宇宙

木星探査機「ガリレオ」の観測データから衛星の噴火をとらえる…ストロンボリ式か?

投稿日:

1: 白夜φ ★
 《 2003年に役目を終えた木星探査機「ガリレオ」の観測データを分析していた米航空宇宙局の研究チームは、木星の衛星イオでは、地球の火山のように、溶岩を激しく噴き上げるストロンボリ式噴火を起こしている証拠をとらえたと発表した。

 NASAが1989年に打ち上げたガリレオは、木星のまわりをまわる軌道に到着した1995年から、大気圏に突入・落下した2003年まで約8年間かけて、木星とその衛星の観測を続けた無人探査機。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

55b9bf0b-s
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24674.html 
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1525790174/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

12年間行方不明だったNASAの人工衛星「IMAGE」をアマチュア天文家が発見!

1: みつを ★
 《 カナダ在住のアマチュア天文家がこのほど、12年間にわたり行方が分からなくなっていた米航空宇宙局(NASA)の人工衛星「IMAGE」を発見した。IMAGEは2005年に交信が途絶え、以降はNASAの科学者も信号を受信できなくなっていた。 …

小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げられてから3年、小惑星「リュウグウ」まで残り600万キロ!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げられ、3日で3年になった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、はやぶさ2は地球と火星の間の軌道にある小惑星「リュウグウ」を目指して順調に飛行中で、リュウグウ到着まで600万キロあ…

宇宙を漂う「スペースデブリ」をハープーン(銛・もり)で突き刺して回収する方法を開発…エアバス!

1: ニライカナイφ ★
 《 壊れて動かなくなった人工衛星や、ロケット打ち上げ時に投棄されたロケットエンジン、そして人為的に破壊された人工衛星の破片など、宇宙空間には宇宙のゴミ「スペースデブリ」が無数に存在し、秒速数kmという超高速で飛びまわり続けています。 …

火星探査に必要なる原子力発電ユニット「Kilopower」を開発…4~5基で10年間電力供給!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 各国の宇宙機関やSpaceXといった企業が、現在最も大きな目標として掲げるのが、火星への有人探査ミッション。そこでは火星の大地に居住施設を設けることも検討され、実際に火星を想定した隔離生活実験も行われています。  (略) NASAの…

宇宙ゴミを軌道に残した国はベスト3…1位アメリカ3999個、2位ロシア3961個、3位中国3475個!

1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 近宇宙には、故障した人工衛星、宇宙ステーション、ロケットなどの破片1万4000個以上が飛んでいる。宇宙ごみは毎日増え続けており、その責任は、三大宇宙大国にあるという。 (略) ロシアは2位で、同国が軌道に残した稼働していな…



まつ毛育毛剤通販