知る

古代メソポタミアにおける有名な12の神々

投稿日:

0_e14

 初期のメソポタミア文明の中で興った最古の都市文明「シュメール」は、紀元前4500年から4000年の間、現在のイラクであるメソポタミア南部に建設された。

 この地域では、国民が農業を行うために湿地から水を排出し、交易を発達させ、織物、冶金、窯業のような産業を確立して、史上初の文明のひとつとなった。

 それぞれの町は、特定の神や女神に守られていて、その神に住んでもらうために町の中心に巨大な神殿が作られた。メソポタミアの神々は、空気や火や雷といった基本元素の役割の名残をいまだに留めている。

 ここでは古代メソポタミアにおける12の有名な神々を見ていこう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

廃ベッドに拘束されて動けない…更なる恐怖があなたを襲う。新感覚のお化け屋敷「ネグルシ」が間もなくオープン!

 ちょっと外にいるだけで、じりじりと焼き尽くされてしまいそうな猛暑が続いている今日このごろ。

 なんとかちょっとでもひんやり涼しくなりたいわけだが、ここは夏らしくお化け屋敷なんてのはいかがだろうか。

 7月28日~8月29日、神奈川県横浜市の横浜ビューティー&…

罪と罰を知る。世界8つの犯罪博物館

image credit:Zaid Hamid
 誰の心の中にも光と闇が存在し、それは表裏一体となっている。闇の世界が表に出ると人は罪(つみ)を犯す。人間の歴史は犯罪の歴史ともいえるほど、犯罪がなくなることはない。人間はそういう風にできているのだ。

 理性やモラル、常識や法律で…

生後5か月になると売れない。という理由でブリーダーが放棄した犬が輝かしい第二の人生を歩むまで

 犬は人間の親友である。だが犬にとってはどうだろう?全ての人間が犬にやさしいわけではないのだ。虐待や飼育放置など、厳しい環境に追いやられることもある。

 ポメラニアンのバートラムは生後5か月になってしまった。売るには大きくなりすぎたという理由で、ブリーダ…

伝説の一角獣。額に1本の巨大な角を持つシベリアユニコーン「エラスモテリウム」の謎に迫る

 ジャイアントサイやジャイアント・シベリアユニコーンとも呼ばれるエラスモテリウム(E. sibiricum)は、鮮新世後期や更新世にユーラシア地域に生息した絶滅したサイの仲間である。

 260万年前の記録もあるが、最近発見されたほとんどの化石は2万9000年前頃のもので、マ…

火山まるごと、冷やしちゃいます。イエローストーン大噴火から地球を守るためにNASAが立案する野心的計画

 一見穏やかな風景が広がるアメリカのイエローストーン国立公園の下には巨大なマグマだまりが存在する。

 周辺で間欠泉や温泉が湧き出るのはこのためだが、NASAの専門家にとっては人類文明に対する最大の脅威の1つである。超巨大火山の噴火だ。

 かつてNASA惑星防衛諮…





まつ毛育毛剤通販