知る

古代メソポタミアにおける有名な12の神々

投稿日:

0_e14

 初期のメソポタミア文明の中で興った最古の都市文明「シュメール」は、紀元前4500年から4000年の間、現在のイラクであるメソポタミア南部に建設された。

 この地域では、国民が農業を行うために湿地から水を排出し、交易を発達させ、織物、冶金、窯業のような産業を確立して、史上初の文明のひとつとなった。

 それぞれの町は、特定の神や女神に守られていて、その神に住んでもらうために町の中心に巨大な神殿が作られた。メソポタミアの神々は、空気や火や雷といった基本元素の役割の名残をいまだに留めている。

 ここでは古代メソポタミアにおける12の有名な神々を見ていこう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ノーベル賞受賞者たちが語る世界の終わり。人類滅亡の4つのシナリオと生き残る方法

 英タイムズ紙は毎年、高等教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」を発行している。

 その調査の一環として、化学、物理学、生理学、医学、経済学の各分野を代表する50余名のノーベル賞受賞者に人類滅亡のシナリオについて意見を求めた。

 その結果、世界…

頭に鉄棒が貫通したものの奇跡の生還。だが大幅に人格が変化した神経科学分野で最も有名な「フィネアス・ゲージ」

 ヴィンテージ写真の収集家ジャック・ウィルガスとビバリー・ウィルガスは、目に傷があるにも関わらずハンサムな男性が写っている19世紀の写真(ダゲレオタイプ)を入手した経緯については忘れてしまった。

 それは30年以上も前の話だ。写真から撮影場所や時期についての…

バレンタイン対策:簡単なのにゴージャス!コンビニお菓子で作る「クロカンブッシュ」の作り方【ネトメシ】

 小さなシュークリームがまるで果実のなる木のように盛り付けられている「クロカンブッシュ」。発祥の地、フランスではウエディングケーキとしても使用されているくらいだから縁起ものだ。

 そろそろバレンタインも近づいてきたことだし、バージョンアップした感のある、…

苦痛にあえぐ姿のままミイラに。古代エジプトの「叫ぶミイラ」の謎を解明か?(※ミイラ出演中)

 大きく口を開け、苦悶の表情をする古代エジプトのミイラ。王族の墓に埋葬されていた約3000年前のものとされるこのミイラは「正体不明の男E(Unknown Man E)」もしくは「叫ぶミイラ(screaming mummy)」と呼ばれている。

 シープスキンに包まれ、足の爪をヘナで染めあ…

フランスにはガラス越しに死体を観察できる死体安置所があった(19世紀~20世紀)

 1886年8月、 フランス・パリで発行されている新聞に 「4歳の少女の遺体発見。手にたったひとつの謎めいた傷」という記事が掲載された。

 好奇心旺盛なパリ市民が、次にとった行動はなにか? 少女の遺体を一目見ようと、パリの死体安置所(モルグ)に駆けつけることだっ…



まつ毛育毛剤通販