アメリカ

米国防総省がダークエネルギーを使った超光速ワープエンジン製造に関する文書を発表!

投稿日:

1: 野良ハムスター ★
 《 米国防情報局は、ワープエンジンを製造するためにダークエネルギーや余剰次元の操作を利用する可能性に関する文書を発表した。

 このような技術は、光よりも速く移動することを可能にするが、懐疑的な学者らは、現在及び近い将来にこれらをつくるのは不可能だとの見方を示している。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

cropped-Wormhole_travel_as_envisioned_by_Les_Bossinas_for_NASA
https://jp.sputniknews.com/science/201805284926198/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1527494761/
続きを読む

続きを読む

-アメリカ

執筆者:


関連記事

シリア攻撃にボルトン大統領補佐官の影…イランや北朝鮮を威嚇か!

1: 孤高の旅人 ★
 《 トランプ米大統領によるシリアのアサド政権への軍事行動の決断にボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の影響が指摘されている。国防総省にトランプ氏が訴えていた大規模攻撃への慎重意見がくすぶるなかで、ボルトン氏はトランプ氏を強く励まし…

グーグルは米国防総省が人工知能(AI)開発で協力へ!

1: 野良ハムスター ★
 《 グーグルは米国防総省と、ドローンからの映像を分析する人工知能(AI)を開発する提携を結んだとテクノロジー系ニュースメディア「ギズモード」が報じた。  問題のプロジェクト「Maven」は、AIのアルゴリズムを用いてドローンが撮影した…

ボルトン米大統領補佐官「北朝鮮の非核化はリビア式を念頭に置いてる」…核完全放棄後に制裁解除!

1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [MV]
 《 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は4月29日、FOXニュースなどの報道番組に出演し、トランプ政権が目指す北朝鮮の核放棄の具体的方策について、リビアのカダフィ政権(当時)が核開発計画を放棄する際に…

サンタクロースはどこに?北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)がHPで「追跡」開始!

1: みつを ★
 《 毎年クリスマスに合わせて、子どもたちにプレゼントを届けるサンタクロースが地球のどこを移動しているのかを、ホームページで公開しているアメリカ軍などは、ことしは背景に各地の天気を反映させるという新たな機能を加えたうえで、日本時間の24日午…

米国で日本の専守防衛に異を唱える声「攻撃能力保持は東アジアの安定に寄与する」!

1: しじみ ★
 《 米国が中国の軍拡や北朝鮮の核武装への警戒を高めるにつれ、日本に対して防衛時の攻撃力を取得することへの期待が強まってきた。  2月に開かれた米国議会の大規模な公聴会では、米国の官民代表から、日本の防衛時の攻撃能力保持は東アジア全体の安全…



まつ毛育毛剤通販