中国軍

シンガポール行きの金正恩専用機を中国戦闘機護が護衛…最高水準の優遇を検討!

投稿日:

1: たんぽぽ ★
 《 (略) 金委員長が乗った専用機がシンガポールに行くためには平壌(ピョンヤン)を出発してそのほとんどを中国領空内を飛ぶ。これに備えて、中国は金委員長専用機の護衛に自国の戦闘機編隊を動員するなどの最高水準の優遇を検討していると伝えられた。

 ある消息筋は「中国当局はすでにシンガポール米朝首脳会談を控えて中国領空を通る金委員長の専用機儀典のためのチームを設けて作業中であると承知している」とし「中国領空で戦闘機の護衛を含めてさまざまな案が話し合われている」と伝えた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

1630a4d79b880189272866
http://japanese.joins.com/article/044/242044.html
引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528272702/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

中国産が独自開発した輸出用軍用機「神鷹」の第1号機が完成…9月末にも初飛行予定!

1: きつねうどん ★
 《 中国航空工業貴州飛機公司は、中国が独自開発した輸出用軍用機「神鷹」FTC-2000Gの第1号機完成品が同日、貴州省安順市で納入され、9月末にも初飛行する予定だと発表した。  同機は攻撃をメインの性能にしながらも、戦闘と訓練機能を兼ね備えた…

中国ロケット軍が極超音速兵器のために開発された次世代弾道ミサイル「東風17」の発射実験を実施…2020年頃に実戦配備!

1: ■忍法帖【Lv=14,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 29日付の香港紙、明報によると、中国人民解放軍のロケット軍が11月、極超音速兵器のために開発された次世代弾道ミサイル「東風17」(推定射程1800~2500キロ)の発射実験を2回実施した。…

空母に欠陥発覚?米国へのスパイ容疑?…中国初の国産空母を建造した造船会社社長が拘束される!

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [VN]
 《 中国初の国産空母など海軍艦艇の建造を担う大手国有企業「中国船舶重工集団」の孫波社長が「重大な規律違反と違法行為」の疑いで拘束され、波紋が広がっている。  初の試験航海を行った国産空母の不具合が原因との臆測が出ているほか…

インド軍のSu-30MKI戦闘機レーダーが中国ステルスJ-20を探知し追跡…模擬空中戦を領空内から監視!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CA]
 《 インドのスホイ30MKIレーダーは、チベット上空を飛行中の第5世代殲20(J20)ステルス戦闘機を探知し追跡した。Indian Defence Research Wingが伝えた。  探知に成功したのは、インドとの国境沿いの基地に配備され…

インドの無人機が領空侵犯し中国側に墜落か…中国軍「強烈な不満と反対」を表明!

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★
 《 中国軍の西部戦区統合参謀部作戦局の張水利副局長は7日、インドの無人機が領空侵犯し墜落したとして、インドを非難する談話を発表した。無人機が墜落した場所や具体的な時期は不明。  》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧くだ…




まつ毛育毛剤通販