社会

「児ポ界で人気者になりたかった」ダークウェブでTor使用し画像公開の無職逮捕…全国初

投稿日:

-社会

執筆者:


関連記事

海外「何で日本人は宗教を混ぜるんだ!」 様々な宗教が入り混じる日本社会に驚きの声

厚生労働省の統計によると、2015年度の婚姻組数は約63万組、そのうち結婚式を挙げた夫婦は約35万組で、およそ半分だったそうです。挙式は主に教会式、神前式、人前式の3つに分かれますが、一番多いのが教会式で約58パーセント、次に人前式が多く約22パーセント、そして神前式は約18パーセントなのですが、近年神前式の人気は急速に高まっており、10年前に比べ倍増しています。さて今回は、なぜ日本人は教会式で結婚式を挙げるのか

海外「日本人の発想最高だわw」日本のテレビ番組が相変わらず面白すぎると話題に

今回は、毎週水曜日にTBS系列で放送されている、人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」の1コーナーから。「水曜日のダウンタウン」は、芸能人が個人的な様々な「説」をプレゼンし、その「説」が正しいのかを検証していく様子をVTRで紹介する番組で、映像では、「電話中だったら何を渡されても受け取っちゃう説」が、複数の芸能人を巻き込んで検証されています。検証はレベル1から6まであり、最初はハンドマイクと軽い所から

「松戸手当毎月数万円」松戸市の保育士待遇が凄い、今すぐ引っ越せwwwwwwwww

続きを読む

今度は20歳の女性の体内から巨大毛玉が……インドで「ラプンツェル症候群」が続出の謎

今度は20歳の女性の体内から巨大毛玉が……インドで「ラプンツェル症候群」が続出の謎の画像1
ムンバイの20歳女性の胃の中から摘出された髪の毛の塊(「ビジャイ・カルナータカ」より)

 インド最大の都市ムンバイの病院で、20歳の女性の胃の中から巨大な異物が摘出された。その異物の正体は、なんと髪の毛の塊。重さは約750 gに達し、25cm×12cmという大きさだった。
 
 印メディア「ビジャイ・カルナータカ」によると、この女性は自分の髪の毛を食べることがやめられないという食毛症を患っており、胃袋で消化されずに居座る巨大な毛玉のせいで、吐き気と胃痛が常態化していた。このままでは命の危険もあると判断した医師らが、開腹手術に踏み切ったのだ。

 7月には、同国北部のウッタラーカンド州で、やはり幼少期から自身の髪の毛を食べ続けていた16歳の少女の開腹手術が行われ、胃の中から2kgの毛玉が摘出されたばかり。

 さらにその後にも、マディヤ・プラデーシュ州で、13歳の少女の胃の中から250gの毛玉が摘出されている。

 精神ストレスが原因とされる食毛症は、ディズニー映画にもなったグリム童話『髪長姫』の名前から「ラプンツェル症候群」とも呼ばれており、たびたびニュースになっている。しかし、その舞台の多くがインドなのである。

 首都ニューデリー在住の日本人女子留学生(24歳)は、こう話す。

「インドの女性は幼少の頃から髪の毛を長く伸ばす習慣があるので、食毛症の場合は髪の短い人よりもより大量の毛を食べることになるという環境要因がひとつ。またインドでは、長い髪は女性らしさの象徴とされますが、逆に女性であることから受けるストレスが限界に達した時、自分の髪が不満のはけ口や嫌悪の対象になってしまうのでは? 最近、インド各地では自身の知らない間に何者かに髪の毛を切られていたと訴える女性が100人以上現れ、集団ヒステリーではないかといわれているのですが、この事件も同じく、インドの長髪信仰が生んだ闇ではないでしょうか」

 女性への性的暴行事件の横行など、ジェンダーの問題を抱えるインド社会。髪の毛にまつわる数々の事件は、女性の抗議の一種なのかもしれない。

正妻と愛人がタッグを組み、浮気男に怒りの鉄槌! パンツが引き裂かれ、下半身が丸出しに……

正妻と愛人がタッグを組み、浮気男に怒りの鉄槌! パンツが引き裂かれ、下半身が丸出しに……の画像1
女性2人がツープラトンの攻撃で男を攻める

 これまで当サイトでは、中国で頻発する、正妻と愛人との間で繰り広げられるバトルの模様を何度かお伝えしてきた。そのほとんどは、夫の浮気に怒った妻が、仲間を引き連れて街中で愛人をボコボコにしたり、服を引き裂いて晒し者にするといったものだった。

 しかし今回ばかりは、いつもと様相が違ったようだ。

 8月初め、とある団地の敷地内で、上半身裸でパンツ一丁姿の中年の男が、2人の女性に追い掛け回されていた。ひとりの女性は木製のイスを手に持ち、それを振り回して男の体に打ちつける。もうひとりの女性は、その場を逃れようとする男を逃すまいと、男の手をつかんで離さない。

正妻と愛人がタッグを組み、浮気男に怒りの鉄槌! パンツが引き裂かれ、下半身が丸出しに……の画像2
どうやら黒い服の女性が妻で、もうひとりが愛人のようだ

 周りには野次馬が大勢集まっているのだが、彼らはケンカを止めるどころか、面白がって見物している始末。

 そのうちに男のパンツが引き裂かれ、下半身が丸出しに。すると、それまでは防戦一方だった男が激高し始め、女性たちに反撃を始めた。

 現地の報道によると、2人の女性は妻と愛人で、男の浮気に怒った妻と愛人が手を組み、制裁を加えたのだという。そこから想像するに、愛人のほうも、男に妻がいるとは知らされずに付き合っていたのではないかと思われる。

 この様子を捉えた映像が中国版Twitter「微博」にアップされると注目を集め、瞬く間に数百万回を超える再生回数となり、中国だけではなく、イギリスのタブロイド紙「ザ・サン」までが報じることとなった。

 犬も喰わないという夫婦ゲンカだが、これからは中国発エンタテインメントとして、世界で面白がられるようになるかも?
(文=佐久間賢三)




まつ毛育毛剤通販