトウォッチ」、通称「最後の審判」が離陸…空中給油で1週間の間、飛行可能!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [HU]
 《 米国はE-4B ナイトウォッチを発進させた。E-4B は米国の国家作戦空中センターとして運用される航空機で「最後の審判」の通称で知られている。 ​ (略) E-4Bに「最後の審判」という通称がつけられた理由は、これが核戦争な…

米空軍が電子レンジ技術で新兵器「CHAMP」を開発…強力な電磁波で北朝鮮に対抗も!

1: みつを ★
 《 北朝鮮が米本土に到達できる核兵器の開発を進展させる中、米ニューメキシコ州にあるカートランド空軍基地の研究所で、対抗措置となり得る兵器の開発が進んでいる。  空軍研究所の広報によると、この兵器は「CHAMP」と呼ばれ、電子レンジなどに使…

弾道ミサイル追跡能力がある米電子偵察機RC-135S「コブラボール」が嘉手納基地に飛来…北朝鮮警戒か!

1: みつを ★
 《 沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に弾道ミサイルを追跡する能力がある特殊な偵察機が着陸したことが確認され、29日朝のミサイル発射などを受けて、北朝鮮の動向を警戒していると見られています。  嘉手納基地では29日正午すぎ、アメリカ軍の電子偵察機「…



まつ毛育毛剤通販