ちょっといい話

給料未払いで生活苦の教師、生徒たちから思いがけないプレゼントをもらい涙…教室中が愛で包まれる

投稿日:

給料未払いで生活苦の教師に、生徒たちからサプライズの募金00
ブラジル東部の高校に、代行講師として赴任してきたブルーノ先生。

ところがブラジルでは公務員の給料未払いが社会問題となっていて、すでに2か月も給与が支払われず、生活苦から学校に寝泊まりして教師を続けていました。

そのことを隠していたものの、それを察した生徒たちが先生を支えようと私物を売り払い、寄付することにしたのです。

生徒たちからのサプライズ・プレゼントに感動する様子が、世界中で人気を呼んでいました。

続きを読む

続きを読む

-ちょっといい話

執筆者:


関連記事

「工事現場のナイスガイな作業員が…子どもたちに工事の説明をしてくれた!」ほのぼのとする光景

小さな男の子たちの多くは、工事現場で見る大型の重機や作業機械にワクワクするものです。

しかしながら、興味があっても近づくのは危険なので、指をくわえて遠くから眺めるしかありません。

そんな子どもたちに安全ベストを着せて、じっくり丁寧に説明してあげるナイスガ…

アメリカ人旅行者「京都にパスポートを忘れて東京に来た、出発まで6時間…掲示板の誰か助けて!」→救世主が現れる

アメリカ人の女性旅行者が、京都のホテルにパスポートを忘れたまま東京へ来てしまい、出発まであと6時間というピンチを迎えました。

彼女はダメ元でインターネットの掲示板に相談、その結果どうなったのかをご紹介します。

「近所の床屋が自閉症の子どもの髪を切るとき」称賛されていた1枚の写真

子どもが人見知りだったり、じっと座っているのが苦手だったりすると、理容院や美容院を利用するのも一苦労です。

自閉症の子どもの場合は、さらに怖がったり、拒否したりするケースもあるとのこと。

「うちの床屋はこんな風に自閉症の子の髪の毛を切っている」と題された…

弟から誕生日プレゼントをもらった兄…感動のあまり号泣してしまう

兄の誕生日に、弟が大きな手紙をプレゼント。

兄が文面を読み上げると、突然泣き出してしまいました。

どんな贈り物だったかと言うと……。

マラソン大会を応援するカナダ警察の「あるメッセージ」が人気を呼ぶ

親切な国民性で知られるカナダ。

マラソン大会で警察官が立ち止まって応援していたのですが、その応援メッセージが評判を呼んでいました。

何と書いてあったかと言うと……。





まつ毛育毛剤通販