PCハード

東芝も売却で国産パソコン絶滅の危機。日本勢、どうしてこうなった…

投稿日:

no title
1:名称未設定 2018/06/05(火) 18:34:54.24 ID:CAP_USER

東芝は5日、シャープにパソコン事業を売却すると発表した。東芝は世界初のノートパソコン「ダイナブック」を生んだ草分け的存在だが、実質的にシャープの親会社である台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入る。NECや富士通もパソコン事業を中国企業に売却しており、日本勢のパソコンは外資に敗北したといえる。その背景からは、標準化、低価格化、商品企画力という日本企業の製品作りの弱点が浮かび上がる。

■NEC、独
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31373160V00C18A6000000/


続きを読む

続きを読む

-PCハード

執筆者:


関連記事

NVIDIA、ゲーム向けGPUが好調で純利益89%増

米エヌビディアが16日、2018年5~7月期決算を発表した。純利益は前年同期比89%増の11億100万ドル(約1221億円)だった。
ゲームやデータセンター向けのGPU(画像処理半導体)が好調だった半面で、仮想通貨の採掘(マイニング)向けは大幅に減少した。仮想通貨相場が下…

パソコンの出荷台数、ついに10年前の水準に。年々減ってていよいよヤバそう…

米国の市場調査会社ガートナーは、パソコン市場レポート(速報値)を発表した。2017年の1年間に世界で出荷されたパソコンの台数は、2億6300万台となり、前年比2.8%減だったという。
出荷台数の落ち込みが止まらない パソコンの世界出荷台数は、2011年まで右肩上がりで伸び…

世界最大容量100TBの3.5インチSSD「ExaDrive DC100」が登場。2018年夏には出荷へ

米Nimbus Dataは19日、世界最大容量を謳う100TBの3.5インチSSD「ExaDrive DC100」を発表した。
ラインナップは100TBと50TBの2モデルで、いずれも2018年夏には出荷する。 既存のSSDが速度を重視して開発されたのに対し、ExaDrive DC100は容量と効率を重視。特許取得予定のマ…

世界を変えるためにPCのディスプレイを4Kにしてみた結果…

1:名無し募集中。。。 2017/10/08(日) 20:27:21.41 0.net
世界が変わったと言いたかった!

PCを使えないスマホ世代、ディスプレーを押しながら「電源が入りません」

スマホの機能が向上し、1台あればPCがなくても事足りるようになってきた。特にスマホ世代はPCを使わないがゆえの弊害も出ているという。
若者のスマホ利用の伸びは顕著だ。総務省の2017(平成29)年版「情報通信白書」の中に10代、20代の情報行動の解説がある。まず「2012年…





まつ毛育毛剤通販