中国軍

中国海軍、たった10年でめちゃくちゃ強大化していた!!!

投稿日:

-中国軍

執筆者:


関連記事

「どうやって倒したらいいか、教えてください」…中国軍事専門家が日本の最新潜水艦「おうりゅう」を分析!

1: Ψ
 《 中国の著名な軍事専門家・張召忠(ジャン・ジャオジョン)氏が自身の微博アカウント上で、このほど進水式を終えた日本のおうりゅう潜水艦について解説した。 (略) また、おうりゅうの動力について「従来の鉛蓄電池に代わり、リチウムイオン電池を採用してい…

中国軍のY-9情報収集機が日本の防空識別圏に入り、対馬海峡を往復…ロシアSu-24戦術偵察機も日本海に!

1: ばーど ★
 《 防衛省は27日、中国軍のY9情報収集機1機が、日本の防空識別圏(ADIZ)に入り、対馬海峡の朝鮮半島寄りのルートを往復したと発表した。  航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したが、領空侵犯はなかった。中国軍機が、対馬と朝…

「中国海軍は陸戦隊を2020年までに3万人以上(7個旅団)に拡大する」…米国防総省が中国軍事動向の年次報告!

1: しじみ ★
 《 米国防総省は16日、中国の軍事・安全保障の動向に関する年次報告書を公表した。報告によると、中国海軍は、上陸作戦などを担う陸戦隊(海兵隊)について、現状の約1万人規模(2個旅団)を2020年までに3万人以上の規模(7個旅団)に拡大する計…

中国軍の空母艦載機「J(殲)-15」の改良が進まず、空母関連予算を逼迫!

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN]
 《 (略) また、欠陥が見つかった空母艦載機「殲15」の改良が順調に進んでいないことも空母計画に影響しているという。中国は殲15の代替機の開発に取り組んでおり、空母関連予算を逼迫(ひっぱく)させる原因となっている…

中国の新世代長距離爆撃機H-20、ステルス戦闘機J-20が護衛任務…ネットユーザーが作成!

 中国のネットユーザーが作成した新世代長距離爆撃機「H-20」、現用のステルス戦闘機J-20が護衛任務についています。http://japanese.china.org.cn/引用元:http://japanese.china.org.cn/ 





まつ毛育毛剤通販