宇宙

探査機「はやぶさ2」、イオンエンジンの噴射を正常に終了…秒速33キロで小惑星「リュウグウ」に接近中!

投稿日:

1: 記憶たどり。 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、小惑星リュウグウを目指して航行中の探査機「はやぶさ2」が、主エンジンのイオンエンジンの噴射を正常に終了したと発表した。今後は燃料と酸化剤を使って少しずつ接近し、今月21日~7月5日の間に到着する予定。

 (略) イオンエンジンの運転時間は打ち上げ翌年の2015年以降、計6329時間になった。現在は秒速33キロまで加速しており、リュウグウを追いかけるように接近している。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

78bc34f6-s
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000036-mai-sctch 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528093900/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

NASAの次世代宇宙船「オリオン」の試験機が公開…2030年の月周辺へ有人飛行目指す!

1: ガーディス ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は26日、2023年の月周辺への有人飛行を目指して開発中の次世代宇宙船「オリオン」の試験機を、ジョンソン宇宙センターで報道陣に公開した。  オリオンは開発中の大型ロケット「SLS」に搭載され、19~20年…

37年間も使っていなかった噴射エンジン作動に成功…米探査機ボイジャー1号!

1: 孤高の旅人 ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は1日、太陽系外を飛行中の探査機ボイジャー1号に搭載され、37年間も使っていなかった噴射エンジンを動かすことに成功したと発表した。「何十年も車庫に放置した自動車が動いたようなものだ」と驚いている。  》 ここ…

被曝線量が月への有人飛行の障害に…将来にはサイボーグ化で解決も!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]
 《 月への有人宇宙飛行に際して宇宙飛行士がさらされる放射線は、有人飛行を疑問視させるかもしれないと、ロシア科学アカデミー医学生物問題研究所のオレグ・オルロフ所長が指摘した。  (略) 近い将来にこの問題はサイボー…

木星の衛星エウロパに水のプルーム、生命体存在の有力候補に!

1: みつを ★
 《 1997年に米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機ガリレオが木星の衛星エウロパの地表200キロの高度を通過してプルームを通り抜けた際のデータをあらためて分析したところ、水が宇宙に噴出していることを示す根拠が見つかったとの研究結果が、ネイ…

巨大小惑星の地球衝突を防止せよ、ロケットで軌道をそらす方法をNASAなどが検討!

1: しじみ ★
 《 ローレンス・リバモア国立研究所、ロスアラモス国立研究所、アメリカ航空宇宙局など米国の研究チームは、西暦2135年に地球衝突の恐れがあるとされる大型の小惑星ベンヌの軌道をそらすための「アステロイドディフレクター」に関する研究を進めている。 …



まつ毛育毛剤通販