宇宙

ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が、地球から20万メートルを通過…小惑星センター!

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]
 《 ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が火曜日、地球付近を通過した。地球との衝突の危機はなかった。スミソニアン天体物理観測所(SAO)が運営している小惑星センターが伝えた。

 「2010WC9」と命名されたその小惑星は、日本時間7時5分、地球から20万3400メートルのところまで接近した。小惑星のスピードは秒速13キロメートルで、直径は119メートルに達する。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

asteroid-1477065_960_720
https://jp.sputniknews.com/science/201805164882225/
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526452102/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

賞金総額は約1億円、火星の二酸化炭素を糖(グルコース)に変えるコンペをNASAが開催!

1: しじみ ★
 《 火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となっています。  このコンペで述べられ…

宇宙で観測できない95%の正体は「暗黒流体」であるという新理論が発表される!

1: 動物園 ★
 《 宇宙の95%を占める「欠けている」部分は観測することができない。それはいったいなぜなのか?現代物理学最大の難問の1つとされていた。だが、イギリス・オックスフォード大学の科学者が打ち出した新理論がこれを解決するかもしれない。  》 ここまで…

遠くに輝く青い光の正体は…活動銀河核「IC 4870」をハッブル宇宙望遠鏡が捉える!

1: プティフランスパン ★
 《 遙か彼方に輝く青煙。地球から2800万光年はなれた活動銀河核「IC 4870」をハッブル宇宙望遠鏡が捉えた。  IC 4870はアメリカの天文学者デリール・スチュワートが1900年に発見したもの。2800万光年も離れていながらもまばゆい光を放つのは…

「こうのとり」7号機が持ち帰る小型回収カプセル、11日に南鳥島沖に落下予定…宇宙基地から日本初の試料回収!

1: 鴎 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、国際宇宙ステーションから実験試料を持ち帰る小型回収カプセルを、11日午前に太平洋上に落下させると発表した。 ステーションから試料を持ち帰る試みは日本初で、独自の回収手段を得られるか注目される。 》 ここまで…

地上と静止軌道とをつなぐ「宇宙エレベーター」…2018年に地上と宇宙で実証実験を目指す!

1: ■忍法帖【Lv=10,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 宇宙エレベーター協会は、地上と静止軌道とを3万6,000km以上のテザー(ケーブル)でつなぐ宇宙輸送機関「宇宙エレベーター」の実現に向け、2018年9月に米ネヴァダ州で技術競技会を行う「GSPEC」計画につ…





まつ毛育毛剤通販