政治

安倍批判者は『自ら墓穴に嵌まり込んで自滅した』と専門家が断定。政策を是々非々で考えられない

投稿日:

1:らむちゃん ★:2018/06/09(土) 20:13:21.72 ID:CAP_USER9

夕刊フジ2018.6.9
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180609/soc1806090004-n1.html

 安倍晋三政権を批判する人は、とかく右派も左派もアベノミクスの柱である経済成長路線や金融緩和まで否定する向きがある。その理由や問題点について考えてみたい。

 アベノミクスと一般にいわれる政策群は、(1)金融政策(2)財政政策(3)成長戦略から成り立っている。(1)はデフレ脱却まで金融緩和(2)は機動的な財政政策の運営(3)は主に規制緩和を行う。

 (1)~(3)の政策メニューは、先進国ではどこでもある政策群なので、あえて名前を入れる必要もないものだが、政治的な考慮から、アベノミクスという名称が使われている。

 実は、多くの人は、政策の中身を考えないで、ネーミングで判断してしまう傾向がある。アベノミクスとネーミングされると、「安倍政権の経済政策」となり、政権批判の人にとってはまず否定すべき対象になってしまう。

 しばしばある政治手法なのだが、実際に経済政策が効果を上げているときには、政権側からネーミングに拘り、あえてネーミングを先行させる。成果を上げている経済政策を政権のおかげであると国民に強く訴えることができるからだ。

同時に、政権批判者は政権の全ての政策を否定しがちなので、良好な経済環境を否定させ、批判者の政策遂行能力について国民が疑問を持つようにもできるのだ。

筆者は別に安倍シンパではなく、20年近く前から、金融政策は雇用政策であると主張してきた。これは世界のマクロ経済学の常識だったからで、その事実を安倍首相のほかにも、自民党や民主党(当時)の幹部に何度も説明してきた。ただし、結果的に政策として実行したのは安倍首相だけだった。

(全文は配信先で読んでください)



続きを読む

続きを読む

-政治

執筆者:


関連記事

加戸愛媛前知事「首相案件、バカバカしいの一言だ」「日本獣医師会の圧力によって、愛媛県や今治市の必死な思いが歪められてきた」

1: サンキュー! ★ 2018/04/13(金) 12:30:29.06 ID:CAP_USER9
「バカバカしいの一言だ。愛媛県が作成したメモが本当だとしても、それが何なの?と思う。(反安倍勢力などによる)最後のあがきではないか」  国家戦略特区での獣医学部新設を「ゆがめられた行政がた…

元毎日記者の報道に河野外相が「嘘を垂れ流すな」と即座に反論 そのような事実は存在しない

1:(^ェ^) ★:2018/08/09(木) 21:41:16.33 ID:CAP_USER9
板垣英憲マスコミ事務所@info82634886河野太郎外相は、シンガポールでのASEAN地域フォーラム閣僚会議中、接触した北朝鮮の李容浩外相から「ふざけんなコノヤロー」と怒られてしまった◆〔特別情報1〕 「北…

文在寅と金正恩、ノーベル平和賞を逃す

  韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩がノーベル平和賞を逃したことが分かった。内心、期待していた本人… Continue Reading »

八代弁護士「憲法で保証されている証言拒絶権を正面突破しようとした野党は馬鹿」

  佐川宣寿元国税庁長官の証人喚問で得られた収穫は「上層部からの指示はなかった」ということだけ。あろ… Continue Reading »

「首相案件」メモに報道ステーションが大喜びするも、国家戦略特区を指すと分かって終了

  森友学園問題が終息したと思ったら、今度は加計学園問題の再燃。安倍首相の秘書官をしていた柳瀬唯夫氏… Continue Reading »





まつ毛育毛剤通販