海上保安庁

日本の「白い大船」海保の測量船、武器がなくとも空母以上の脅威…中国メディア!

投稿日:

1: たんぽぽ ★
 《 記事は、海上保安庁は多くの任務があるが、そのうちの一つに海洋調査があり、日本周辺の海域を定期的に測量し、海底の地形地質、海底火山、水深、潮流、汚染、海洋環境などを調査し研究することが含まれると紹介。こうした任務を担うため、5隻の測量船を有しており、「昭洋」「拓洋」「天洋」「明洋」「海洋」と命名されていると伝えた。

 このうち、記事では拓洋と昭洋を紹介。1983年8月31日に竣工した2代目拓洋は、総トン数3370トン、全長96メートル、最大幅14.2メートル、深さ7.3メートル、喫水3.6メートルで、主機関に2600馬力の富士6S40Bディーゼルエンジン2基を採用。ほかに2台の発電機と主軸駆動発電装置を備え、最大速力17.7ノット、航続距離は1万2800カイリで定員61人だと紹介した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

JCG_Takuyou_HL02
http://www.recordchina.co.jp/b599093-s0-c10.html 
引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1525988015/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/#/media/File:JCG_Takuyou_HL02.jpg
続きを読む

続きを読む

-海上保安庁

執筆者:


関連記事

関空連絡橋に衝突のタンカー、海保推奨の避難海域外に停泊…荒天時は原則3マイル→1.3マイル!

1: ばーど ★
 《 台風21号による強風で流され関西国際空港の連絡橋に衝突したタンカーが、海上保安庁が推奨する荒天時の避難海域から外れたエリアに停泊していたことが6日、分かった。 同庁は関空島に座礁するのを防止するため、船舶に荒天時は原則3マイル(約5.5キ…

海保巡視船などの燃料入札「100%落札」が全体の半数以上…入札が形骸化している可能性!

1: 孤高の旅人 ★
 《 海上保安庁の巡視船などに使われる燃料の一般競争入札で、去年までの2年間、非公開の予定価格と全く同じ金額で落札される「100%落札」が全体の半数以上に上っていたことが、NHKの取材で分かりました。専門家は、落札する業者が事実上決まってい…

海上保安庁が離島23か所にレーダー監視施設を整備へ…中国や北朝鮮船の位置情報を把握!

1: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 沖縄・尖閣諸島周辺で相次ぐ中国船の領海侵入や、日本海での北朝鮮漁船による違法操業などを受け、海上保安庁は沖縄、鹿児島、島根各県の離島23か所に、レーダー監視施設を整備する。 (略) 同庁に…

海保新造大型巡視船7隻の「母港」となる新拠点施設4ヶ所を増設へ…尖閣など迅速対応!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 海上保安庁は、新造予定の大型巡視船7隻の「母港」となる新たな拠点施設を、最大で国内4か所に増設する方針を固めた。  (略) 同庁の管轄施設で、1000トン以上の大型巡視船を複数係留できるのは、現在、横浜と沖縄・石垣島の2…

水島海上保安部に3代目巡視艇「おきなみ」が就役…高性能レーダーや夜間監視装置を搭載!

1: ニライカナイφ ★
 《 水島海上保安部の新たな巡視艇となる3代目「おきなみ」(64トン)の就役披露式が岡山県倉敷市内で行われた。  (略) 式は24日で、停泊先の水島港で出席者に船内を公開。3代目は全長27メートル、幅5.6メートルで、速度は25ノッ…





まつ毛育毛剤通販