中国

イヴァンカTwitterで『中国人編集者が悲鳴をあげる』大混乱が発生。中国人の脳細胞はもうくたくた

投稿日:

1:みつを ★:2018/06/12(火) 21:58:11.39 ID:CAP_USER9

http://www.afpbb.com/articles/-/3178209?cx_part=top_latest

イヴァンカ氏の「中国のことわざ」に中国のネットユーザー大困惑
2018年6月12日 17:25
発信地:北京/中国 [ 米国 北米 ]

【6月12日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の長女イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)大統領補佐官が中国のことわざとして紹介したツイッター(Twitter)の書き込みに、中国のネットユーザーたちが頭を悩ませた。

 イヴァンカ氏は、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との歴史的な米朝首脳会談を翌日に控えた11日、「何かを成し遂げようとしている人たちを、そんなことは無理だという人たちが邪魔してはならない。中国のことわざ」と英語で投稿した。

 これに中国のネットユーザーたちは即座に反応したが、イヴァンカ氏の投稿を歓迎するより困惑するものがほとんどだった。

 中国版ツイッターの微博(ウェイボー、Weibo)を運営する「新浪(Sina)」が、「うちの編集者はこれがどのことわざなのか本当に分からない。助けて!」と微博で呼び掛けると、さまざまな意見が殺到した。

「愚公、山を移す」(困難なことでも忍耐強く努力すれば成し遂げられる、という意味のということわざ)ではないかといった真面目な意見から、「パンダエクスプレス(Panda Express、米国の中華料理チェーン)の占いクッキーに書いてあったんじゃないの」といったものまでさまざまな意見が寄せられたが、決定的な結論には至らなかった。

 あるネットユーザーは「イヴァンカがことわざを一つ書き込んだおかげで、中国の全ネットユーザーの脳細胞はくたくただ」とぼやいている。

 イヴァンカ氏一家は中国で高い人気がある。昨年、トランプ大統領が訪中した際にはイヴァンカ氏の娘のアラベラ・クシュナー(Arabella Kushner)ちゃん(6)が中国の歌を中国語で歌い、中国の詩を暗唱する動画を習近平(Xi Jinping)国家主席に見せた。この動画は多くのネットユーザーの心をつかんだ。(c)AFP



続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

中国沖のタンカー沈没が『人類史上最悪の大惨事』に発展した模様。日本への悪影響は不可避に

1:ばーど ★:2018/01/15(月) 21:39:35.51 ID:CAP_USER9
中国東部の沖合で黒煙を上げて炎上するタンカー「サンチ」。中国交通運輸省提供(2018年1月14日撮影・公開 【1月15日 AFP】中国沖で6日に貨物船と衝突・炎上し、14日に沈没したイラン企業所有の石油タンカー事…

韓国サムスンが『ドル箱市場から完全排除を喰らう』破滅的な情勢に。産業が崩壊してしまう模様

1:動物園φ ★:2018/04/10(火) 14:03:23.29 ID:CAP_USER
Record china 配信日時:2018年4月10日(火) 7時20分 2018年4月9日、韓国・中央日報によると、中国スマートフォン市場におけるサムスン電子のシェアが0%台に下がったという調査結果が発表された。 米国の市場…

『実務者では中韓スワップの再延長は確定』だと韓国が宣言。中国首脳の最終決断を待つ状況に

1:荒波φ ★ :2017/10/11(水) 09:26:50.07 ID:CAP_USER.net
韓国と中国の通貨スワップ契約が10日に満了した。韓国政府と韓国銀行は通貨スワップを再延長するため中国側と継続して交渉したが、この日までに成果を出すことはできなかった。韓中通貨スワップはひとまず終了…

中国製の超格安工業品が『見るも無残な大惨事』を連発した模様。本気で洒落にならない状況だ

1:ニライカナイφ ★:2017/12/25(月) 23:13:41.59 ID:CAP_USER.net
◆MP3プレイヤーが手榴弾に! LED風船は散弾銃に! 中国“格安”工業製品の爆発で、被害続出中……近年、スマートフォンやドローンなどのハイテク分野で、中国企業の高い技術力に注目が集まる一方、安全…

日本軍コスプレした中国人の『世にも悲惨な現状』が暴露された模様。当局の処罰よりも酷い

1:豆次郎 ★:2018/02/27(火) 23:26:10.47 ID:CAP_USER9
言うまでもなく中国では反日感情の強い人が少なくないが、最近では「親日」や、日本をよく理解しているという意味の「知日」家も増えている。さらには、日本に媚びる「媚日(びにち)」と呼ばれる人もいるようだ。 …



まつ毛育毛剤通販