知る

映画「ピーターラビット」を見に来た子どもたちが戦慄!本編上映前に「今年最も恐ろしい映画」の予告が流れるハプニング(オーストラリア)

投稿日:

peter1

 日本では5月18日(金)から公開される長編映画「ピーターラビット」。

 シリーズ累計2億5000万部を売り上げる大人気絵本を映画化したもので、いたずら好きのウサギ・ピーターと仲間たちによるドタバタ&ハートフルストーリーである。

 このかわいらしい映画をめぐって、日本より先に封切られたオーストラリアではちょっとしたホラーな事案が発生したようだ。

 子どもたちの悲鳴が響くトラウマレベルのハプニングだったようなんだが・・・? 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

氷河期の到来か? 太陽の黒点が消え始める時、地球の寒冷化が進む

 太陽はおよそ11年の周期で極大期と極小期を繰り返している。前回、極小期がしばらく続き小氷河期が到来した時期は、「マウンダー極小期」と呼ばれており、70年間続いた。

 太陽極大期には、太陽がより多くの熱を放ち、黒点が増える。一方、太陽極小期になると、磁気波が…

アラクノフォビア(蜘蛛恐怖症)もここまでくると・・・・ ガスバーナーで家にいるクモを全て焼き払おうとした結果家まで燃えちゃったよ(アメリカ)

 様々な恐怖症はあるが、そのナンバーワンに君臨するのがアラクノフォビア(蜘蛛恐怖症)である。病的なまでに蜘蛛に対しての恐怖を感じてしまうのだ。

 この家主がアラクノフォビアだったのかどうかはわからない。アメリカ・アリゾナ州、ツーソンに住む男性は、とにかく…

ニコラ・テスラは異星人と接触していたのか?彼が作り上げた人類初のUFO

 19世紀中期から20世紀中期に活躍した発明家、ニコラ・テスラ(1856年7月10日 – 1943年1月7日)。蛍光灯や空中放電実験で有名なテスラコイルなど数々の発明でその名を歴史に刻んでいる。

 ニコラ・テスラは当時、その抜きんでた創造力と発想で新たなる文明をもたらした。…

18世紀のフランスで、助産婦の研修に使用された布製の実物大教育用マネキン

 生成りの布で作られた小さな子どもの人形が、布製の子宮から出てきている。これは、分娩を学ぶために作られた史上初の実物大マネキンである。

 18世紀の産科のパイオニアである、フランス人女性のアンジェリーク=マルグリット・デュ・クドレーは、このマネキンを使って…

腸内細菌が脳に語りかける通信チャンネルらしきものが発見される(米研究)

 脳と腸内細菌に関係があることを示す証拠は枚挙にいとまがない。だが、その関係がどのようにして成り立っているのかについてはちょっとした謎であった。

 この度、一部の腸内細菌と脳の通信チャンネルらしきものが発見された。その経路の働きは自閉症の発症メカニズムを…



まつ毛育毛剤通販