社会

【屯田兵】北海道と大阪のNPO、ニートや引きこもりを農業現場に送り込む就労支援を検討

投稿日:

-社会

執筆者:


関連記事

包茎手術でタケノコ剥ぎ!? アソコ丸出しの患者に追加料金を要求する悪徳医師 

<p> 料金5,000円ポッキリだったはずなのに、個室に入ってズボンを脱ぐと、女の子がブラを脱いだら5,000円プラス、手コキならさらに1万円プラス、生フェラは2万円プラスなどと、さまざまな形でボッタクってくるタケノコ剥ぎ。</p>

<p> 歓楽街の怪しげな性風俗店の中だけの話かと思っていたら、中国では病院の手術台の上で横行しているようだ。</p>

<p>海南省海口市に住む20代の男性・張さんは、包茎の悩みを解決しようと、今月1日、ネットで見つけた病院で手術を受けることにした。</p>

<p> 手術費用は全部で1,150元(約1万8,400円)だと医師から説明されていたにもかかわらず、手術台の上で手術が始まると、張さんは医師からこう告げられた。「あなたの亀頭は少し敏感すぎるので、一緒に神経を除去したほうがいい。手術費用は合わせて3,000元(約4万8,000円)になる」<br />
</p>

仏政府顧問「権力闘争になればわれわれは大砲を持ち出し、ルノーに対して日産株の出資比率を上げるよう要請する」マクロン大統領が安倍首相に協議要請

続きを読む

海外「誰もが日本のアニメに夢中だった」アニメ『赤毛のアン』を今も愛するイタリアの人々

カナダの作家、モンゴメリが1908年に発表した長編小説「赤毛のアン」。孤児院暮らしだったアンが、11歳でカスバート家に引き取られてから、クィーン学院を卒業するまでの5年間を描いた作品で、モンゴメリ自身の少女時代も投影して創作されたそうです。この作品を、1979年にフジテレビがアニメ化。「世界名作劇場」枠にて放送されました(全50話。監督・演出は高畑勲氏)。原作を忠実に映像化したこのアニメ作品は日本で大人気とな

海外「日本の本気を見た!」 日本の過激すぎる交通安全教育に賞賛の声が殺到

今回は、日本の交通安全教育に対する反応です。日本における死亡事故件数は年を追うごとに減少しており、2017年に全国で起きた件数は前年より210件少ない3694件で、これまで最少だった1949年(3790件)を68年ぶりに下回りました。子供(高校生以下)が関わる死亡事故の件数も年々減少していますが、それでも「死傷者」で見ると年間6万人以上が交通事故の犠牲になっており、さらなる交通安全教育の徹底が求められています。そのよう

海外「まさに日本の象徴だ」 天皇陛下の学者としての側面に外国人から驚きの声が続出

長年にわたり、ご公務の合間にハゼ類の分類のご研究をされている天皇陛下。1963年から現在まで32編の御論文を発表されており、直近のものは、「ハゼ科魚類キヌバリとチャガラの核DNAと ミトコンドリアDNAを用いた種分化の解析」で、2016年2月、82才の時に発表された御論文になります。他にもタヌキに関する研究を2編、国立科学博物館にご報告されており、また「ハゼ科魚類の進化」など、6冊の御本を著していらっしゃいます。上記





まつ毛育毛剤通販