知る

あまりにもUFOブームが盛り上がってしまったので、UFO情報の証拠をなかったことにしようとしたイギリス国防省

投稿日:

industry-3296123_640_e

 1997年は、ニューメキシコ州ロズウェルに謎の空飛ぶ円盤が墜落した事件から50年目に当たり、超常現象ドラマ『X-ファイル』シリーズの人気絶頂期であった。

 英語圏を中心にUFOフィーバーが席巻していたのだ。これは大勢の関心を惹きつけたミステリーであったが、しかし英国の国防省に属する情報機関「国防情報参謀部(DIS)」にとって頭痛の種となりつつあった。

 UFOに関する事案に対応するDI55の分析官たちは、UFOマニアからの要請に忙殺されていた。それどころか、議会でも空飛ぶ円盤に関する質問が飛び交い、本来国防に費やすべき時間が奪われてしまっていた。

 そこで上層部は、UFOの目撃報告について徹底的な調査を行い、その正体について金輪際の決着をつけるべく指令を出した。

 だが、新たに明るみになった文書から判明したことは、その調査は客観性からは程遠く、適切に調査されなかった可能性が高いという。

 当初から国防省をUFOの対応から解放することを念頭に行われていたのだ。

続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

お前は常に見張られている。生徒の行動を監視するため、中国の学校で採用された顔認証カメラ

 中学校のころを思い出すと、授業を真剣に聞かず怠けた覚えは多かれ少なかれ誰にでもあるだろう。

 居眠りしたり教科書に落書きしたり友だちに手紙を回したりしたものだが、そういったことは未来の中学生はできなくなるのかもしれない。

 中国浙江省にある杭州第十一中…

全てはピザの為。イタリアの物理学者が「完璧なピザ」を焼くための数式を生み出す。その温度と時間は?

 イタリアのピザの代表的なものといえばマルゲリータだろう。

 イタリア王妃、マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァが、「バジリコの緑、モッツァレラチーズの白、トマトソースの赤がまるでイタリアの国旗を表しているようだ」として気に入り、自らの名を冠したと…

「インドア・ジェネレーション」現代人の多くが毎日をほぼ室内で過ごす。その弊害が懸念される。

 新しい調査によれば、1日の大半を室内で過ごすアメリカ人が増えているそうだ。およそ25パーセントが、自宅と職場の往復に外出するだけで、ほとんどは室内にいると回答した。また女性の85パーセント、男性の67パーセントが寝る前に家事を行なっていると答えている。

 室…

いたるところに巨大猫の彫像が。マレーシアにある猫の町「クチン」

 マレーシア、ボルネオ島北西部にあるサラワク州の州都クチンは「猫の町」として知られている。

 ただし、クチンで出会えるのは、本物の猫よりも彫像の猫の方が多いかもしれない。クチンには猫博物館があり、毎年8月には猫祭りも開催される。

人の思考を解読してリアルタイムで文字に変換する「心を読むマシーン」が開発される(米研究)

 自分の考えていることがダダ漏れになってしまうのは恐ろしい。でも人が何を考えているのかを知りたいと思うことはままあるわけで、その人の仕草や表情から感情や考えていることを読み取る、読心術は昔から研究されてきた。

 技術革新が進んだ現代、人の心を読むのは人で…





まつ毛育毛剤通販