宇宙

ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が、地球から20万メートルを通過…小惑星センター!

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]
 《 ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が火曜日、地球付近を通過した。地球との衝突の危機はなかった。スミソニアン天体物理観測所(SAO)が運営している小惑星センターが伝えた。

 「2010WC9」と命名されたその小惑星は、日本時間7時5分、地球から20万3400メートルのところまで接近した。小惑星のスピードは秒速13キロメートルで、直径は119メートルに達する。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

asteroid-1477065_960_720
https://jp.sputniknews.com/science/201805164882225/
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526452102/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

太陽系の未知の惑星「プラネット・ナイン(第9惑星)」が発見されるまでにはあと1000年かかる!

1: しじみ ★
 《 地球が属する太陽系には、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星に次ぐ第9の惑星「プラネット・ナイン」が存在していると考えられています。この惑星の存在自体はさまざまな観測データなどから90%以上の確率で間違いないと考えられていま…

宇宙に打ち上げられたテスラの自動車、将来、地球と衝突して終わりを迎える可能性!

1: 岩海苔ジョニー ★
 《 米国時間の2月6日(日本時間の7日)に米スペースX社の新型ロケット「ファルコンヘビー」によって打ち上げられた自動車「テスラ・ロードスター」は、現在、太陽のまわりの惑星空間をのんびりと旅している。けれども運命のいたずらにより、将来、…

人類を再び月面に送る…NASAが2028年に有人月着陸計画を発表!

1: みつを ★
 《 NASA=アメリカ航空宇宙局は14日、民間企業と連携して、およそ半世紀ぶりとなる2028年に、人類を再び月面に送る計画を発表しました。  首都ワシントンにあるNASAの本部で記者会見を開いたブランデンスタイン長官は、2024年に宇宙船の着陸試験…

日本が「宇宙エレベーター」創設に一歩踏み出すと報道される!

1: SQNY ★
 《 日本の学者たちが、はじめて宇宙空間で「宇宙エレベーター」システムの実験を行う。「宇宙エレベーター」が完成すれば、将来的には地上から地球周辺の軌道上まで、必要物資のみならず、人間の輸送も潜在的に可能となる。科学系メディア「サイエンス・アラ…

火星探査車「オポチュニティ」が発見した大量の丸い粒「ブルーベリー」の成因を解明!

1: アルカリ性寝屋川市民 ★
 《 2004年にNASAの探査車「オポチュニティ」によって、火星のメリディアーニ平原の地層中から、鉄を主成分とする青黒っぽい色をした5mmほどの丸い粒が大量に発見された。この粒は色や形状から「ブルーベリー」と呼ばれている。  ブルーベ…





まつ毛育毛剤通販