知る

7000年前の人類に起きた奇妙な出来事。子孫を残せる男性が激減、女性17人に対してたった1人。その理由とは?

投稿日:

6_e4
image credit:asunow

 およそ7000年前の新石器時代、人間の遺伝子の多様性に奇妙なことが起こった。

 それから2000年以上、アフリカ、ヨーロッパ、アジアで、Y染色体遺伝子の多様性が減少し、子孫を残せる男性が女性17人に対してたったひとりという状態になったという。

 いったいなぜこのようなことが起きたのだろう?
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

初めての飛行機の中で子どもが大騒ぎ!そこに救世主現わる。飛行中ずっと子どもたちの面倒を見てくれたおじさん(アメリカ)

 目的地に着くまで降りることのできない飛行機。密室に閉じ込められているだけに些細なことでもストレスが発生する中で、泣き叫んだり騒ぎだす子どもたちの騒音が耐えられないという乗客も多い。特に隣の席なんかだとなおさらだ。

 数週間前、4ヶ月の息子とまだよちよち…

大都会・ニューヨークでトラの目撃情報があり大騒ぎに。警察とメディアが捜索した結果その正体は?

 アメリカ・ニューヨークは言わずと知れた大都会である。

 ハトやネズミ、ファストフードをテイクアウトする動物たち(関連記事)はいるものの、サファリな野生動物にお目にかかることはまずないだろう。

 だからこのニュースにニューヨーカーたちは驚いた。ニューヨーク…

ゴッホが描いた絵が新たに2枚発見される(オランダ)

 オランダのアムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館が、ゴッホの作品のテーマ、スタイル、手法、素材、これまでの来歴を徹底的に調査した。

 その結果、ファン・ヴィッシンゲン芸術文化財団のコレクションの中に未知の絵があることを確認したという。

 この絵の発…

臨死体験は本当にある?人は死後も意識があることを示すサイン

 「死」とは臨床的に、心臓の鼓動が停止した後の状態であると理解されている。血流が止まり、呼吸をしなくなり、脳は停止する。

 それがある瞬間(生)から次の状態(死)への境界だ。

 ところが哲学的には、死の定義は少々異なっており、もはや蘇生できない地点を通過…

トイレに生き物を流すのはダメ、絶対。イギリスの下水道でピラニアが発見され大騒動に発展

 アメリカ・ニューヨークの都市伝説のひとつに「下水道に棲む巨大ワニ」がある。

 小さなワニをトイレに流したところ下水道で巨大化してしまったという伝説のだが、実際にいたというのだから驚きだ。後にこのワニは射殺されたが、なぜ下水道にワニがいたのかは不明である…





まつ毛育毛剤通販