知る

腸は「第二の脳」は本当だった。腸内のニューロンが結腸を動かし排便活動につながることが判明(オーストラリア研究)

投稿日:

iStock-826555466_e

 脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器と言われている。

 これまで、数々の研究が、腸は「第二の脳」であることを示していたが、世界で初めて、腸内で、排便の際に生じるはっきりとしたニューロン発火のパターンが観測された。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

植物だって攻撃する。生きるために植物が身に着けた巧妙な殺しのテクニック10

 植物は穏やかで実に平和的に見える。植物性だから人体にやさしいなどという逸話すらあったぐらいだ。だがカラパイアを見ている人ならご存じだろう。

 その場からほとんど移動できない植物だが、移動出ない故に驚異的な殺傷能力を秘めている。人を殺すことすら可能なほど…

4万2000年の眠りから覚め、永久凍土に閉じ込められていたワームが生き返る(ロシア・シベリア)※線虫注意

 4万2000年間凍りついていた永久凍土の堆積物のサンプルが溶けて、そこに眠っていた線虫が息を吹き返したことが明らかになった。

 数週間もすると、その線虫は動いて餌を食べ始めたという。冷凍された状態で生存した期間の最長記録更新の瞬間である。

 このことは冷凍…

何がフュージョンしたのか?「半獣半人」っぽい謎の巨大生物が目撃され波紋を呼ぶ(アルゼンチン)※追記あり

 アルゼンチン・サンタフェで謎の巨大生物が目撃されたとして注目を集めてる。

 報道によると、その生き物は「半獣半人」っぽくて、まるでファンタジーの世界から抜け出してきたかのような姿をしていたそうだ。

 だがとてもアグレッシブなタイプで、これまでに2匹の犬…

その見た目、透明なキャビアのごとし。世界各国のシェフが大注目の高級フルーツ「フィンガーライム」とは?

 今、世界中で注目を集めているオーストラリア原産のフルーツがあるようだ。

 「フルーツキャビア」や「キャビアライム」とも呼ばれる、キャビアみたいな柑橘類・フィンガーライムである。

 フルーツなのにキャビア?と不思議なわけだが、料理に美しい彩りを加えるトッ…

巨大な岩に動物、人間、古代儀式などが描かれた2000年前の岩絵が発見される(ベネズエラ)

 ベネズエラ西部で発見された岩絵の特徴は、なんといっても世界最大級だと思われるその大きさだ。長さ304メートルの岩に、少なくとも93もの絵が刻みこまれていたという。

 イギリス・ケンブリッジ大学がこのほど発表した研究結果によると、これらの岩はおよそ2000年前の…





まつ毛育毛剤通販