中国

自衛隊と中国軍が連絡を取り合う「海空連絡メカニズム」の運用開始で合意…尖閣諸島周辺の扱いは事実上棚上げ!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 日中両政府は海上や空での偶発的な衝突を避けるため、自衛隊と中国軍の艦船や航空機などが連絡を取り合う「海空連絡メカニズム」の運用開始で合意し、両国の防衛当局の幹部が覚書を交わしました。

 安倍総理大臣と中国の李克強首相は9日の首脳会談で、海上や空での偶発的な衝突を避けるために連絡を取り合う「海空連絡メカニズム」の運用を開始することで合意し、会談の後、両国の防衛当局の幹部が覚書に署名しました。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

454545
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011432541000.html
引用元: ・http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1525898976/ 
引用元:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:JS_Ise,_Haruyuki_and_Abukuma_in_the_East_China_Sea_after_Keen_Sword_2013,_-16_Nov._2012_a.jpg
続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

中国製の不正チップ発覚で米企業の株価が前代未聞の暴落を記録 被害企業は他にも存在する可能性が高い

1:みつを ★:2018/10/10(水) 04:28:51.33 ID:CAP_USER9
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-09/PGCCIQ6S972A01?srnd=cojp-v2 ハッキング用チップ、米通信大手のネットワークでも発見-関係者 Jordan Robertson、Michael Riley 2018年10月10日 3:08 …

嫉妬に狂った中国人が『日本発祥の文化を奪おうとする』無様な姿を露呈。欧米人の認識に不満たらたら

1:らむちゃん ★:2018/01/28(日) 09:28:17.03 ID:CAP_USER
サーチナ2018-01-28 07:12  海外の人から「日本を代表する文化とは何か」と尋ねられたら、何を挙げるだろうか。着物や懐石料理、障子や畳など、衣食住について紹介する人もいるかもしれない。しかし、中国メディ…

英BBCが『”中国の自慢の種”を完全否定しまくって』露骨に煽りまくり。中国人の創造性の低さが露呈

1:名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [SE]:2018/04/05(木) 20:14:55.54 ID:HaqFsLaV0 BE:376228845-2BP(2000)
2018年4月3日、英BBCの中国語版サイトは、中国の「新4大発明」とされる高速鉄道、モバイル決済、ネット通販、シェア自転車について、「これら技術のどれもが…

菅長官「中国へのODAは一定の役割を果たした!安倍総理の訪中でODAの在り方を含め意見交換をする予定だ!」と対中ODA終了報道にコメント…

【動画】
【一定の役割は果たした】『中国へのODA終了へ』報道について、菅義偉官房長官「1979年に開始した対中ODAは一定の役割を果たしたとの認識のもとに、現在では、わが国の国民にとって重要な分野に絞って実施してるのが現状。総理の訪中でODAの在り…

13歳少女とのわいせつ行為を6,400円で……中国「ロリ・ショタ違法サイト」に潜入!

13歳少女とのわいせつ行為を6,400円で……中国「ロリ・ショタ違法サイト」に潜入!の画像1
人気動画配信者が運営していたロリコン専用サイト。サイト名は、ずばり「正太の天國」(看看新聞網)

 日本でも児童ポルノ関連の犯罪は後を絶たないが、お隣中国ではネット上で少年少女と大人たちの性の取引が横行し、社会問題となっている。

「看看新聞網」(7月22日付)によると、中国の人気動画配信者が、ロリコン向けのサイトを運営していたとして逮捕された。このサイトでは、小中学生とのわいせつな行為を目的とした出会いを提供するほか、少年少女の衣服や下着、性的な動画なども会員に有料で販売していたとされる。現在、サイトは封鎖されている。

 しかし、ネット上では、同様のサイトやSNSは無数に存在する。

 そんな中、「看看新聞網」の記者が、少年少女とロリ・ショタ好きの大人を結びつける会員制SNSのグループチャットに潜入、その顛末を暴露した。

 記者は、15歳の少年を装って入会を申請。するとすぐに、グループチャットに招待された。下は11歳の小学生から上は60代と思われる会員まで、幅広い世代のユーザーがチャットに参加していた。

 そこで繰り広げられていたのは、異様極まりないやりとりだった。ある男子中学生が「全裸でテレビ電話してあげるから30元(約480円)ちょうだい!」と発信したかと思えば、今度は別の会員がテレビ電話を使った集団自慰行為を呼びかける……。

 中には、記者に一方的に自らの自慰行為を撮影した動画を送りつけ、その反応を楽しむ者もいたという。さらに、小中学生との性交映像を販売する者や、13歳少女とのわいせつな行為を400元(約6,400円)で持ちかけてくる者、それらの申し出に応じる者など、まさに無法地帯であった。

 記者はこのSNS上での出来事を当局に報告、捜査が行われる事態になったという。

 ネット規制が厳しいとされる中国であっても、政治とはあまり関係のないこの手の性犯罪を助長するサイトは、事実上、野放しの状態だ。わずか数十元のために、自身の尊厳を売り渡してしまう少年少女が多くいるこの現実、日本も決して他人事ではない。
(文=青山大樹)





まつ毛育毛剤通販