知る

映画「ピーターラビット」を見に来た子どもたちが戦慄!本編上映前に「今年最も恐ろしい映画」の予告が流れるハプニング(オーストラリア)

投稿日:

peter1

 日本では5月18日(金)から公開される長編映画「ピーターラビット」。

 シリーズ累計2億5000万部を売り上げる大人気絵本を映画化したもので、いたずら好きのウサギ・ピーターと仲間たちによるドタバタ&ハートフルストーリーである。

 このかわいらしい映画をめぐって、日本より先に封切られたオーストラリアではちょっとしたホラーな事案が発生したようだ。

 子どもたちの悲鳴が響くトラウマレベルのハプニングだったようなんだが・・・? 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

テレビドラマや映画のワンシーンをタブレットに表示させ、景色を一体化させた面白技「シーンフレーミング」

 ついついとめどなく見続けてしまうテレビドラマシリーズ。一度見たらやめられない止まらない禁断の展開となっていて、ワンクール終わるまでは見続けてしまうのだ。

 フィンランドの人気旅行ブロガーティアさんとサッツさんは、旅行中、面白い試みを開始した。そのドラマ…

「我が国の雲が盗まれている」イランの将官、干ばつが続く理由はイスラエルが雲を盗んでいるからと記者会見で発言

 イランの市民防衛組織のゴラム・レザ・ジャラリ准将が記者会見を開いた。

 そこで「イスラエルはイランの雲を盗み、イラン領空内の雲に働きかけ雨が降らないようにしている」と発言した。

 雨が降らなければ土地は干上がってしまう。イスラエルは水不足による干ばつを…

正体不明とされていた覆面アーティスト「バンクシー」の姿がついに明らかに?旅行者の写真に作品を描く姿が!?

image credit:twitter
 イギリス、ロンドンを拠点に活動する、神出鬼没な覆面アーティストとして知られる「バンクシー」は、現代社会を風刺した作風のグラフィティアートを、世界各国にゲリラ的に描いている。

 2015年には、荒廃したディズニーランドを表現した「Dismalan…

まるでバスクリンを入れたかのようなターコイズブルーの川。その正体は錯視だった(コスタリカ)

 コスタリカのアラフエラを流れる14キロのリオ・セレステという川は完全に謎の存在であった。そこを流れる水は、まるでバスクリンを入れたかのような、着色したかのようなターコイズブルー色で、なぜそんな色をしているのかその理由がまるで分からなかったのだ。

 だが4…

最後にお別れのキスを…した男性の悲劇。女性が舌に噛みついて離れず警察が出動する騒ぎに(中国)

 始まりがあれば終わりもあるというわけで、どんなにらぶりんちょな恋人同士でもお別れする日がくるかもしれない。

 終わりよければすべてよしとかいいつつもきれいに別れるってのはなかなか難しく、切り出した方も切り出された方も心が痛むものなんだ。

 しかし心じゃ…



まつ毛育毛剤通販