自民党

【パヨク速報】麻生副総理「あの見てくれの悪い(北朝鮮の)飛行機が無事シンガポールまで飛んでいってくれることを期待するが、途中で落ちたら話にならん」

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/05/16(水) 21:16:13.70 ID:eQCLd+9L0 BE:723460949-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ダウンロード (29)

北朝鮮専用機「途中で落ちたら」 / 米朝会談、麻生財務相が言及

 麻生太郎副総理兼財務相は16日、東京都内で講演し、6月12日にシンガポールで
予定する米朝首脳会談に関連し「あの見てくれの悪い(北朝鮮の)飛行機が無事
シンガポールまで飛んでいってくれることを期待するが、途中で落ちたら話に
ならん」
などと述べた。金正恩朝鮮労働党委員長が搭乗する専用機への言及と
みられる。
(略)軽率との批判を招きそうだ。

https://this.kiji.is/369456587724850273?c=39550187727945729
人気ブログランキング

続きを読む

続きを読む

-自民党

執筆者:


関連記事

稲田朋美前防衛相にセクシー写真集のオファー!? 出版界に鳴り響く「Iアラート」とは

稲田朋美前防衛相にセクシー写真集のオファー!? 出版界に鳴り響く「Iアラート」とはの画像1
『私は日本を守りたい 家族、ふるさと、わが祖国』

 北朝鮮のミサイル発射を受け、8月29日早朝に避難を呼びかける「Jアラート」が“注意が必要な地域”で鳴り響いたが、出版界では「Iアラート」が発報され、政界、マスコミ関係者を“不安”にさせているという。いったいどういうことか?

「なんでも、稲田朋美前防衛相の写真集の出版計画が水面下で進行しているというのです。仕掛けているのは、小泉純一郎元総理や上西小百合衆議院、小池百合子都知事の写真を手がけた名物出版プロデューサー。奇抜なファッションが話題を呼んできた稲田氏だけに、写真集でもミニスカや網タイツといったセクシーかつフェミニンなカットを盛り込みたい意向のようです。稲田氏は目立ちたがり気質でもあり、このオファーに前向きのようですが、いかんせん時期が悪いということでタイミングを見計らっているところだといいます。稲田氏には“あのライバル”への対抗心もあるのではないですか」(民放プロデューサー)

 稲田氏の“ライバル”といえば、女性防衛相という同じキャリアを持つ小池百合子東京都知事。小池氏は写真集を発売し、オリコン週間“本”ランキングの写真集部門で1位を獲得。芳根京子、乃木坂46・白石麻衣といった人気女優の写真集を抑えての快挙となっている。出版する側としては“二匹目のどじょう”を狙おうというわけだ。

「稲田氏は7月24、25日に開かれた衆参予算委員会の閉会中審査の場でも、はやりの赤い口紅と丸ぶちメガネ、耳には2つのダイヤのピアスとおしゃれは絶対に忘れない。南スーダンにおける国連平和維持活動(PKO)の日報問題で辞任を表明した際にもおなじみのまつ毛エクステで臨んだほどの“ファッションリーダー”です。年内総選挙の可能性も出てきているだけに、本人はいいプロモーションになると思っているかもしれません。しかし、今や『嫌いな有名人ランキング』で上位に名前が挙がる逆風のさなか。北朝鮮との緊張が高まる中での出版は凶と出る可能性のほうが高そうですが……」(政治部記者)

 北朝鮮のミサイルより先に“暴発”しそうな気配だが、もし本当に出版となれば、はたして国民からの支持は得られるのだろうか。

【ド正論】安倍総理「世論調査でなく国民投票こそが全ての有権者である国民の声を聴くという事だ!」

安倍首相、9条改憲案「世論調査でなく国民投票に付すことが国民の声を聴くことだ」 https://t.co/ONvAwQoDBN— 産経ニュース (@Sankei_news) 2018年4月9日

 

【膿】自民・村上誠一郎「安倍政権には基本的な良心が欠けている」「安倍麻生両氏は、即刻退陣すべきだ」(AERA)

1: クロ ★ 2018/05/09(水) 12:25:37.22 ID:CAP_USER9
「安倍政権には基本的な良心が欠けている」村上誠一郎・元行革相が徹底批判 安倍晋三首相の政権運営に一貫して物申してきた村上誠一郎・元行革相。 自民党の大ベテランは本誌に、「即刻退陣すべきだ」と言い切った…

【ワロタw】麻生大臣「北朝鮮の見てくれの悪い飛行機がシンガポールまで無事飛ぶことを期待するが途中で落ちたら話にならん!」

麻生太郎副総理「見てくれの悪い飛行機が…」 北朝鮮専用機に皮肉?https://t.co/Z9Njpz29jd pic.twitter.com/vm2KiNusz9— 産経ニュース (@Sankei_news) 2018年5月16日

 

「バッジを外したい……」“略奪不倫疑惑”で追い詰められた今井絵理子が議員辞職の意向

「バッジを外したい……」略奪不倫疑惑で追い詰められた今井絵理子が議員辞職の意向の画像1
今井絵理子公式サイトより

 妻子ある橋本健・元神戸市議(37)と略奪不倫疑惑を報じられた、自民党・今井絵理子参院議員(33)が追い詰められている。ついに、自ら「バッジを外したい」と漏らしているというのだ。

 政治関係者は「週刊誌で『新幹線手つなぎ爆睡』や『ホテルをパジャマでうろつく姿』を撮られるという脇の甘さに、自民党の重鎮が激怒。今井議員は呼び出しを食らい、事情聴取を受け、厳重注意されたようです」と声をひそめる。これが、今井の心を傷つけたようだ。

「今井議員は小さいころからスーパーアイドルとして活躍していたこともあり、これまで褒められてチヤホヤされることはあっても、怒られた経験がない。しかも、メディアにこれだけ叩かれたことも初体験。覇気がなくなり、周囲に『もう議員なんてイヤだ』と泣きを入れているようです」(同)

 そもそも今井の国会議員としての資質を疑う声は、当選直後からあった。沖縄県生まれながら、米軍基地問題について自らの見解を述べることができず「これから勉強します」と繰り返すばかり。まともに政策を話すことができないどころか、立法府の仕組みさえも理解できていない状態だったという。さらに、当選から1年たったが、国会での質問回数は4回だけ。

「実力のなさ、政治家に向いていないことは、本人が一番わかっているようです。かといって、真剣に勉強しようという気もサラサラなく、不倫に明け暮れる体たらく。さらにそれが報じられると、一目散に逃亡して国民への説明も果たさない。みっともないとしか言いようがありません。このまま議員をやっていても、自民党のイメージが悪くなるだけ。今井議員が所属する麻生派の派閥関係者は今井に辞められては困ると、強く慰留するでしょうが、そのほかの自民党関係者は早く議員辞職してもらいたいというのが本音のようです」(同)

 2016年夏の参議院選挙では看板候補として約32万票を獲得。自民党比例選出議員としては、5番目の得票数という貢献ぶりだったが、いまやお荷物に成り下がってしまったというわけだ。

 10月には青森4区、新潟5区、愛媛3区の3選挙区で衆院補選が行われるばかりか、年内の衆議院解散がささやかれている。自民党にとって、これ以上のイメージ悪化は避けたいところ。近く、今井が一般人に戻る日が来るかもしれない。



まつ毛育毛剤通販