アメリカ

米国、台湾海峡への戦艦派遣を検討…中国の反発必至!

投稿日:

1: Boo ★
 《 米高官がロイターに明らかにしたところによると、米国は台湾海峡への戦艦派遣を検討している。貿易摩擦や北朝鮮の核問題で米中関係が緊迫するなか、中国が激しく反発するのは必至とみられる。

 台湾は中国の一部であるという「一つの中国」原則を掲げる中国は、トランプ米政権の台湾接近を警戒し、台湾周辺の軍事演習などでけん制している。米高官によると、米国は今年に入り航空母艦の派遣を検討したが、実施しなかった。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

762px-Uss_iowa_bb-61_pr
https://jp.reuters.com/article/usa-taiwan-military-idJPKCN1J109E
引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1528177359/
続きを読む

続きを読む

-アメリカ

執筆者:


関連記事

トランプ政権がアフリカ軍の大幅削減を検討、特殊部隊が約12カ国で活動中…高官から反発の声も!

1: みつを ★
 《 米国防総省当局者は4日までに、特殊部隊によるテロ対策などが主要任務の米軍アフリカ軍の規模を大幅に縮小させる案を検討していることを明らかにした。  (略) アフリカ軍は既に米統合参謀本部議長に対し大幅な派兵削減計画を提出。ただ、マティス…

米国防総省が極秘に続けていたUFO研究…過去を含め成果とは?

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 2017年末、米国政府の機密情報が明るみになり、多くの人を驚かせた。説明のつかない飛行物体とみられる現象、いわゆる「UFO」の研究を米国防総省(ペンタゴン)が続けていたのだ。  国防総省のプロジェクト「先端航空宇宙脅威特定計画…

地球に小惑星衝突が差し迫った場合、核爆弾使用も選択肢に…米戦略行動計画!

1: ばーど ★
 《 米政府はこのほど、地球に衝突する恐れがある小惑星や彗星(すいせい)など地球近傍天体への対応方針をまとめた戦略行動計画を公表した。  航空宇宙局(NASA)などの探査能力向上に加え、衝突が差し迫った場合、核爆弾を使ってNEOの軌道変更や破壊を…

米メディアがまとめた世界最強の5大陸軍とは!

 世界が地上戦力を認める米国陸軍。計53万5000人からなり、多くが作戦兵で、現代的な先鋭兵器と強力な後方支援システムを配備。唯一、自身の半球以外で複数部門による作戦行動をする地上戦力を持つ。米国陸軍は実力トップクラスhttp://japanese.china.org.cn/  引用元:htt…

米軍に対し現行の陸海空軍に加えて「宇宙軍」創設を要請…トランプ米大統領!

1: 豆次郎 ★
 《 ドナルド・トランプ米大統領は13日、カリフォルニア州にある米軍基地を訪れ、米軍に対し現行の陸海空軍に加えて「宇宙軍」を創設するよう求めた。  米下院では昨年、一部議員が宇宙軍を創設する条項を盛り込んだ法案を通過させたものの、軍側は新たな…





まつ毛育毛剤通販