海外ニュース

アメリカの鉄鋼関税にEUが報復、10ページにわたる対抗措置を発表…海外の反応

投稿日:

アメリカの鉄鋼関税にEUが報復
日本も含め、トランプ政権が推し進めた鉄鋼関税。それに対しEUが報復措置を発表しました。
(参照:日本がアメリカの鉄鋼輸入制限に対抗措置…海外の反応

10ページに渡る関税の対象製品リストを発表したのです。

続きを読む

続きを読む

-海外ニュース

執筆者:


関連記事

愛撫されても感じなくなり……妻の豊胸手術が原因でおしどり夫婦が離婚!

愛撫されても感じなくなり……妻の豊胸手術が原因でおしどり夫婦が離婚!の画像1
イメージ画像(Thinkstockより)

 中国で豊胸手術を受ける女性は年間10万人以上に上り、アメリカ、ブラジルに次いで世界第3位の豊胸手術大国になっているという。

 とはいえ、この急激な需要上昇に対して、中国の美容整形業界は正しい知識と技術を持った外科医の数が圧倒的に不足しており、クリニックも玉石混交の状態となっている。中には、数日間の研修を受けただけでいきなり手術を行うニセ医師も数多く存在し、手術失敗の被害も後を絶たない。
 
 そんな中、豊胸手術が原因で夫婦が離婚するという悲劇が起こった。

 章さん(女性)は、浙江省杭州市の美容整形外科クリニックで、2度にわたる美容整形手術を受けた。1度目頬をふっくらさせるための脂肪注入手術で、2度目が豊胸手術。費用は合わせて12万元(約200万円)にも及んだという。

 おっぱいが大きくなって喜んだ章さんとその夫だったが、夜の営みをする段になって異変が起こった。夫におっぱいを愛撫されても、何も感じなくなってしまったのだ。

 そんな妻に対し、夫は次第に嫌気が差すようになり、ついに2人は離婚した。

 章さんは、手術に失敗したことが原因だとして、手術費用の返還を病院側に求めたが、病院側は手術の失敗を認めない。そこで警察に訴えたところ、ようやく費用の一部を返還することに同意したという。

 中国ではここ数年、豊胸手術で胸に入れたシリコンがいつの間にか移動して背中におっぱいができてしまったり(参照記事)、うつぶせになってゲームをしていたら、おっぱいのシリコンが爆発した──などという事件が多発。当局もそのような状況を危惧し、正規の資格を持つ整形外科医の施術を受けるよう人民に訴えかけているのだが、お上の言うことなどに聞く耳を持たない者は多く、料金の安さにつられて怪しい医師や病院で手術を受ける人は、まだまだ多いようだ。
(文=佐久間賢三)

【タイ洞窟】洞窟の少年を救出活動中のダイバーが死亡

1: 記憶たどり。 ★ 2018/07/06(金) 12:06:52.85 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011514761000.html タイ北部の洞窟で少年など13人の救出活動を指揮している責任者は救出活動中の ダイバー1人が死亡したと発表しました。地元のサッカーチ…

カナダ人「路上に車の雪像を作ったら…パトカーはどんな反応をすると思う?」→なんと駐禁切符を切られる

連日の大雪に見舞われているカナダ・ケベック州モントリオール。

現地に住むデザイナーの男性は、雪かきをしているうちにクリエイター魂に火が付き、路上にスポーツカーそっくりの雪像を造りました。

するとしばらくしてからパトカーが近づいてきて……なんと駐車禁止の切…

中国版ユーチューバーがまた問題動画を投稿 「乳がん」口実に、美女たちのおっぱいに……!

<p> 6月中旬、中国版ユーチューバーがしでかしたある行動に批判が殺到した。街中で手品師に扮し、コインマジックを披露すると称して若い女性のおっぱいをモミモミする映像を配信したことから、ネット上で大騒ぎとなったのだ。この男はその後、地元の公安に逮捕され、14日間の拘留処分を受けたという。</p>

<p> あれからたった2カ月しかたっていないのに、また男がやらかした。8月に入り、再びネット上で活動を開始。今度は「女性の乳がんに対する意識向上のための“公益”活動」と称して、若い女性たちに声をかけまくっていたのだ。<br />
</p>

テーブル席での“公然排泄”に、ハエの卵混入スープ……中国飲食店の衛生状態がヤバすぎる!

テーブルでの公然排泄に、ハエの卵混入スープ……中国飲食店の衛生状態がヤバすぎる!の画像1
杭州のレストランで、ほかの客が食事をしている前で子どもに大便をさせる母親

 以前本サイトで、地下鉄の車内で子どもに小便をさせる親を紹介したが(参照記事)、その上をいく母親が現れた。 

「網易新聞」(8月7日付)などによると、浙江省杭州市のレストランで食事中、1歳くらいの子どもが尿意を催したため、母親は食事をしているテーブル脇で小便をさせた。これだけなら中国では特段珍しいことではないが、事はそれだけでは終わらなかった……。子どもは便意も催したのだ。ところが母親は、それでも我が子をトイレに連れて行こうとはせず、近くに置いてあったゴミ箱を手繰り寄せると、なんとそこに大便をさせたのだった。

 隣の席では、ほかの客が普通に食事をしている。にもかかわらず、店の対応は迅速とは言いがたかったたようだ。臭いもさることながら、この季節、衛生上、大問題なのは言うまでもない。

 実際、中国では衛生管理がずさんな店が少なくなく、北京市ではおぞましい事件が起きている。

テーブルでの公然排泄に、ハエの卵混入スープ……中国飲食店の衛生状態がヤバすぎる!の画像2
北京では、ワンタンスープにハエの卵をトッピング!?

「法制晚報」(8月6日付)などによると、女性が中華系ファストチェーン「慶豊包子舗」からワンタンスープをテイクアウトした。家に帰ってフタを開けるなり、女性はトイレへ駆け込み、嘔吐。なぜならスープには、白くて細長い、虫の卵のような粒が無数に浮いていたのだ。
 
 女性が店へクレームを入れると、店長はすぐに謝罪し、迷惑料として100元(約1,600円)を支払った。ところが、話はこれで終わらなかった。女性が中国版Twitter「微博」にこの件を投稿すると、瞬く間に拡散し、大騒ぎになったのだ。事態を重く見た店側はすぐに火消しに動き、「これはエビのヒゲだ」と釈明。検査結果が出てから詳細を公表するとしたが、ネットでは「検査結果も出てないのに声明を出すのは、早すぎるだろ」「どう見てもハエの卵」「エビのヒゲだったら、長いのもあれば短いのもあり、もっと不ぞろいのはずだ」と店側の弁明を信じる者は皆無で、非難が殺到した。

 レストランでの“公然排泄”に、ハエの卵が混入したメニュー……。中国の飲食店の衛生状態は目を覆うばかりだ。
(文=中山介石)





まつ毛育毛剤通販