知る

ペットショップで日本スピッツの子犬を購入したところ、しばらくたってキツネであることが判明(中国)

投稿日:

puppy

 中国、山西省に住むワンさんという女性は、昨年の7月に、ペットショップから子犬を買った。代金は約2万円。日本スピッツの子犬だと説明された。

 しかし、この子犬、何だかおかしいのである。

 まずドッグフードを食べようとしない。それだけならまあ、好き嫌いとかの理由も考えられるが、この「子犬」の変わっている点はそれだけではなかった。スピッツなのに全然吠えない。毛皮もどんどん厚くなっていく。

 ワンさんは悩んだ挙句、動物園の専門家に相談してみた。

 すると果たして、衝撃の事実が判明したのである。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた

 そのサンタはパパ。しかもあのトールキンなのである。

 『ホビットの冒険』や『指輪物語』の著者として知られているイギリスの作家、J・R・R・トールキンは、16歳の時に3歳年上の女性、エディスと出会い恋に落ちた。神父から21歳になるまで彼女と会うことも手紙をやり取…

やはり政府の秘密プロジェクトだったのか!?アマゾンのAI「アレクサ」にケム・トレイルについて尋ねたところ陰謀論を語り出す

 アマゾンのスマートスピーカー、Amazon Echo (アマゾン・エコー)(Amazon Echo)」シリーズに組み込まれている対話型の人工知能(AI)アシスタント・アレクサ(Alexa)。

 基本的にはiPhoneのアシスタント機能「Siri」に似ているが、どの方向からでも高い精度で音声を聞き取…

寿司を使って複雑な科学を説明するサイエンティスト

 米ジョンズ・ホプキンス大学で臨床心理学を専門とするポスドク研究員、ジャネール・レッツェン氏は、科学を自分の趣味を融合させてみることにした。

 そう。寿司だ。SUSHIアートだ。

 彼女は自身のイスタグラム the_sushi_scientist で、マグロ、アボカド、カニといっ…

SFかよ!皮膚に置くだけで生体組織を修復。驚異のナノチップデバイス(米研究)

 怪我をした部分の皮膚に電子デバイスを乗せてピピッと稼働させると、数日で損傷が修復してしまう。最新ナノチップテクノロジーでやろうとしているのはこれだ。皮膚細胞を再プログラムして、組織や内臓丸ごとすら置き換えてしまうのである。

 それはティシュー・ナノトラ…

大寒波っていうけどロシアに比べれば… 見よ、これが氷点下65度の世界だ。

 世界各地が大寒波に襲来されている。ナイアガラの滝は凍り、フロリダでは30年ぶりの雪が降るなど、寒さを伝えるニュースが届いているが、寒さの大本山、ロシアの極東やシベリア地区ではどうなっているのだろう?

 通常でも冬場は-50℃(氷点下50度)くらいだというのも…



まつ毛育毛剤通販