知る

7000年前の人類に起きた奇妙な出来事。子孫を残せる男性が激減、女性17人に対してたった1人。その理由とは?

投稿日:

6_e4
image credit:asunow

 およそ7000年前の新石器時代、人間の遺伝子の多様性に奇妙なことが起こった。

 それから2000年以上、アフリカ、ヨーロッパ、アジアで、Y染色体遺伝子の多様性が減少し、子孫を残せる男性が女性17人に対してたったひとりという状態になったという。

 いったいなぜこのようなことが起きたのだろう?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

男性は絶滅してしまうのか?劣化するY染色体問題に対し二分する科学者の見解

 Y染色体は性染色体の一つでありオスのみがもつ染色体である。いわば男性のシンボルと言えるかもしれない。

 Y染色体上には、胚の性別をオスに決定する遺伝子(SRY)があり、オスはX染色体と共にXY、メスはX染色体のみでXXとなる。

 Y染色体は徐々に劣化傾向にあり、こ…

異星人からのメッセージ解読する史上最大の民間科学プロジェクトが発足

 いつの日か、知的生命体からのメッセージ解読にあなたも貢献できる時がくるかもしれない。

 宇宙の謎を解明するにあたって、本職の言語学者、数学者、科学者の仕事だけでは「おそらく十分ではない」と話すのは、アメリカ・オハイオ州ボーリング・グリーン州立大学の言語…

18世紀のフランスで、助産婦の研修に使用された布製の実物大教育用マネキン

 生成りの布で作られた小さな子どもの人形が、布製の子宮から出てきている。これは、分娩を学ぶために作られた史上初の実物大マネキンである。

 18世紀の産科のパイオニアである、フランス人女性のアンジェリーク=マルグリット・デュ・クドレーは、このマネキンを使って…

人はなぜそれを見たがるのか?専門家が語る、犯罪ドキュメンタリーに人気がある12の理由

istock
 現実に起きた忌まわしい犯罪や、実際に存在する冷酷な連続殺人鬼を扱った本やドキュメンタリー番組、ネットコンテンツは昔から大人気だ。

 ではなぜ犯罪ドキュメンタリーに惹かれる人が多いのだろうか? その疑問に対する専門家の答えはこうだ。

地元民騒然。墓地に5日連続で現れた泣き続ける少女の霊(トルコ)

 墓地にまつわる奇妙な体験談の中には、ありえない存在を目撃したという告白も少なくはないのだが最近トルコにて、夜な夜な墓地に現れる少女の霊のニュースが話題となっている。

 先月末、ある墓のそばで泣き続ける謎の少女が連日出没。目撃情報が相次いだため地元警察が…





まつ毛育毛剤通販