中国

中国企業の依頼を受け温泉探査をしていた日本人、スパイ行為で起訴!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 温泉探査のために中国を訪れた際、スパイ行為に関わったとして地元の捜査当局に拘束されていた日本人が起訴された。NHKが伝えている。

 中国で昨年3月、中国企業の依頼を受け温泉探査をしていた日本人6人が地元の捜査当局に拘束され、このうち南部の海南島で拘束された50代の男性が今月、起訴された。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

15641541
https://sptnkne.ws/hJbA
引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528699056/ 
引用元:https://en.wikipedia.org/wiki/Ministry_of_Public_Security_(China)#/E8%BD%A6.jpg
続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

『中国の人気が羨ましくて堪らない』と韓国が”各国からの返答”に絶望。北京五輪と格差がありすぎる

1:たんぽぽ ★:2018/01/17(水) 10:44:59.95 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1651696?page=1  開幕まで1カ月を切った平昌冬季五輪。現在の世界の関心事は北朝鮮が最終的に参加するかどうかだが、ホスト国である韓国政府は開会式にできるだけ多くの国や地域…

暗殺未遂により『習近平が病院に緊急入院する』情けない展開に。負傷疑惑まで囁かれている模様

1:ニライカナイφ ★:2017/12/29(金) 15:40:02.83 ID:CAP_USER.net
◆北京301病院に「腹痛」で入院した習主席 – 澁谷司今年(2017年)12月24日、習近平主席が、中国人民解放軍総医院<総合病院>(通称、北京301病院)に、検査のため緊急入院した。度重なる暗殺未遂のため…

中国のガラスの橋が嫌がらせにしか見えないと話題に! 海外の反応。

恐過ぎる中国のガラスの橋が話題に! 海外の反応。

歩いてるとバリバリという音がして、ひび割れするという演出に世界が驚き。

外国人「これは間違いなくビビるな(笑)」

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケ

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケの画像1
自動運転システムを搭載した実際の路線バス

 現在、世界各地で無人自動運転バスの実証実験が行われ、大きな革新をもたらそうとしている。日本でも、数年以内の実用化を目指している。

 そんな中、お隣中国では、世界に先んじて無人自動運転バスの試験運行が10月にも開始されるという。自動運転技術の安全性もさることながら、交通マナーが非常に悪い中国で、果たして無人自動運転バスの運行は可能なのだろうか?

「連合早報」(9月19日付)」によると18日、広東省深セン市で《2017年・路線バス無人自動運転記念》なるイベントが開催され、地元の政府関係者などが参加した。

 同市では、市内の路線バスのうち2路線で、無人自動運転バスの運行をスタートさせるという。

 1019の路線に1万279もの停留所が存在する同市では、毎日延べ474万の乗客がバスを利用している。今後、安全性を十分に考慮した上で、全路線バスに無人自動運転技術を導入していく方針だという。

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケの画像2
上海市内にある、無人コンビニ店舗《BingoBOX》

 実は、中国では現在、国を挙げて自動運転技術の開発を行っている。中国ネット検索最大手の「百度(バイドゥ)」は今年、フォード・モーター社、ダイムラー社、インテル社など世界50社と共同で、自動運転技術の研究を開始した。《アポロ計画》と名付けられた同プロジェクトは、AI技術を用いて自動運転システムを研究していくという。2020年12月には実用化される見通しだともいわれている。

 無人運転の公道運用で世界をリードする理由について、中国事情に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏はこう話す。

「日本や欧米諸国では、死亡事故でも起きようものなら計画自体が頓挫することになるので、自動運転の試験運用にはかなり慎重にならざるを得ない。一方、中国では死亡事故の1つや2つで国家的プロジェクトが止まるようなことはないため、イケイケドンドンが可能なのです。中国の世論にも安全性を疑う声はありますが、市民の交通マナーの悪さから死亡事故が頻発しているので、『人間の運転よりは自動運転のほうが安心できる』という声も多数あります」

 果たして世界初の試行運転がうまくいくのか、注目だ。
(文=青山大樹)

成田空港の管制塔が『中国からの妨害電波を受けて』通信不能の危機に。抗議してもすぐ再開される模様

1:ザ・ワールド ★:2018/02/16(金) 19:55:03.23 ID:CAP_USER
政府が、中国や北朝鮮からの妨害電波の監視システムをベトナム、フィリピン、インドネシアの3カ国と構築する方針を固めたことが15日、分かった。 世界最高水準の性能を持つ日本製の短波監視装置を各国に配…



まつ毛育毛剤通販