中国軍

シンガポール行きの金正恩専用機を中国戦闘機護が護衛…最高水準の優遇を検討!

投稿日:

1: たんぽぽ ★
 《 (略) 金委員長が乗った専用機がシンガポールに行くためには平壌(ピョンヤン)を出発してそのほとんどを中国領空内を飛ぶ。これに備えて、中国は金委員長専用機の護衛に自国の戦闘機編隊を動員するなどの最高水準の優遇を検討していると伝えられた。

 ある消息筋は「中国当局はすでにシンガポール米朝首脳会談を控えて中国領空を通る金委員長の専用機儀典のためのチームを設けて作業中であると承知している」とし「中国領空で戦闘機の護衛を含めてさまざまな案が話し合われている」と伝えた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1630a4d79b880189272866
http://japanese.joins.com/article/044/242044.html
引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528272702/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

中国初の「原子力空母」開発計画が明らかに、4隻の空母保有し海軍力を増強…新型原子力潜水艦なども建造!

1: ばーど ★
 《 中国の国有企業が、中国で初めてとなる原子力空母の開発を進める計画を明らかにし、習近平指導部のもとで、「海洋強国」を目指す中国が海軍力の増強を図ろうという姿勢が鮮明となっています。  中国では、2012年に空母「遼寧」が初めて配備された…

「航空母艦・第5世代戦闘機・武装ヘリ…」中国人に作れて日本人に作れない28項目の重要技術…中国メディア!

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★
 《 中国メディア・今日頭条は10月31日「中国には作れて、日本には作れない28項目の重要技術」について紹介する記事を掲載した。  (略) 最初の10項目は「核兵器の小型化技術」、「軍用原子炉技術」、「宇宙ステーション」、「対衛…

中国の新型大陸間弾道ミサイル「東風41」が近く実戦配備か…最大射程は1万2000キロ以上で北米全域に届く!

1: ばーど ★
 《 中国の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風41」が近く実戦配備されるという見方が強まっている。東風41の最大射程は1万2000キロ以上で北米全域に届くと推定。移動式の多弾頭型で従来のICBMよりも迎撃が困難とされる。 東風41配備…

中国ロケット軍が新型弾道ミサイル「東風26」を実戦配備…米グアムも射程内、対艦能力も!

1: ガーディス ★
 《 中国国防省の呉謙報道官は26日の記者会見で、新型の中長距離弾道ミサイル「東風26」がロケット軍に実戦配備されたと明らかにした。  東風26は米軍基地のあるグアムを射程に収め、「グアム・キラー」と呼ばれている。  》 ここまで一部引用、続…

中国軍H-6爆撃機など計6機が沖縄付近で特異飛行…空自戦闘機がスクランブル!

1: ばーど ★
 《 防衛省は23日、H6爆撃機4機など計6機の中国軍機が沖縄本島と宮古島の間の公海上空を飛行したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応に当たった。領空侵犯はなかった。このルートで中国軍機の飛行が確認されたのは昨年…



まつ毛育毛剤通販