知る

7000年前の人類に起きた奇妙な出来事。子孫を残せる男性が激減、女性17人に対してたった1人。その理由とは?

投稿日:

6_e4
image credit:asunow

 およそ7000年前の新石器時代、人間の遺伝子の多様性に奇妙なことが起こった。

 それから2000年以上、アフリカ、ヨーロッパ、アジアで、Y染色体遺伝子の多様性が減少し、子孫を残せる男性が女性17人に対してたったひとりという状態になったという。

 いったいなぜこのようなことが起きたのだろう?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

先史時代の超巨大種を再現するため選択的交配によってつくられた世界最大の子犬「アメリカン・モロッサス種」

 生後9ヶ月にして全長1.8メートル、体重81.6キロのこの子は、世界最大の子犬となるだろう。エノーマス・ユーフラテスちゃんは、先史時代の犬種を再現するために作られた犬だ。
 
 ユーフラテスちゃんは「アメリカン・モロッサス(American Molossus)」という新しい犬種…

選挙の脆弱性を探り出すため。ハッカーたちが投票機へのハッキングに挑戦するデフコン大会(アメリカ)

image credit:twitter Victor Gevers
 7月28日、米ラスベガスのシーザーズパレスで開催された世界最大のハッキングイベント「デフコン(DEFCON)」で、世界中から集結した大勢のハッカーたちが、アメリカで実際に使用されている投票機にハッキングを仕掛けることを許された…

今の世代なら誰もが1度は履いたことがある。ジーンズに関する12のトリビア

 ジーンズ、ちょっと前ならジーパンと呼ばれたデニム素材のズボンは、その名を聞けばすぐに思い浮かぶほどに我々の日常生活に溶け込んできているアイテムである。

 1870年代、ドイツ移民のリーヴァイ・ストラウスは、サンフランシスコで服地店を開き、ネヴァダ州リノの仕…

首狩りの風習があった10の首狩り族

 首狩りは、儀式などの目的のために人の首を切り落としたり、それを保管したりする習慣のことだ。

 首級をあげた人物の武勇の証明、儀式的な力の獲得、死者の死後における奴隷化、戦利品といった意味合いがあった。以下では、首狩りを行なっていた10部族を見ていこう。

いったい誰?4300年前の謎のファラオの頭像が発見される(イスラエル)

 この彫像は、名を知られていないエジプトのファラオの頭部で、イスラエルの古代都市ハツォルで発見された。

 エジプトのピラミッドが建てられたおよそ4300年前に作られたもので、3300年前にヨシュア王率いるイスラエル軍がハツォルを滅ぼしたとき、破壊されたものとされ…



まつ毛育毛剤通販