知る

あの頭の壊れた少年の幽霊「デイビット」がついに映画化決定!

投稿日:

david1_e
image credit:YouTube

 驚きのニュースが飛び込んできた。

 以前、カラパイアで紹介した頭の壊れた少年の幽霊「親愛なるデイビッド」(関連記事)の映画化が決定したというのだ!

 しかも、監督を務めるのは、スティーヴン・キング原作の戦慄のホラー映画、「IT」のリメイク版、IT / イット “それ”が見えたら、終わり。」を手掛けた映画プロデューサーのひとりであるダン・リン氏だという。

 これはかなりの恐怖感が味わえそうな本格的なホラー映画に仕上がる予感がする。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

これが絶世の美女と噂された古代エジプト王妃「ネフェルティティ」のご尊顔だ。3Dスキャンで再現された3400年前のミイラの姿

 最新の3D撮像技術を駆使して、ツタンカーメンの義母にあたる「ネフェルティティ」のご尊顔が再現された。

 製作には500時間が費やされ、宝飾品はディオールのデザイナーによって手作りされるという凝りようだ。一方で肌の色については色素が薄すぎるという批判もある。

AIやロボットにも「電子人」としての権利を。エストニアでAIの法的身分確立に向けた動き

 ロボットやAIは単なる個人の所有物ではない。

 北ヨーロッパの共和制国家、エストニアではロボットとAIに法的な身分を与えるべく、その法制化に動き出しているそうだ。

 同国の経済省はこれによって”ロボットエージェント”を作り出そうと目論んでいるらしい。

ロボット戦争:AIの進化が世の中に社会不安を引き起こす(専門家)

 先日、人気オンラインゲーム『ドータ2』の世界大会で催されたエキシビションマッチで、AIをオープンソース化する非営利研究機関「OpenAI」の作り上げたAIが人間のトップランカーを見事に打ち破った。これを受けて、このプロジェクトを支援していたイーロン・マスク氏は次…

人と触れる機会が多いネズミは10年もしないうちに見た目が変化することが判明(スイス研究)

 イヌ、ウシ、ヒツジ、ウマ、ブタ、トリなどなど、過去1万5000年の間、我々の祖先はいくつかの野生動物を家畜化してきた。

 野生のオオカミを従順で手懐けやすいイヌに進化させるため、我々の先祖は動物を選択的に交配してきた。従順さは選択する上で重要な基準であった…

「常に身の危険を感じた」ユタ州ソルトレイク郡の郡長がホームレスに変装してその暮らしを体験(アメリカ)

 米ユタ州ソルトレイク郡の郡長は、新たに保護施設を設置する場所を決定するにあたってホームレスに変装して調査を進めることにした。

 彼はそのときの経験を薬物乱用と暴力のおかげで「常に身の危険を感じていた」と語っている。





まつ毛育毛剤通販