知る

自称タイムトラベラーたちのとんでもない10の主張

投稿日:

universe-2368403_640_e

 ドラえもんと共に引き出しの中に入ってタイムトラベルができたらどんなに楽しいかしら。と思ったことのある人も多いだろう。

 あらゆる矛盾点にはとりあえず目をつぶって、過去や未来を間近で見たり、都合よく過去のその時に戻って、間違いを正したり、愛する人や果ては自分自身に警告を与えることができたら、それは確かに魅力的だ。

 今現在の我々には技術的にまだ無理なのはわかっているが、未来からやってきたと言われたらどうだろう?

 最近ではタイムトラベラーと名乗る人物が次々と登場し、世間を沸かせている。どう考えても設定に無理があったり、「んなわけあるかい!」とツッコミどころ満載なわけだが、それでも見てしまうのは、どこかに100分の1パーセントの期待があるからなのだろう。きっとそう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ビッグマックを1時間でどれくらい食べられる?マクドナルドの熱烈ファンによる「ビックマック・ミール・チャレンジ」が開催される

 世界各国に展開しているファーストフード店、マクドナルド。それぞれの国でしか食べられないご当地メニューもあるみたいだけど、やっぱ定番のビックマックが大好きって人も多いことだろうそうだろう。

 私もダイエットしていた時期、一番食べたいと思っていたのがビッグ…

初期の月の写真が最新写真のように鮮明な理由。閉店したマクドナルドで行われていた「マックムーン」プロジェクト

 50年前、5機の無人月周回衛星は月の周りを飛び、月の表面の99%を60m以上の解像度で撮影した。それはアポロミッションのために絶好の着陸地点を見つけるためのものだった。ルナ・オービター計画である。

 その写真は宇宙飛行士が何か大発見はないかと歩き回れるくらい大…

NASAが火星に入植者向けの核発電プラントを開発

 核分裂原子炉はウラン原子を半分に分裂し、熱を発生させる。この熱を利用することで発電が可能になる。10キロワットの容量を持つ核原子炉なら、4基で8人が暮らすコロニーを支えることができるそうだ。

 1960年代に継続的に行われた実験から半世紀後、NASAが原子炉の開発…

遭遇しただけで怖いのに、さらに銃で武装しているだと?銃を盗んだクマがシベリア界隈をうろついている件(ロシア)

 これからシベリアに行く予定なら気をつけたほうがいい。
 ただでさえ恐ろしいクマが銃で武装している可能性があるという。
 クマに素手で襲われるか?クマに銃で撃たれるか?
 究極の選択となる。

 今現在、2丁の猟銃を抱えたヒグマが、シベリアのタイガ地帯をうろつ…

猫の運び屋。刑務所内に携帯電話を運び入れるために訓練した猫を使用。職員が発見し映像を公開(コスタリカ)

 刑務所に携帯電話が密かに持ち込まれる問題は、世界的な悩みの種となっている。そんな中、中央アメリカ南部の国、コスタリカは、携帯電話の運び屋として猫を使用した世界初の国になったようだ。

 4月17日、コスタリカ司法省は、アラフエラにあるラ・リフォーマ刑務所に…





まつ毛育毛剤通販