科学

眼球からレーザーを放つ「コンタクト型レーザー」の開発に研究者らが成功!

投稿日:

1: きつねうどん ★
 《 眼球に装着しレーザーを発射できるという、まるでヒーローが持つスーパーパワーのような技能を一般人でも身につけることができる「コンタクト型レーザー」の開発に研究者たちが成功しました。

 自然界に存在しないレーザー光は、精密な計測器や医療機器などに使用されていますが、従来のレーザー光を放出する装置は硬い支持基盤を必要とし、柔らかい物体の上に取り付けることは困難とされてきました。そこで、セント・アンドルーズ大学の マルテ・ギャザー教授らの研究チームは、厚さ200ナノメートル(約0.0002ミリメートル)の超薄型レーザーを開発する研究をスタートしたとのこと。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

20121221022937691
https://gigazine.net/news/20180514-contacts-shoot-lasers-from-eyes/
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526268750/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

SF作品では登場してる技術で残念ながら実現が無理っぽいものを挙げてみよう!

1: Ψ
宇宙船のワープ航法(´・ω・`)http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526908988/引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526908988/

宇宙誕生の謎に迫る巨大実験施設「国際リニアコライダー」誘致論議始まる…建設費は7000億円の予定!

1: ガーディス ★
 《 「国際リニアコライダー」は、光とほぼ同じ速さに加速した素粒子を衝突させることで、宇宙が誕生した直後の状態を再現する巨大な実験施設です。東北の北上山地が候補地となっている一方、建設費は本体と測定器で少なくとも7000億円を超えると見られ…

世界5位の速さ誇る、国内最速スパコン「ABCI」が運用開始、AI開発に特化W…産総研と富士通が開発!

1: すらいむ ★
 《 (略) スーパーコンピューターは産業技術総合研究所が富士通と開発し、千葉県柏市の東京大学のキャンパスの中の施設に導入されました。  名前は「ABCI」と名付けられ、実際に測定された計算速度は1秒間におよそ2京回と、国内では最速で世…

三菱重工が世界最大の洋上風力発電機を実用化へ…出力1万キロワット超!

1: アーモンドクッキー ★
 《 三菱重工業や独シーメンスなどは世界最大となる出力1万キロワット超の洋上風力発電機を実用化する。  世界で洋上風力の電力買い取り価格がここ数年で3分の1に下落する中、超大型化で建設コストを引き下げる。  》 ここまで一部引用、…

量子エニグマ暗号技術で光ファイバー回線のセキュリティ向上へ!

1: しじみ ★
 《 玉川大学は3月8日、量子エニグマ暗号トランシーバーをネットワークに応用し、安全性を高めた低遅延な全光ネットワーク技術を実証したと発表した。  (略) そうした状況を受けて玉川大学では、光ファイバー回線の安全性を高めるために「量子エニグマ暗…





まつ毛育毛剤通販