宇宙

ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が、地球から20万メートルを通過…小惑星センター!

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]
 《 ジャンボジェット機ほどの大きさの小惑星が火曜日、地球付近を通過した。地球との衝突の危機はなかった。スミソニアン天体物理観測所(SAO)が運営している小惑星センターが伝えた。

 「2010WC9」と命名されたその小惑星は、日本時間7時5分、地球から20万3400メートルのところまで接近した。小惑星のスピードは秒速13キロメートルで、直径は119メートルに達する。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

asteroid-1477065_960_720
https://jp.sputniknews.com/science/201805164882225/
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526452102/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

ドクロ型小惑星「2015 TB145」が3年ぶりに地球に戻ってくる!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 3年前に地球に大接近したドクロ型小惑星が、今年11月、再び戻ってくることが明らかになった。「2015 TB145」と名付けられたこの小惑星は、2015年10月31日に接近したことから、当時、「ハロウィーン星」とか「グレート・パンプキン(かぼち…

宇宙望遠鏡「ガイア」で観測した、銀河系の詳細な3次元地図を公表…欧州宇宙機関(ESA)!

1: ニライカナイφ ★
 《 欧州宇宙機関(ESA)は1日までに、宇宙望遠鏡「ガイア」で観測した銀河系(天の川銀河)の3次元的な地図を公表した。銀河系近くにある小さな銀河の大マゼラン雲、小マゼラン雲を含め、約17億個の恒星の正確な位置が分かり、これまでで最も詳しい…

人類初の月面着陸からほぼ半世紀、世界各国が競って月面探査、狙いは「水資源」?

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 アポロ11号による人類初の月面着陸からほぼ半世紀。世界の関心は、再び月に向かい始めた。米国は飛行士を月に送る方針を掲げ、新たな宇宙ステーション構想でロシアと合意。欧州や中国も独自の計画を持つ。各国の狙いは、月の「水資源」…

金星探査機「あかつき」により初めて観測された巨大弓状構造が、金星に毎日起こる不思議な現象であることを発見!

1: しじみ ★
 《 金星軌道への投入成功直後の2015年12月、金星探査機「あかつき」は中間赤外カメラ(LIR)および紫外イメージャ(UVI)の観測により、南北方向に約10,000 kmにおよぶ巨大な弓状模様が、秒速100mの風に流されることなく高度70kmの雲頂上に現れていることを発見…

世界最小級ロケット「SS-520」の打ち上げ再挑戦へ、重さ約3キロの衛星を搭載…JAXA!

1: 孤高の旅人 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、今年1月に打ち上げに失敗した世界最小級のロケット「SS520」を、12月25日午前10時~午後2時15分に鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から再び打ち上げると発表した。 …



まつ毛育毛剤通販