南シナ海問題

南シナ海の島から撤去したと思われていたミサイル発射台が再び出現…中国ウッディー島!

投稿日:

1: みつを ★
 《 イスラエルの情報企業イメージサット・インターナショナル(ISI)は11日、複数の国が領有権を争う南シナ海パラセル(西沙)諸島のウッディー島をとらえた衛星画像を公開し、中国が同島から撤去したと思われていたミサイル発射台が再び出現したと伝えた。

 (略) この時点で軍事専門家は、発射台はメンテナンスのため一時的に撤去されただけではないかと指摘。米ランド研究所のティモシー・ヒース氏は、「同島の塩分と湿気による腐食作用が原因で、ミサイルシステム紅旗9は、メンテナンスのため定期的に撤去して本国に送り返す必要がある」と話していた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

DfacO2oX4AExz4z
https://www.cnn.co.jp/m/world/35120685.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528806365/
続きを読む

続きを読む

-南シナ海問題

執筆者:


関連記事

「米軍には中国の人工島を吹き飛ばす軍事力がある」「小さな島々を撃破した経験が豊富にある」…マッケンジー中将!

1: 記憶たどり。 ★
 《 中国が軍事拠点化を進める南シナ海の人工島について、米国防総省高官は31日、米軍には中国の人工島を吹き飛ばす能力があるとの認識を示した。  統合参謀本部のケネス・マッケンジー中将はこの日の記者会見で、中国の人工島を「吹き飛ばす」能…

米軍海軍のイージス駆逐艦「マスティン」が南シナ海で航行自由作戦を実施…中国が「違法な挑発」と反発!

1: みつを ★
 《 アメリカ軍は、南シナ海に中国が造成した人工島の周辺の海域で「航行の自由」作戦を実施し一方的な主権の主張を認めない姿勢を示す一方、中国国防省は、「違法な挑発には断固として反対する」と反発し、南シナ海を巡る両国のあつれきが続いています。 …

核搭載可能な中国空軍のH-6K爆撃機が南シナ海の人工島に着陸…「この海域の支配権は中国にある」という警告!

1: しじみ ★
 《 中国は南シナ海に建設した人工島の一部に、核攻撃が可能な爆撃機を初めて展開させた。これは周辺諸国、特にアメリカに対する「この海域の支配権は中国にある」という警告だ。  ロイター通信によれば、中国空軍は5月18日、「南シナ海での戦闘」を想定…

ロシ国営ア企業がベトナム沖の南シナ海で石油採掘に着手…中国反発か!

1: しじみ ★
 《 ロイター通信は17日、ベトナム沖の南シナ海で、ロシア国営石油企業ロスネフチが、石油採掘に着手したと報じた。ベトナム政府は近年、南シナ海の領有権を主張する中国から圧力を受け、同海域での石油採掘許可を控えてきた。関係者は中国側の反発を懸念…

鳩山元首相「日米は南シナ海問題にちょっかい入れるな、当事者間で解決すべき」!

1: 動物園φ ★
 鳩山由紀夫 認証済みアカウント @hatoyamayukio  《 (略) 中国とアセアンとの間で南シナ海行動規範を作る状況が強まってきた。以前から申しているように当事者間で解決すべきで日米がちょっかいを入れる問題ではない。  》 ここまで一部引用、続き…



まつ毛育毛剤通販