家電

東芝、時短機能とスマホ対応を強化した録画専用機「レグザタイムシフトマシン」を6月下旬に発売へ。止まらない全録を実現

投稿日:

東芝映像ソリューションは、時短機能とスマホ対応を強化した、全録レコーダ「レグザタイムシフトマシンDBR-M4008/M2008」を6月下旬より発売する。

HDD容量4TBの「DBR-M4008」と2TBの「DBR-M2008」を展開し、価格はオープンプライス。店頭予想価格はDBR-M4008が13万円前後、DBR-M2008が9万円前後。

最大7チャンネルの番組を常時録画する「タイムシフトマシン」を搭載した対応したBDレコーダ。従来は「レグザサーバー」のブランドで展開していたが、より全録の利便性を強調する「レグザタイムシフトマシン」に変更し、“見逃さない”レコーダを訴求していく。

M4008/M2008では、タイムシフト専用エンジン「R-2」を搭載し、BD再生中でも全てのタイムシフト録画が動作し、さらに2番組を家庭内に同時配信できるなど「録画を止めない」性能を訴求。さらにスマートフォン対応を強化し、ほぼ全ての操作をスマホで行なえるようにした。また、番組持ち出しの強化など、“スマホで時短”をアピールしている。
続きはソース元から
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1126652.html

https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/20180612.htm


続きを読む

続きを読む

-家電

執筆者:


関連記事

LG、日本市場開拓へ。20日から有機ELテレビ最新機種を投入

韓国LG電子は今月20日から順次、日本市場に最新機種を投入する。
本格的な普及期に入ったため品ぞろえを拡充し、ソニーやパナソニックからシェアを奪い返したい考え。国内勢との販売競争が激しくなりそうだ。 LG電子の日本法人、LGエレクトロニクス・ジャパン(東…

パナソニック、8K60fpsのCMOSイメージセンサ開発を発表。有機薄膜を採用

パナソニックは、8K解像度(3600万画素)で毎秒60フレームを記録できるCMOSイメージセンサー技術を開発したと発表した。
動体の撮影でもゆがまない「グローバルシャッター」機能を備え、高速かつ高解像度の撮像が求められる分野への活用が期待されるという。 今回パナソニ…

「Apple TV 4K」がガチでコスパ良さ気な件。A10X搭載で2万円

Appleは、4K HDR出力に対応した「Apple TV 4K」を発表しました。15日より注文可能、発売は9月22日。Apple TV 4Kは、4K HDRに対応した第5世代にあたるAppleTV。iPad Proと同じA10X Fusionチップを搭載したことで、ゲームをヌルサクでプレイできるもよう。4Kコンテンツにおい…

イーロンマスク氏、火炎放射器(500ドル)を発売へ

イーロン・マスクは、経営するトンネル掘削企業The Boring Companyで火炎放射器を発売すると発表した。価格は500ドル。
同氏はInstagramで、火炎放射器を使っている動画も投稿した。カメラに炎を向けるシーンもあり、「真似しないでください」と書いている。 「ナッツを…

アデランス、シャープと共同開発した頭皮を活性化するドライヤー「N-LED Sonic」発売。価格は3万7000円

アデランスとシャープは9月26日、共同開発したドライヤー「N-LED Sonic(エヌエルイーディー ソニック)」を10月2日に発売すると発表した。
アデランスが開発した、頭皮を活性化するというLED光「N-LED beam」の光源と、静電気除去や保湿効果があるシャープの「プラズマクラ…





まつ毛育毛剤通販