ちょっといい話

給料未払いで生活苦の教師、生徒たちから思いがけないプレゼントをもらい涙…教室中が愛で包まれる

投稿日:

給料未払いで生活苦の教師に、生徒たちからサプライズの募金00
ブラジル東部の高校に、代行講師として赴任してきたブルーノ先生。

ところがブラジルでは公務員の給料未払いが社会問題となっていて、すでに2か月も給与が支払われず、生活苦から学校に寝泊まりして教師を続けていました。

そのことを隠していたものの、それを察した生徒たちが先生を支えようと私物を売り払い、寄付することにしたのです。

生徒たちからのサプライズ・プレゼントに感動する様子が、世界中で人気を呼んでいました。

続きを読む

続きを読む

-ちょっといい話

執筆者:


関連記事

アメリカ人旅行者「京都にパスポートを忘れて東京に来た、出発まで6時間…掲示板の誰か助けて!」→救世主が現れる

アメリカ人の女性旅行者が、京都のホテルにパスポートを忘れたまま東京へ来てしまい、出発まであと6時間というピンチを迎えました。

彼女はダメ元でインターネットの掲示板に相談、その結果どうなったのかをご紹介します。

「遠くの大学に行く息子がさみしくないように…」母親が用意したものがすばらしいと評判を呼ぶ

家族同様に暮らしてきたペットと離れ離れになるのは、つらいものです。

とある海外のお母さんが、遠くの大学に通うことになった息子がさみしくならないようにと用意したものが、粋であると評判を呼んでいました。

「さすがチアリーダー、こんな2ショット写真が撮れるんだ…」感心する声が続出

ファンとの2ショットに応じるチアリーダーの女性。なんといい笑顔で、良い写真なのでしょう。

ところがこの写真、「さすがチアリーダー!」だと、多くの称賛する声が寄せられていました。

なぜなら……。

「1995年のクリスマスは偉大だった」姉と弟の思い出に多くの人が同意する

クリスマスプレゼントは、いつの時代であろうとうれしいものですが、「95年に姉と僕がもらったギフト」という写真が、飛びぬけてすばらしいと海外サイトで話題を呼んでいました。

23年前の、偉大なプレゼントをご覧ください。

「Uberに病院まで運んでもらった…家族が近くにいないと知ると運転手が付き添ってくれた」2ショット写真が人気を呼ぶ

アプリで自動車配車が可能なサービス“Uber”。アメリカで救急車を呼ぶと高額な医療費を請求されるため、最近は救急車代わりによく利用されているそうです。

ある男性がこのサービスを使って病院に運んでもらったのですが、家族が遠くに住んでいるため、すぐに駆けつけられ…



まつ毛育毛剤通販