ニュース

AIで米国や中国に大きく出遅れている日本に、「世界で勝てる感じがしない、敗戦に近い」と強い危機感

投稿日:

ディープラーニング(深層学習)に代表されるAI技術の活用ビジネスで、米国や中国に比べて大きく出遅れている日本に、松尾豊・東京大学大学院特任准教授は「世界で勝てる感じがしない、敗戦に近い」と、強い危機感を抱いているという。

危機感を抱いているのは松尾氏だけではない。

「日本はヤバい、(米国や中国はもとより)ドイツにも後れを取っている」。これは、AI(人工知能)スタートアップ企業ABEJA(東京・港)の岡田陽介社長 CEO兼CTOの発言だ。今年4月11日、楽天の三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める、新経済連盟主催のイベント「新経済サミット(NEST)2018」の中で開かれたパネルディスカッション「世界のAI戦略の最新動向と日本の立ち位置」で、パネリストの一人として登壇したときのことである。「日本の製造業のAI投資額は、2.5兆円の米アマゾン(・ドット・コム)に比べると桁違いに少ない」(岡田社長)と言うのだ。

同じくパネリストとして登壇した楽天技術研究所の代表である森正弥執行役員は「中国やシンガポールはもっとすごい。中国の(電子商取引大手)アリババ集団はAIに1兆円投資している。日本は勝負にならない」と一刀両断した。
http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00004/00001/


続きを読む

続きを読む

-ニュース

執筆者:


関連記事

母親の交際相手(無職)長女に死んだ金魚を無理やり食べさせ強要などの罪で懲役10年確定…最高裁が上告棄却

男は交際相手の長女に対しタバコの火を舌に押し付けるなどの虐待をしていた
死んだ金魚を多数食べさせたことで強要罪を問われるも「身に覚えがない」と無罪を主張
母親は「男と一緒に食べさせた」として既に有罪が確定している

この2人、長女の飼っていた金魚の水槽に洗剤…

若手研究者の8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答

日本経済新聞が20~40代の若手研究者を対象に実施したアンケートによると、8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答したという。
日本の研究現場が活力を失いつつある。日本経済新聞が連載企画「ニッポンの革新力」の一環で20~40代の研究者141人を対象に実施した…

【悲報】米ツイッター社、全利用者3億3千万人にパスワード変更呼びかけ…適切に暗号化されず保管されていたため

続きを読む

ニコン「5年以内に営業益100億円規模の新事業を展開する」

ニコンの岡昌志副社長は、「営業利益で100億円を超える規模感を、5年以内に実現する」と語ったという。
岡副社長は「企業価値を次のレベルまで押し上げるためには、既存事業の収益性強化だけでは不十分だ」と指摘。「新たな成長エンジンを開発する必要がある」との認識…

イオン「うなぎの代わりにナマズ、豚、鯖のかば焼きを食べよう」

1:風吹けば名無し:2018/06/18(月) 19:26:19.80 ID:Rgc2MOlpa.net

高値が続くうなぎに代わる変わり種商品が多く発表されました。 イオンはきょう、 土用の丑の日に向けて高騰が続くうなぎに代わる代替商品を発表しました。 こちらは近畿大学が開発したうなぎの味に近いナ…




まつ毛育毛剤通販