宇宙

木星の衛星エウロパに水のプルーム、生命体存在の有力候補に!

投稿日:

1: みつを ★
 《 1997年に米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機ガリレオが木星の衛星エウロパの地表200キロの高度を通過してプルームを通り抜けた際のデータをあらためて分析したところ、水が宇宙に噴出していることを示す根拠が見つかったとの研究結果が、ネイチャー・アストロノミー誌に掲載された。これにより、エウロパは地球外生命体が存在する可能性のある有力な候補となった。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

35f42fb6
https://jp.reuters.com/article/jupiter-idJPKCN1IG0LE 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526412523/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

観測史上初の恒星間天体である「偵察兵」の故郷は連星系!

1: ガーディス ★
 《 最新の研究によると、観測史上初の恒星間天体である「オウムアムア」は連星系からやってきた可能性が高いようだ。  ハワイ語で「偵察兵、斥候」の意味の名を持つ「オウムアムア」は、2017年10月19日に米・ハワイのハレアカラ天文台で発見された差…

情報収集衛星レーダー6号機を搭載したH2Aロケット39号機、打ち上げ成功…種子島宇宙センター!

1: プティフランスパン ★
 《 政府の情報収集衛星レーダー6号機を搭載したH2Aロケット39号機が12日午後1時20分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。順調に行けば、衛星を予定の軌道に投入できたかどうかは約30分後に判明する見通し。  …

太陽系外から飛んできた初の「恒星間天体」、葉巻形の小惑星…偵察者を意味する「オウムアムア」と命名!

1: プティフランスパン ★
 《 観測史上初めて太陽系外から飛んできた「恒星間天体」と認定された小惑星が、細長い葉巻のような形をしていることが分かったと米航空宇宙局(NASA)が20日、発表した。「太陽系以外の恒星やその周りの惑星がどのように形成されたかを…

「液化メタン」を燃料に用いた次世代ロケットエンジンを2020年代後半にも実用化…IHI!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 IHIは、「液化メタン」を燃料に用いた次世代ロケットエンジンを2020年代後半にも実用化する。  従来のエンジンよりも小型で、繰り返し使えるのが特長で、火星の探査などで長期の運用が期待できる。将来、「宇宙旅行」が、より…

ケプラー宇宙望遠鏡があと数か月で燃料切れ、ミッション終了へ…打ち上げから9年!

1: しじみ ★
 《 NASAが、ケプラー宇宙望遠鏡があと数か月で姿勢を保てなくなり、ミッションを終了する見込みだと発表しました。  その理由は推進剤の枯渇。ケプラーは当初6年間でお役御免となる予定でしたが、打ち上げ前に予定より多く推進剤を搭載できたこともあっ…





まつ毛育毛剤通販