知る

死者との接触、超常体験、都市伝説など。子供が絡んだ7つの怖い話(後編)

投稿日:

00_e1_e

 誰もがいくつかの怖い話を知っているだろう。先人から語り継がれた怖い話は、少しずつその姿を変えながら今日まで語り継がれていく。

 その地域や時代に適応しながら生き続ける「怖い話」はまさにある種の生命体のようで、インターネットの時代となり、怖い話の伝搬速度も急速にアップした。
 
 子どもが絡んだ怖い話というのはいつの時代でも注目を集めている。純真無垢で残酷なところもある子どもたちには、見えざるものとの接点が多いのかもしれない。

 ということで、前編に引き続き子どもが絡んだ怖い話シリーズの後編だ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

火星人はいる。1920年代、火星人女性と電信でコンタクトを取ろうとしたコンタクトしようとしたロンドンの弁護士

 地球人はどうも火星人のことを戦争好きだと考えたがるようで、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』や、『火星人地球大襲撃 (1967年)』、『マーズ・アタック!(1996年)』などがそのいい例だ。

 だが、ロンドンの弁護士でショアディッチの元書記官、ドクター・ヒュー・マン…

かつて南極では木々が生い茂っていた?南極で2億8000万年前の森の化石を発見(米研究)

 南極は常に氷に閉ざされた大地だったわけではない。遥か昔、まだそれがゴンドワナ大陸という南半球に位置する巨大な陸塊の一部だったその当時、そこには木々が生い茂っていたのである。

 今回発見された森の化石は、植物が繁栄していた時代の往年の様子を垣間見せてくれ…

デニムで花を咲かせましょう。部屋いっぱいに青色の花開く。

 天井から垂れ下がる花や果実、大きな観葉植物やサボテンの鉢、静かに休む小さなチョウ。この美しい青い庭はすべて、デニムを加工して作られている。

 これらの作品は現在、ニューヨークのChildren’s Museum of the Arts(子ども美術館)で展示中だ。

アフガンなのにニュージーランド発祥。コーンフレークのサクサク感がたまらない「アフガンビスケット」の作り方【ネトメシ】

 コーンフレークを混ぜたチョコクッキーの上にはチョコレートとクルミでトッピング。間違いなくうまいやつなのだがその名称と発祥の地のちぐはぐ感もたまらない。

 このお菓子は「アフガンビスケット」と呼ばれるのだが、アフガニスタンのお菓子ではない。諸説あるのだが…

水族館でバンドウイルカと一緒に暮らしはじめたシロイルカ、彼らの言語(ホイッスルサウンド)を習得(クリミア)

 シロイルカはベルーガ、シロクジラとも呼ばれているハクジラ類である。北極海などの寒い地域に住み、その真っ白なボディが特徴的だ。

 もともと非常に社会的な動物として知られていたが、クリミアの水族館でハンドウイルカと暮らし始めた4歳のシロイルカは、わずか2ヶ月…



まつ毛育毛剤通販