知る

神経科学者が人間の予知能力の証拠を発見?(米研究)

投稿日:

no title

 未来が見える予知能力は、長い間、神話や伝承、SFのテーマのひとつだった。遥か遠くの出来事をその場にいないのに見通す行為はフィクションの中だけの話とする一方で、予知や予言のようなものがありえるかもしれないことをうかがわせる科学的な研究もある。

 2016年のオーストラリア研究では、人間にはいわゆる直感や第六感と呼ばれるものが存在し、それが物事を決断するときに役立っている可能性があるという(関連記事

 最新の研究によると、研究者たちが予言的先行行動(PAA)と呼ぶ現象の科学的証拠が発見されたという。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

メガネをかけていると知的に見えるが、実際に視力が低い人は頭が良い可能性があるという研究結果(英研究)

 メガネをかけていると知的に見えるが、実際に視力の低さに影響する遺伝子と頭の良さには相関関係があることが、30万486人を対象とする大規模調査で明らかになったそうだ。

 スコットランド・エンディンバラ大学の研究チームが行った、知能の遺伝的土台を調べた最新の研…

古代エジプトで使用されていた10の象徴的文字や記号とその意味

image credit:Jon Bodsworth
 紀元前5000年頃、ナイル川下流域に発達したエジプト文明。周囲を砂漠に囲まれた古代エジプトでは、独特の文化が築き上げられた。

 何千年も昔のことなのに、そこには驚くべき歴史で満ち溢れている。ピラミッド、太陽暦、エジプト数学、ヒエロ…

腸は「第二の脳」は本当だった。腸内のニューロンが結腸を動かし排便活動につながることが判明(オーストラリア研究)

 脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器と言われている。

 これまで、数々の研究が、腸は「第二の脳」であることを示していたが、世界で初めて、腸内で、排便の際に生じるはっきりとしたニューロン発火のパターンが観測された。

ビッグマックを1時間でどれくらい食べられる?マクドナルドの熱烈ファンによる「ビックマック・ミール・チャレンジ」が開催される

 世界各国に展開しているファーストフード店、マクドナルド。それぞれの国でしか食べられないご当地メニューもあるみたいだけど、やっぱ定番のビックマックが大好きって人も多いことだろうそうだろう。

 私もダイエットしていた時期、一番食べたいと思っていたのがビッグ…

太陽の光に囲まれた頭蓋骨がモチーフ。メキシコ・テオティワカンのピラミッドから発見された「死のディスク」

image credit:public domain
 太陽の光に囲まれた恐ろし気な頭蓋骨──この奇妙な彫刻「死のディスク」は、メキシコの古代都市、テオティワカンにある太陽のピラミッドのすぐ下から発見された。

 テオティワカンは、メソアメリカで、紀元前2世紀から6世紀まで繁栄したぶん…





まつ毛育毛剤通販