通信

固定電話のない家庭が増加か。ついに2000万件を割りピークの3分の1に

投稿日:

NTT東西地域会社がまとめた2017年度末の固定電話の契約数は、前年度末比6・9%減の1987万契約となった。

2000万契約を割り込んだのは1971年度末以来、46年ぶり。通信の主役が固定電話から携帯電話に移る中、ピークだった97年11月の6322万契約の約3分の1に減った。

内訳は、加入電話が同6・7%減の1754万契約、総合デジタル通信網(ISDN)が同8・2%減の233万契約。都道府県別で最も減少率が大きかったのは福井県で同8・4%減の11万930契約だった。

一方…
続きはソース元で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00010004-newswitch-ind


続きを読む

続きを読む

-通信

執筆者:


関連記事

【注意】テザリングしないauユーザーは今日中に必ず解約!手遅れになっても知らんぞ

1:名無しさん@涙目です。 2018/03/31(土) 11:00:26.61 ID:GrYHgINf0●.net BE:842343564-2BP(2000)
auの一部プランでテザリングが不要な人は、3月31日までに解約しておこう。4月以降は、月額500円が徴収されてしまう。解約はスマホから行える。テザリング不要なauユーザ…

Wi-Fiの「5GHz」と「2.4GHz」どっち使ってる?

1:風吹けば名無し 2017/12/08(金) 01:07:15.98 ID:cOZsNN4H0.net
やっぱ5?

格安SIM民の6割以上が「店舗で契約」していることが判明

MMD研究所は、2018年版の「格安SIM契約者の契約に関する実態調査」の結果を発表した。格安SIM契約者の約6割が店舗に出向いて契約していたという。
本調査における格安SIMの定義としては、MVNO各社に加えて、MNOのサブブランドを含んでいる。調査対象のうち、Y!mobileを契約…

端末料金と通信料金を切り分ける「分離プラン」、携帯各社からは端末販売の減少を懸念する声

総務省が携帯電話各社への義務づけを決めた端末料金と通信料金を切り分ける「分離プラン」で、端末販売の減少を懸念する声が携帯各社から上がっているという。
中略 KDDIの高橋誠社長は分離プランによって端末値引きができなくなることで、第5世代(5G)移動通信方式が本格…

楽天・三木谷社長、携帯事業について「後発のメリットは大きい」

楽天の三木谷浩史会長兼社長は、新規参入を表明している携帯キャリア事業について語った。曰く、「技術が進歩し、機器も安くなっている。後発のメリットは大きい」という。
三木谷社長は2019年中を予定するサービス開始時に「(グループ全体で)300万人超の会員でスタートで…





まつ毛育毛剤通販