知る

自称タイムトラベラーたちのとんでもない10の主張

投稿日:

universe-2368403_640_e

 ドラえもんと共に引き出しの中に入ってタイムトラベルができたらどんなに楽しいかしら。と思ったことのある人も多いだろう。

 あらゆる矛盾点にはとりあえず目をつぶって、過去や未来を間近で見たり、都合よく過去のその時に戻って、間違いを正したり、愛する人や果ては自分自身に警告を与えることができたら、それは確かに魅力的だ。

 今現在の我々には技術的にまだ無理なのはわかっているが、未来からやってきたと言われたらどうだろう?

 最近ではタイムトラベラーと名乗る人物が次々と登場し、世間を沸かせている。どう考えても設定に無理があったり、「んなわけあるかい!」とツッコミどころ満載なわけだが、それでも見てしまうのは、どこかに100分の1パーセントの期待があるからなのだろう。きっとそう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

白いマントを被った幽霊が大量に?世にも恐ろしい教会「聖ジョージ教会」とその呪われた歴史(チェコ)

 チェコ共和国ルコヴァー村には、世にも恐ろしい教会がある。

 その教会内部には、薄汚れた白いフードですっぽり顔を覆った幽霊のようなものが、祈りを捧げるかのように居座っているのだ。

 凝視しようが二度見しようがそれらはピクリとも動かない。実はこれ、本物の霊…

これは楽しい!短編小説がチケットのように出てくる無料自動販売機が街のいたるところに設置されたフランスの都市

 フランスの南東部に位置するグルノーブル市の中心街では、近年、オレンジと黒のツートンカラーのとある機械が見られるようになった。

 置かれている場所は、駅、自治体の建物、地域の美術館などだ。現在のところ、街の中心部の、約18平方kmの範囲に14台が設置されている…

未来に人間の不死は実現するのか?異星人にも寿命があるのか?人間は今後どのように進化していくのか?

 地球上で生を受けたものは、年をとり、最終的に死を迎える。

 死は絶対不可避なのか?これは、ヘイフリック限界(細胞の分裂回数の限界のこと)を考えることで、理解できるかもしれない。ヘイフリック限界は、細胞の老化の裏にあるメカニズムを説明するのに役立つ概念だ…

AIやロボットにも「電子人」としての権利を。エストニアでAIの法的身分確立に向けた動き

 ロボットやAIは単なる個人の所有物ではない。

 北ヨーロッパの共和制国家、エストニアではロボットとAIに法的な身分を与えるべく、その法制化に動き出しているそうだ。

 同国の経済省はこれによって”ロボットエージェント”を作り出そうと目論んでいるらしい。

悪いことばかりじゃないさ。2017年、世界が少し良くなったことを伝えた14のニュース

 悪いことだけが起きるわけじゃない。悪いニュースばかりが目立っちゃうけど、良いことと悪いことが交互に繰り返されながら歴史は綴られていくもんだ。

 良いことだって見方によっては悪いことだし、悪いことだって良い側面もあったりするし、すっぱりと切り離して考える…





まつ毛育毛剤通販