海外ニュース

アメリカの鉄鋼関税にEUが報復、10ページにわたる対抗措置を発表…海外の反応

投稿日:

アメリカの鉄鋼関税にEUが報復
日本も含め、トランプ政権が推し進めた鉄鋼関税。それに対しEUが報復措置を発表しました。
(参照:日本がアメリカの鉄鋼輸入制限に対抗措置…海外の反応

10ページに渡る関税の対象製品リストを発表したのです。

続きを読む

続きを読む

-海外ニュース

執筆者:


関連記事

「私のオマ●コ!」お騒がせ女性アーティストが、名画モナ・リザの前でヴァギナをご開帳

「私のオマ●コ!」お騒がせ女性アーティストが、名画モナ・リザの前でヴァギナをご開帳の画像1
目の前で繰り広げられたノーパン大股開きに、モナ・リザもビックリ?(騒動の模様を伝えるフランスのテレビ番組のYouTubeチャンネルより。以下同)

 9月28日、名画「モナ・リザ」の下絵としてレオナルド・ダ・ヴィンチ自身が描いたヌードスケッチと思われる作品が見つかったと、フランスのルーブル美術館が発表した。スケッチには、上半身裸でモナ・リザと似たポーズを取る女性の姿が描かれている。

 まるでそのニュースを予見していたかのようなタイミングの同24日、ルーブル美術館で、あるハプニングが起こった。

 イギリスのタブロイド各紙によると同日、ある女性アーティストが、大勢の観光客がいる中、モナ・リザの前でノーパン大股開きのパフォーマンスを行ったのだという。

 この女性、絵画の周囲に設置されている囲いをくぐり抜けると、着ていた服を脱ぎ捨て、モナ・リザの前にある台の上に座った。

 上半身はビスチェのような服を着ていたが、下半身は何も身に着けておらず、観光客が何事かと驚いて見守る中、自身の股間を見せつけるように両足を大きく開いた。

「私のオマ●コ!」お騒がせ女性アーティストが、名画モナ・リザの前でヴァギナをご開帳の画像2
偶然居合わせた入場者たちは、プロカメラマンばりに、すぐさま撮影を開始

 彼女は事態に気づいた係員にすぐに制止され、部屋の奥へと連行されていったが、連れ去られる前に大声で「モナ・リザ、私のオマ●コ、私の著作権」と叫んでいたという。

 このお騒がせ女性アーティストはルクセンブルク人で、フランス国籍も持つデボラ・デ・ロベルティスさん(33)。彼女はいわゆるパフォーマンス・アーティストで、これまでにもその他の有名美術館に展示されている有名絵画の前で、同じようなノーパン大股開きのパフォーマンスを行う騒ぎを起こしている。今年4月にも、やはりモナ・リザの前で同様の行為に及んでいる。

 ロベルティスさんはマスコミの取材に対して、自身の行動は性器を露出することが目的ではないと言い、「私のメッセージは、芸術の歴史における女性アーティストが置かれた位置に対して、疑問を投げかけること。だから私は、美術館でこういったパフォーマンスをする必要があるのよ」と答えたという。

 果たして、彼女のメッセージは世界に届いたのだろうか? 

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像1
悲壮な表情で格闘を行う少年たちの実際の様子(騰訊視頻繁)

 長い歴史のある闘牛や闘犬に対してですら、世界的な批判の声が高まっているが、中国には親を失った孤児同士をまるで牛や犬のように戦わせ、見世物とする団体が存在するようだ。

 先日、ネット上で「格闘孤児」というタイトルの動画が公開され、そこには小中学生と思われる少年2人が格闘技場のようなステージの上で、激しく殴り合う様子が映し出されていた。この動画は数日間で、1,200万超の再生回数を記録した。 

「京華網」(7月23日付)によると、孤児同士を戦わせていたのは、2000年に四川省成都市内で設立され、これまで400人の孤児を預かってきた保護施設。孤児たちのほとんどは両親と死別したり、育児放棄されて親との同居がかなわない子どもたちだ。この施設の責任者である恩波(エン・ボー)氏は、テロ鎮圧のために組織された中国版SWAT「特警」の元メンバーで、00年の退職を機に、今回の格闘孤児の育成を思いついたという。

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像2
施設の責任者である恩波氏
生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像3
試合前の少年。不安そうな顔が印象的だ

 恩氏は、子どもたちが将来、犯罪の道を歩まないようにという願いも込めて無償で施設運営を行っていると主張。施設の子どもたちは、その代償として格闘技を学び、施設が定期的に開催する格闘技イベントに出場するのだという。もちろんファイトマネーなどは子どもたちに一切支払われていない。

 この施設で暮らす14歳の少年は「試合が始まる前、鉄の格子の中に入れられる瞬間がとても怖いです。ここでの生活は疲れるし、本当につらいです。でも、両親は亡くなっているので、ここで生活するしかありません」と明かしている。

 中国教育部(日本の文部科学省に相当)は、「この施設は児童福祉に関する法律に抵触している可能性があり、調査をすると同時に、すぐに児童を保護し、学校に通えるよう手配を進める」と表明している。

 しかし、ネット上では「この施設がなくなったら、孤児たちの生活はどうなるのか?」という心配の声も上がっている。社会福祉が未整備の中国では、この施設のように衣食住の心配なく孤児たちが暮らせる環境は、そうそうないのである。
(文=青山大樹)

男性に広がる対人恐怖症の現れか? 売春婦を差し置き、豪風俗店でラブドールが人気No.1に

男性に広がる対人恐怖症の現れか? 売春婦を差し置き、豪風俗店でラブドール人気No.1にの画像1
ラブドールのFanny。金髪の白人で、おっぱいはやはり大きめ。アソコの部分も精巧にできている(KontakthofのHPより)

 日本では法律で禁止されている売春も、ヨーロッパでは合法の国が多くある。ドイツとオランダにある「飾り窓」は特に有名だが、オーストリアでも、営業許可証を取れば、売春宿を経営することが可能だ。さらに、外国人が現地に滞在して売春を行うことができる「売春ビザ」まであるという。

 そんなオーストリアのある売春宿が、最近話題になっている。というのも、さまざまなタイプの女性が数多くそろっているのだが、試しにラブドールを1体導入したところ、これが大人気に。予約が殺到し、数日待ちの状態になっていることから、すでに2体目を購入したというのだ。

男性に広がる対人恐怖症の現れか? 売春婦を差し置き、豪風俗店でラブドール人気No.1にの画像2
男性に広がる対人恐怖症の現れか? 売春婦を差し置き、豪風俗店でラブドール人気No.1にの画像3

 この売春宿は、首都・ウイーンにあるKontakthof(コンタクトフ)。身長155cm、体重38kgのラブドール「Fanny」を導入し、1時間あたり80ユーロ(約1万円)で貸し出したところ、本物の女性たちよりも人気で、すぐに予約でいっぱいになったのだという。

 イギリスのタブロイド紙「デイリー・メイル」によると、すでにほかの売春宿もラブドールの購入を検討しているといい、ある経営者は取材に対し「日本製のラブドールは7,000ユーロ(約91万円)もするが、これからラブドールは絶対にはやる。ほかの売春宿も後に続くはずだ」と答えている。

 この傾向について、オーストリアの心理学者は「(本物の女性と違って)ラブドールにならなんでもできるからでしょう」と説明、男性の間で広がる対人恐怖症が原因ではないかと分析している。

 大事な客をラブドールに奪われてしまいそうな本物のセックスワーカーたち。果たして、彼女たちからの巻き返しはあるのだろうか?

カナダ人「路上に車の雪像を作ったら…パトカーはどんな反応をすると思う?」→なんと駐禁切符を切られる

連日の大雪に見舞われているカナダ・ケベック州モントリオール。

現地に住むデザイナーの男性は、雪かきをしているうちにクリエイター魂に火が付き、路上にスポーツカーそっくりの雪像を造りました。

するとしばらくしてからパトカーが近づいてきて……なんと駐車禁止の切…

中国結婚式の“下劣化”が止まらない!? ブライドメイド女性への「スパンキング」を楽しむ男性参列者たち

<p> 高級ホテルでの披露宴や海外での教会ウェディングなど、中国の結婚式は年々派手になる傾向にあるといわれているが、田舎では逆に低俗化する傾向にあるようだ。</p>

<p> 新郎の男性の友人たちが、新郎新婦の寝室に押しかけて花嫁のカラダを触りまくったり、新郎の父親が花嫁にディープキスをしてご祝儀をせしめたりなど、結婚式という祝いの席を台無しにするような醜態があちこちで繰り広げられている(<a href=”http://www.cyz…



まつ毛育毛剤通販