宇宙

木星探査機「ガリレオ」の観測データから衛星の噴火をとらえる…ストロンボリ式か?

投稿日:

1: 白夜φ ★
 《 2003年に役目を終えた木星探査機「ガリレオ」の観測データを分析していた米航空宇宙局の研究チームは、木星の衛星イオでは、地球の火山のように、溶岩を激しく噴き上げるストロンボリ式噴火を起こしている証拠をとらえたと発表した。

 NASAが1989年に打ち上げたガリレオは、木星のまわりをまわる軌道に到着した1995年から、大気圏に突入・落下した2003年まで約8年間かけて、木星とその衛星の観測を続けた無人探査機。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

55b9bf0b-s
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24674.html 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1525790174/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

国際宇宙協力専門員募集!非常勤職員、宇宙法に関する情報収集・分析等業務…外務省!

1: みつを ★
 《 非常勤職員の募集(国際宇宙協力専門員(宇宙法に関する情報収集・分析等業務))  (略) 2 勤務内容 (1)宇宙法に関する国際社会の最新の議論や動向に関する情報収集・分析 (2)宇宙分野の新たな法的論点に関する我が国対応方針の企画立案…

宇宙を漂う「スペースデブリ」をハープーン(銛・もり)で突き刺して回収する方法を開発…エアバス!

1: ニライカナイφ ★
 《 壊れて動かなくなった人工衛星や、ロケット打ち上げ時に投棄されたロケットエンジン、そして人為的に破壊された人工衛星の破片など、宇宙空間には宇宙のゴミ「スペースデブリ」が無数に存在し、秒速数kmという超高速で飛びまわり続けています。 …

賞金総額は約1億円、火星の二酸化炭素を糖(グルコース)に変えるコンペをNASAが開催!

1: しじみ ★
 《 火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となっています。  このコンペで述べられ…

世界初の宇宙ホテル「オーロラステーション」が2021~2022年に開業、軌道高度320km…12日間滞在で約10億円!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [KR]
 《 世界初の宇宙ホテルのオープンは2021年~2022年を予定している。サイト「SpaceNews」が報じた。宇宙ステーション「Aurora」でホテルを開く事業を手がけるのは米企業「Orion Span」だ。  ホテルの面積は42平方メー…

火星と木星間にある「小惑星帯」で17個の小惑星に「水」の存在を示す鉱物を発見…JAXAチームが発表!

1: みんと ★
 《 神戸大や宇宙航空研究開発機構(JAXA)のチームは17日、赤外線天文衛星「あかり」で火星と木星の軌道の間にある「小惑星帯」を観測し、17個の小惑星に水の存在を示す鉱物を見つけたと発表した。 》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください…





まつ毛育毛剤通販