宇宙

木星の衛星エウロパに水のプルーム、生命体存在の有力候補に!

投稿日:

1: みつを ★
 《 1997年に米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機ガリレオが木星の衛星エウロパの地表200キロの高度を通過してプルームを通り抜けた際のデータをあらためて分析したところ、水が宇宙に噴出していることを示す根拠が見つかったとの研究結果が、ネイチャー・アストロノミー誌に掲載された。これにより、エウロパは地球外生命体が存在する可能性のある有力な候補となった。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

35f42fb6
https://jp.reuters.com/article/jupiter-idJPKCN1IG0LE 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526412523/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

宇宙が予想以上の速さで膨張している…ハッブル定数の最新値は既存理論で説明不可能!

1: 野良ハムスター ★
 《 宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)などの研究チームは、NASAのハッブル宇宙望遠鏡による最新の観測データを用いて、宇宙の膨張速度を精密に計算した。その速度は従来予想されていた値よりもかなり速く、既存の宇宙論では説明がつかないものであること…

土星の衛星エンケラドスに「メタン菌」生息環境が存在する可能性…英科学誌!

1: イレイザー ★
 《 土星の衛星の一つを調査している研究チームは27日、地球外生命の探査では、太陽系を超えて探す必要はないかもしれないとする研究論文を発表した。  英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表された論文によると、土星の衛星で氷に覆われ…

まるでマグマ地獄!木星探査機ジュノーがとらえた木星の北極と南極に渦巻く巨大サイクロンの画像!

1: 自治郎 ★
 《    米航空宇宙局(NASA)は8日、無人探査機ジュノーが初めてとらえた木星の北極と南極に渦巻く巨大サイクロンの画像を公開した。赤外線観測装置で撮影された画像には、中心のサイクロンを取り囲むように、複数の小さなサイクロンが幾何学的に並んでお…

海から蒸発の水が24万キロ以上先まで宇宙に広がる…超小型探査機で撮影!

1: たんぽぽ ★
 《 海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初という。  》 …

世界最小級ロケット「SS-520」の打ち上げ再挑戦へ、重さ約3キロの衛星を搭載…JAXA!

1: 孤高の旅人 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、今年1月に打ち上げに失敗した世界最小級のロケット「SS520」を、12月25日午前10時~午後2時15分に鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から再び打ち上げると発表した。 …



まつ毛育毛剤通販