知る

悪魔か故人か、僧侶の霊か!?恐怖のポルターガイストに悩まされ続けている家族の日常風景(イギリス)

投稿日:

ghost1

 ポルターガイストに悩まされている家族が自宅に監視カメラを設置したところ、ものすごい超常的な映像が撮れてしまったようだ。

 夫・ロバートさん(54歳)、妻・ポーリンさん(52歳)、息子・バリーさん(33歳)の3人は、イギリス・ケント州のグレーブセンドに10年前から住んでいる。

 怪現象が始まったのは約6年前、バリーさんの寝室などバリーさんの周囲を中心におかしなことが頻発するようになった。

 今では友人や近隣住民もビビるほどのポルターガイストっぷりらしく、ロバートさんはなんとかしなきゃ!ってことで今年初めに監視カメラを設置した。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

アラクノフォビア(蜘蛛恐怖症)もここまでくると・・・・ ガスバーナーで家にいるをクモで全て焼き払おうとした結果家まで燃えちゃったよ(アメリカ)

 様々な恐怖症はあるが、そのナンバーワンに君臨するのがアラクノフォビア(蜘蛛恐怖症)である。病的なまでに蜘蛛に対しての恐怖を感じてしまうのだ。

 この家主がアラクノフォビアだったのかどうかはわからない。アメリカ・アリゾナ州、ツーソンに住む男性は、とにかく…

ロボットを恋愛対象と考えている人が急増。特に若い世代で増えている(国際調査)

 日本において、二次元との恋愛があたりまえになったりならなかったりしている時代、世界的に見ると、ロボットを恋愛対象として見ている人の数は増えているそうだ。

 近い将来人間は、AI(人工知能)を搭載されたロボットと恋に落ちることだろう。またその逆もあるのか…

野菜・果物など、品種改良で大きく変化した10種の作物

 遺伝子組み換え作物に関しては賛否両論分かれているが、農業が誕生して以来、栽培植物においては、人間に有用な品種を作り出す為、人為的な選択や交雑、突然変異を発生させる「品種改良」が昔から行われていた。

 今普通に食べている野菜や果物も、大きくその姿を変えて…

満月の夜に犯罪が増えるのは本当なのか?犯罪学者が考察した「満月と犯罪」の関係性

 満月の夜は犯罪が増えるという説がある。

 確かに、ミステリアスな満月と犯罪という組み合わせは推理小説やSFフィクション作品にとって格好のネタとなる。

 実際に普段よりも逮捕者が多くなり、病院では入院患者が増え、子供も妙に落ち着きがなくなるとも言われており…

業者も「捌けない」と匙を投げるレベルのデカさ!巨大すぎる故、生き残った牛(オーストラリア)

image credit:YouTube
 人間と同じく動物にも個体差があり驚くほど大きくなる場合もあるわけだが(関連記事)、そのおかげで平和な人生を送れることになった牛がいるようだ。

 オーストラリア・パースから南へ136km、マイアラップのレイク・プレストンにあるジェフ・ピアソ…





まつ毛育毛剤通販