PCハード

シャープが東芝のパソコン事業買収へ。買収額は50億円前後

投稿日:

 17

シャープは4日、東芝のパソコン事業を買収する方針を固めたという。

買収額は50億円前後のもようだ。東芝は構造改革の一環で赤字が続く同事業を切り離す。シャープはパソコンから撤退済みだが、親会社の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業は米パソコン大手から生産を受託しており効率生産のノウハウを持つ。グループ基盤を使って再参入し新たな収益源に育てる。

シャープは東芝が全額を出資する東芝クライアントソリューション(東京・…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31348640U8A600C1TJ2000/


続きを読む

続きを読む

-PCハード

執筆者:


関連記事

東芝がパソコン事業売却で、日本のPCメーカーが絶滅寸前。残るは後2社のみ。どうしてこうなった…

東芝が、パソコン事業を海外企業に売却するとなると、残る日系企業はあと2社だけになるという。
■残る日系パソコンメーカーは? これに先立つ11月2日には、富士通が約1年間の交渉を経て、パソコン事業を来年の4~6月に中国レノボ・グループに売却すると正式に発表していま…

ASUS、GPUカードを20枚差せるマイニング向けマザーボード「H370 Mining Master」を発表

ASUSは、仮想通貨マイニング向けマザーボード「H370 Mining Master」を発表した。GPUスロットを20基も備えているという。
このH370 Mining Masterは、同社の「B250 Mining Expert」の後継モデル。先代も19基ものGPUスロットを備えていると話題になりましたが、本製品はそれ…

いつまで「Sandy Bridge」で消耗してるの?今こそが乗り換えチャンスだぞ

未だに名機「Sandy Bridge」搭載PCのユーザーは少なくないが、昨今のCPU進化は凄まじく、今こそが最新世代へ乗り換えの好機だという。
だが、より詳しく見ていけば、最新世代と旧世代の性能は歴然としていることがすぐに分かる。メインストリームCPUのメニーコア化が2017年…

シャープ、東芝のPC事業買収を検討。鴻海の事業基盤を活用し再参入へ

シャープが東芝のパソコン事業の買収を検討していることが29日分かった。鴻海精密工業の事業基盤を強みに、撤退したパソコン販売の再参入を目指すという。
両社は実務レベルで協議入りしている。東芝のパソコン事業は赤字が続き、てこ入れの一方で売却も検討している。シャ…

スタバでドヤ顔する用のノートPCが欲しいんだけど、おすすめある?

1:名無しさん@おーぷん 2018/01/25(木)14:50:14 ID:P7r
今気になってるのはSurface Book 2
【2017モデル】マイクロソフト 13.5型 Surface Book 2 ノートパソコン タブレット 米国版 (Core i7/1TB/16GB/GTX 1050 discrete GPU w2GB GDDR5) [並行輸入品]posted with amazle…



まつ毛育毛剤通販