科学

眼球からレーザーを放つ「コンタクト型レーザー」の開発に研究者らが成功!

投稿日:

1: きつねうどん ★
 《 眼球に装着しレーザーを発射できるという、まるでヒーローが持つスーパーパワーのような技能を一般人でも身につけることができる「コンタクト型レーザー」の開発に研究者たちが成功しました。

 自然界に存在しないレーザー光は、精密な計測器や医療機器などに使用されていますが、従来のレーザー光を放出する装置は硬い支持基盤を必要とし、柔らかい物体の上に取り付けることは困難とされてきました。そこで、セント・アンドルーズ大学の マルテ・ギャザー教授らの研究チームは、厚さ200ナノメートル(約0.0002ミリメートル)の超薄型レーザーを開発する研究をスタートしたとのこと。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

20121221022937691
https://gigazine.net/news/20180514-contacts-shoot-lasers-from-eyes/
引用元: ・http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526268750/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

量子エニグマ暗号技術で光ファイバー回線のセキュリティ向上へ!

1: しじみ ★
 《 玉川大学は3月8日、量子エニグマ暗号トランシーバーをネットワークに応用し、安全性を高めた低遅延な全光ネットワーク技術を実証したと発表した。  (略) そうした状況を受けて玉川大学では、光ファイバー回線の安全性を高めるために「量子エニグマ暗…

タイムマシンは造れるのか?「父を救いたい」米コネチカット大学物理学教授の夢!

1: みつを ★
 《 タイムトラベルは空想の産物のように聞こえるかもしれないが、実現可能だと考える科学者もいる。BBC番組「ホライズン」は、サイエンスフィクションの定番を現実にするための、特に有望なアイデアをいくつか紹介する。」  ロン・マレット氏には夢があ…

空気中の酸素と化学反応してエネルギーを生成する「リチウム空気電池」開発へ!

1: ニライカナイφ ★
 《 ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)は4月11日、IoT機器向けに、空気中の酸素と化学反応してエネルギーを生成する「リチウム空気電池」を共同開発すると発表した。実現すれば、従来のリチウムイオン電池と比べて、重量エネルギー密度(重…

ホーキング博士、超人類と旧人類の争い…遺作でゲノム編集を選択した裕福な人類が生存競争の覇者になると予測!

1: がしゃーんがしゃーん ★
 《 今年の3月に亡くなった理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士だが、死してなお我々に影響を与える存在となっている。  博士は、最近出版されたエッセイ集『Brief Answers to the Big Questions』のなかで「超人類」の登場を予言…

物体をナノスケールに縮小できる新技術をMITが開発…元の大きさの1000分の1に縮小!

1: ニライカナイφ ★
 《 米マサチューセッツ工科大学(MIT)はこのほど、レーザーを使って物体をナノスケールに縮小できる技術を開発したと発表した。単純な構造の物体であれば、どんな物でも元の大きさの1000分の1に縮小できるとしている。  「インプロ―ジ…





まつ毛育毛剤通販